アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング 〓終了しました〓
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック- 〓開催中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
neziイラスト展示は6月21日終了しました。
現在の展示/山本都 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

news

アトリエZenで企画に関わる、首都圏(東京・横浜)での今秋5展の案内です。↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog
-entry-3616.html



CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台)〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


制作中のMy-Skip200号記念号と、「らしい」といえば「らしい」こと


六本木のジャコメッティ展が9月4日迄で、その写真を先般撮っているからと、My-Skip紙の次号9月号のコラムではこれについて記そうとその7月頭の段階では、思っていた。でも次号は200号記念号で、紙面全体「200号を振り返る」的ムードにあふれているなかそれに迎合するわけではないけれど、考えを改め、わたしも「振り返る」要素のあるテーマに直して書いた。「マイスキップ版アート日和」のコーナーである。
昨年12月には「私自身の(近年の)担当は“長岡造形大生・紙上ギャラリー”だけ」とblogでも記していたが、100号→200号間を私の仕事して振り返るとなれば、やはりこのコーナーになり、この機に触れておきたいとなったわけだ。 ついでのようであるが、長岡造形大絡みということで、今月撮った「同大校舎の梱包(修繕工事)風景」も載せるようにした。この9月号は編集も(編集Yさんお盆休み返上で)ようやく今朝終わったようで、今日印刷に廻ることになっている。月末には発行される見込みだ。

さてこの9月号では、数日前にも書いていたけれど、海津千並さんの最終面片隅の写真連載が最終回となる。7年に渡って続けてもらっていたからと、最終回の挨拶としてふだんには無い特設コーナーを追加で1枠作ってもらった。他、編集長の「200号達成の御礼の挨拶」やら何やらと盛りだくさんで、紙面スペースが足りなくなるのではと思っていたら、うまくおさまるもので、逆に最後の最後でp.6に変形L形の小さな空きが出来た。その空きは編集Yさんが、先月号で最終回と銘打ったばかりのコラム「テレビ朦朧紀」をリターンズと称して復活させ、氏のイラストとともに世界陸上のテレビ観戦記を埋め草のように、あっという間に書かれて埋めていた。

9月号は200号記念であると同時に、創刊から17年弱に渡って編集してきたそのYさんの退任記念号である。発刊後に見てもらえば一目瞭然だが、これまでの記事のデーターベースや関わったひとたちについて(Yさんが)数ページにわたってまとめていて、目を見張る。だから、読者から「さすがYさん、編集人としての“最後の”記事、すごいですね」とかいう感想も相当出てきそうだけれども、厳密に順番として言うのならば、氏の“最後の”記事は上記の埋め草原稿のほうになる。編集人最後の記事が空きスペースのイラスト付陸上観戦記というのも、「らしい」といえば「らしい」ところ。

工事中の大光銀行本店


長岡駅前、大光銀行本店が建て替え工事中である。
昨年の工事開始段階はまず敷地裏側の半分から解体→新築とすすめていたが、いまは表側もシートが張られ全面工事中。銀行自体の営業もすでに近くの仮店舗に移動しておこなわれている。
昨年の「裏側」の工事風景は、通りがかりに何度か写真におさめている。だから本格的な工事風景をblogにも載せていたと思っていたが、いまちょっと見てみたところ、これくらいしか見つからなかった。

午後2時からギャラリートーク


開催中の井田英夫展(ギャラリーみつけ)、このあと本日(19日)午後2時からギャラリートーク。大倉宏さんを聞き手にお迎えし、井田さんとの対談形式ですすめます。
現在、トーク会場の設営準備中。

デイジーのカレー


今日は(わたしは)ギャラリーのほうの勤務を休みにしていて、いま編集進行中のマイスキップ次号9月号の校正や原稿の整理にと充てた。13時をだいぶ過ぎた頃、久々にデイジーのカレーを食べたくなって同店に。ひき肉のキーマカレー、甘口である。

酒屋の10年前のティーギャラリー

調べものがあった。だから以前書いたblogのバックナンバーをあたっていたのだが、本来の目的ではない記事に立ち止まる。ちょうど10年前のマイスキップに弥彦野外アート展の特集記事を書いていて、そういえばそうだったなどと、そこに目が止まったのである。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html

新潟市で酒屋の2階を画廊喫茶に仕立てたエスクィントのギャラリーの、運営を担当していたのも10年前だったと、多忙だと頭から抜け落ちてしまいがちなそうしたことにも気づいたけれど、要は十年ひと昔である。

井田英夫展 作家在館中


作家の井田英夫さん、今日は在館予定日になっていますが、いまの時間(=午後8時)もまだ在館中。 画像は喫茶コーナーで休憩する井田さんを外から。

井田英夫 新作展
会期:8月10日(木)~23日(水)/月曜休館
会場:ギャラリーみつけ 展示室1&2
見附市昭和町2-4-1 tel. 0258-84-7755

ギャラリートーク 8月19日(土) 14:00-15:00/ 井田英夫 聞き手:大倉 宏

開催中の井田英夫展と夏休みわくわく体験塾展覧会

お盆休みで高速道路の渋滞がどうとかとテレビのそんなニュースを横目にギャラリーは通常開館中。ギャラリーみつけ、1階では井田英夫展を好評開催中のほか、2階フロアにて夏休みわくわく体験塾展覧会が本日から始まりました。

下の画像は井田英夫展から。展示室1、2の二部屋を使って開催していますが、画像はすべて展示室1のほう。


10-5907b.jpg
10-5906b.jpg


展示案内/展示室1:井田英夫(2000-2016)
展示室1では、井田英夫の最初期から昨年までの絵画を展示します。 新潟デザイン専門学校で学んだ後、アメリカの美術大学に留学した井田は、のびやかで力強い筆致で描く喜びに目覚めました。帰国後は新潟、九州、広島などを拠点に生活の周辺を描き続けています。
展示案内/展示室2:新作展示
先月新潟絵屋で開催された「井田英夫新作展」からの巡回作品を展示。


作家在館予定日/
本日15日(火)のほか、19日(土 ※ギャラリートークあり)、20日(日)、23日(水)予定。他、明日16日(水)も終日ではないと思いますが、急遽来られることになりました。
在館時間は午後1時以降ですと確実です。夕方くらいまで在館される予定です。

 | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR