アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

現代美術展「地下光学」Underground Optics
会期:11月18日(金)~27日(日)/休廊日:21日(月)、22日(火)
会場:アートスタジオDungeon/ 東京都板橋(最寄駅:都営三田線「板橋本町」)
11-049b525.jpg


たかだみつみ木版画展 MeDeRu 2006-2016
会期:11月20日(日)~26日(土)/会期中無休
会場:CoZAの間/ 横浜市(最寄駅:JR根岸線「港南台」)
11-108b_2016102117522449e.jpg




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
2016年4月4日~6月12日:
若井宣雄遺作展
6月13日~8月14日:髙木秀俊 短歌と絵画展
8月15日~10月23日:佐藤美紀展 paper work
10月24日~12月25日:鶴水亜里沙 きりえ展 〓開催中〓
銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
展示予定/
1月20日~3月31日:鶴水亜里沙
4月11日~6月16日:笠原もなか
6月17日~8月末日:/大瀧洋平
9月12日~11月末日:/舟見倹二 〓展示中〓



小冊子「
外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

news

アトリエZenで企画に関わる、首都圏(東京・横浜)での今秋5展の案内です。↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog
-entry-3616.html



CANVAS 外山文彦展
10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台)〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ボントーンの風景

10-5825.jpg10-5826.jpg
ラ・ボントーンの店内風景。
この時期の風物詩の「シュトーレンの販売」が始まっています。その左の後方奥に見えるのが、展示入れ替えを今週おこなったばかりの「新作品」
11-259.jpg

リクエスト展 (at ギャラリーみつけ)


ギャラリーみつけ、2016年の最終企画&2016-2017の年越し企画です。


11-262a.jpg
リクエスト展
会期:2016年12月9日(金)~2017年1月9日(月・祝)/月曜休館(ただし最終日の祝日は開館)、12月26日~1月4日は冬季休館/入場無料
時間:10:00~22:00(ただし入館受付は21:30まで。最終日は15時終了)
会場:ギャラリーみつけ 展示室1&2
見附市昭和町2-4-1、見附市役所前の駐車場奥側です。 tel.0258-84-7755
出展:堀田正、小木曽瑞枝、田中幸男、野田英世 (※入口からの展示順)
詳細

ギャラリー2階から/視られる存在と視る存在

ギャラリーみつけの2階窓から。


11-260.jpg


ギャラリー2階にはサンタクロースがいて、その窓から道路沿いの「見附市街路樹イルミネーション」を眺めた図。サンタはライトアップされて外から「視られる」存在であるが、逆に彼のほうは何を視ていたのか、である。

6年前のDM



gt.moo galleryが閉館するということで、6年前の展DMを掲げてみた。gt.moo特有の、その展示空間の写真をDMに使っている。
アトリエZen企画でおこなった、GT-ART展2010。画像に使った光景はこの前年、すなわち2009年に開催した同展第1回展のもようで、いま見てもなかなかの迫力。

gt.moo galleryとエックス展


上の画像は「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」の第一回展(2010年)のもの。
昨日の記事でその第一回展についてちょっと触れたので、画像を探し出して再掲してみた。会場は新潟市亀田のgt.moo galleryである。

さて、そのgt.moo galleryであるが、今年閉館するというニュースがとびこんでいる。最後の展覧会が下記のとおり開催される。

gt.moo gallery LAST EXHIBITION
展覧会開催日: 12月10日(土)17:00〜
   11日(日)11:00〜18:00
   16日(金)11:00〜18:00
   17日(土)11:00〜18:00
   18日(日)11:00〜16:00
の5日間。
パーティー:12月10日(土)17:00〜/ パーティー参加費 1000円(持ち寄り歓迎)

外山文彦作品展示 at ラ・ボントーン

10-5827.jpg


長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示のご案内です。昨日の月曜に展示入れ替えをおこないました。
横浜(CoZAの間)での個展作品などに未発表の1点を加え、2016年制作の計4作品を飾っています。

外山文彦 展
会期:2016年12月5日(月)~2017年2月(中旬くらいまで/予定)/火曜定休。(他、休業日は店カレンダーによる)
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、あるいは徒歩で10分程度。駒形十吉記念美術館前。駐車場有/営業時間 朝7:00~19:00


  2-209.jpg


パン屋さんの中での小品展示です。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。作品のお問い合わせはアトリエZenまでお願いします。 作品の販売にも(アトリエZenにて)対応しています。

問い合わせはこちらのメールフォームにて。
        ↑ 地図/クリックすると大きくなります

星奈緒展&大橋絵里奈展、終了しました/展記事indexと個人的雑感

ギャラリーみつけで企画開催していた「星奈緒展&大橋絵里奈展、ふたつの個展」、一昨日無事に会期終了しました。

10-5823b.jpg

↑ 星奈緒展 (展示室1)

10-5824b.jpg

↑ 大橋絵里奈展 (展示室2)



長岡造形大を近年卒業した同世代の新潟出身若手画家という括りでの「同時個展」という企画で、案内チラシにも「ふたりの表現の特色、その可能性や面白さをより浮かび上がらせて紹介したい(ということから企画をたてた)」と書いておりましたが、思っていた以上の効果があったように感じています。ひとつずつの個展もそれぞれ見応えがありました。それを前提にしての、ありていの言葉でいえば「相乗効果」でしょうか。


ふたりとも大学在学中から私と接点があり、その意味では今回展の好評には、個人的に感慨深いところがあります。
大橋さんは在学中に、3人展だったか4人展だったか人数の記憶は定かではありませんが長岡市内のギャラリーでグループ展をしていたのを見て、そこからアトリエZen企画「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」への出品を誘った経緯があります。大学4年時の卒業間際、エックス展はちょうどスタートしたときで第一回でした。
星さんは大学4年で「県展」への初出品&最高賞の県展賞受賞が知られていますが、どちらかといえば私としては、受賞ということよりも、大学のギャラリーでその頃壁面インスタレーション的に飾っていた作品を見ていて、すごく魅かれていました。そこでちょうどマイスキップ紙で始めたばかりの「造形大生・紙上ギャラリー」コーナーに出てもらい、話を聞きながら、さらに初個展への企画をたてるに至ったりとしたわけです。彼女たちの学生時代、回顧録みたいな一節ですが。

以下、今回展の記事のindexを。
展覧会案内:
星奈緒展 かすかに聞こえる http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3701.html
大橋絵里奈展 エーテルのしづか http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3702.html
2016.11.01 11月の展示予定として紹介

会場風景-01(展示作業完了の直後、喫茶コーナー越しに)
   http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3734.html
会場風景-02:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3746.html
作品リスト:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3749.html
会場の一光景:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3758.html



地下光学から 後日談-02 無機的な絵画

11-241.jpg
地下光学展
とある美術評論家のかたが今回の外山文彦作品について、「無機的絵画」という言い方で評されていた。絵画と言うならたしかに「絵画」でそうした個人的な感覚はあるものの、「絵画性が有る」ということでは興味深い論点。最終日のギャラリートークでもそうした話題(質問)が出ていた。
ところで絵画性ということならば、単純にはむしろ前月の横浜での個展作品のほうがと一見は思えるところ。ででもこの「一見」というのは厄介で、ときに不確かなことがある。こちらの作品を「まごうことなき現代美術」と言い現代美術を標榜して高く評した評論家もおられ、論点が深い。

以上、今朝起きがけに書いた<野性論>の記事に続き、回想というか後日談というか、地下光学会期中に書こうと思いつつ(主に時間の不足で)書けなかったこと。

(2016.12.04 pm23:50)


 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

Author:atelier-zen

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR