アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


2019弥彦・野外アート展/本日20日午後2時まで

2019弥彦・野外アート展-ファイナル・ステージ
本日最終日です。作品の搬出準備のため午後2時で終了となりますので、ご注意ください。
13-640b.jpg
13-644.jpg


展覧会案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-5120.html
会場風景三條新聞から】 【月刊マイスキップでの特集

チキンカレーとマイスキップ

午前中に額屋さんなどと廻った帰り、そういえばデイジーの一角で長岡造形大の学生が作品の展示販売していたなと思い出し、ちょうどお昼どきだったことから昼食はデイジーのチキンカレーとなった。大学生の展示販売「さん・さん・なな・びょうし」は明日20日まで。

 

テーブルにマイスキップの10月号が置いてあったから背景にさりげなく入れて撮るものの、でも画像にはわざとらしくもクレジットを入れてしまう。いちいち説明なんかしないほうがいいんだけどね。ちなみに今月のマイスキップは最近にしては珍しくblogに3回もあげていたからと以下index。

地域情報紙「My-Skip」10月号/blog記事
01 特集 弥彦・野外アート展
02 トップインタビューとEVENT GUIDE
03 紙媒体版アート日和第74回:羽賀善蔵展と30年前の拙個展

三上喜貴 賀状版画作品展 (at WASHIMA TOUT LE MONDE)

1か月くらい前でしょうか「今年はもうひとつ展示予定が、私自身初めて使う会場である」と書いていたところ、どこでやるのか?とけっこう聞かれました。その展示案内が以下になります。
長岡市内の和島地域にあった旧島田小学校・木造校舎がリノベーションされたことを以前マイスキップでも特集を組んでいましたが、今回の会場はその「和島トゥー・ル・モンド」館内、2階にあるかつての教室を使います。

※ 和島トゥー・ル・モンドには1階にレストラン、別棟にはベーカリーショップ(&イート・イン)があります。レストランご利用の際は事前予約がおすすめですので、直接お問い合わせのほど。

    

三上喜貴 賀状版画作品展
at WASHIMA TOUT LE MONDE

会     期:11月1日(金)~2020年1月26日(日)
休 館 日:毎週水曜と木曜(ただし12月25日は開館)。ほか11月10日(日)、12月1日(日)、年末年始の12月30日(月)~2020年1月4日(土)、1月21日(火)が休館となります
開催時間:10:00~16:00(館内のレストラン「バーグ」にてdinnerご利用時はこの時間外でも閲覧いただけます。お食事の前後にどうぞお楽しみください)/入場無料
会     場和島トゥー・ル・モンド 2階ギャラリーセミナールーム (旧教室)
長岡市和島中沢乙64-1 tel.0258-74-3002
企画協力アトリエZen
(作品頒布はご希望によりアトリエZenにて対応します。お問い合わせください)
問い合わせはこちら
木版単色の賀状版画。1970年から約50年のなかから自選しての10点を展示します

三上 喜貴 MIKAMI,Yoshiki/プロフィール
東京都出身。1970年高校生の時に初めて寺社仏閣を主題とした賀状版画を彫って以降、毎年一枚ずつ同主題での木版単色の賀状版画の制作を続ける。2014年長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、2015年ギャラリーart Truth(横浜)にて個展展示。
2015年の個展時に、それまでの45年の作品にコメントを添えて編集した小冊子「木版画にまつわる思い出」を制作。(編集:アトリエZen、発行:書房 沙羅の樹)
※ この小冊子は郵送での販売を今回おこなう予定です(詳細は後日記載)。


13-648.jpg
13-649.jpg
和島トゥー・ル・モンド 外観        

昨夜の梱包

昨夜の写真。仕事帰りに立ち寄った某SCにて。 「コメリ」の看板はシートを一部かけずにライトアップされ、いい“梱包”具合。

2019弥彦・野外アート展/会場風景-02

2019弥彦・野外アート展-ファイナル・ステージ、20日(日)午後2時まで開催中。

今回の第10回展は2週間会期のど真ん中、しかも連休中に台風19号による展覧会中断→作品避難→復旧→再開となり、さらに書いておくならその前の「18号」は、作品搬入・設置作業日に直撃する可能性が事前に予想されていたなど影響もあった。前回2017年展も台風による作品避難はあったけれど、今回はそれ以上に「特に」という感じで、台風対策に明け暮れていた感がある。で、そうこうしてたらもう終盤である。
最終日20日(日)は片付け作業のため早仕舞い(14時に終了)するから事実上半日で、そうすると残る会期は(今日入れても)4日半。私自身いま他の案件が相当に入り込んでいるから、会場に行けるのはあとは最終日のみになろうか。

会場写真をいくつか。
13-634b.jpg
黒い袋状のものがたくさん並んでいる手前(↑)の作品は、齊藤隆「僕が弥彦に来た証拠しるし」。齊藤さんは山形県在住作家で本野外展に今回初参加。
13-638b.jpg

手前:関根哲男「赤ふん 」(一部)  、左奥の白いシャツの一帯:西片結花「洗濯 」  

13-635b.jpg

外山文彦「Landscape 20 」  

13-639b.jpg

茅原登喜子「ひとりのへやで」 (一部分)  

※茅原さんの作品は、弥彦総合文化会館に登る取り付け道路(車路)沿いにも点在させて展示しています。

        13-636.jpg 階段


いわゆる階段部ではなくて少し離れたところでは、
一番(といっても徒歩ですぐですが)遠方となる2作品を挙げておくと
13-643b.jpg

水芭蕉池    
↑ 佐藤郷子「上昇する風に乗って」  

13-641b.jpg

総合文化会館裏の空き地    
↑ 児玉瑞子「印象~弥彦の風に誘われて~」  



13-646b.jpg
“おにぎり山”の上には河治明恵美、藤井芳則の2作品がある。遊歩道を登る。

弥彦総合文化会館入口の風除室には本野外展の受付として資料設置のコーナーがあります。「受付台はこの裏に廻れ」との案内表示(↓)は、このフニャっとした書き方でわかるひとはまぁわかるのでしょうが、私が即興で書いたものです。白い紙(ポスターの裏)に黒のマジックペンで、展示準備中に書きました。下書きなど一切しないで素早く書く、というところがポイントです。見た通りで特に自慢するものではないのですが、アナログな手書き感があって個人的には気に入ってます。

13-645.jpg  

総合文化会館入口    
↑ 風除室内に受付(資料設置)コーナー  


この受付コーナーには、三條新聞や新潟日報など今回展の掲載記事が貼ってあったり、出展作家のコメント等を記したファイル、これまでの展覧会の資料が置いてあるほか、前にも書きましたが弥彦参加作家からも出展があることから作家情報として、12月の「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」の案内リーフレットを置いています。(このリーフレットは自由にお持ちいただいてよいです)

展覧会公式サイトhttp://nart.nomaki.jp/2019yahiko.htm

10年前の弥彦温泉宿泊

 2019 弥彦・野外アート展 〓開催中〓 13-546mini.jpg 
http://nart.nomaki.jp/2019yahiko.htm 



昨日のblogに書いていた、弥彦に新しく出来た“おもてなし広場”の場所は、かつて半世紀に渡りここにあった「弥彦グランドホテル」の跡地にあたる。おもてなし広場に初めて立ち寄りながらそんなことを思ったのは、ここのグランドホテルで弥彦野外アート展の初期のころ出展作家や関係者で宿泊宴会をしたことがあり、いいホテルだったという記憶があったからでblog上にそんな記録を残してもいた。宿泊は2009年だからもう10年も前の話。

2-099-p.jpg

画像はその10年前の、「歓迎 弥彦・野外アート展御一行様」と掲げられた看板。

先週の三條新聞から/2019 弥彦・野外アート展

  

2019 弥彦・野外アート展-ファイナル・ステージ
ここのところ台風19号の対策で追われた感ありありで、広報面でのアップまでなかなか出来ないでいたが、上は先週10月10日(木)付となる「三條新聞」。同紙は新潟県の三条市・燕市・加茂市といった県央地域を主なエリアとする日刊紙で、本展のことも詳しく紹介されていたのでご紹介まで。 特徴的な詳しい見出しも健在で、さすが三條新聞である。近くで買えるなら買いたかったところ。


● 会場の「受付」(※弥彦総合文化会館の入口・風除室)に、他紙(新潟日報掲載記事)とあわせ同紙を掲示しています。下の写真は「台風19号による作品避難時」のもので、テーブル下に避難された「作品」が見えますが、こちらはすでに復旧完了済です。

13-632p.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR