アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation


エックス展 Ⅸ -若きクリエイターたちの自由表現-
12月13日(木)~23日(日)/12月20日(木)は休廊
会場:maison de たびのそら屋(長岡市)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4769.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙
10月29日~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓開催中〓


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


30年前の私立現代美術館

20代の女性作家と話していて、たしか30年前くらいに活動していた「創庫美術館」の話になった。 新潟の印刷会社が印刷製本した「作家カタログ(作品集)」を見せてもらっていたのだけれど、ふと思い立って「この印刷会社は昔、現代美術館を運営してたんだよね」と言ってみたら、意外なことに見事ヒットしたのだった。
意外にと思ったのは、20代であればその活動期に生まれてもないし、そもそも近年その名前に触れることもほぼ無くなっているから。せいぜい作家が掲げる発表歴のなかの一行にその館名を見るか、同美術館企画の若手作家展に出ていたYさんに「そういえば同期生だったねぇ」なんて言う程度。だから驚きがあったけれど、海苔屋の倉庫を使ったそうした美術館が新潟市にかつてあったことを彼女は知っていて、しかも興味あってネットで調べたことまであるそうだ。でもやはりというべきか、見たかったという画像らしきものは何も出てこなかったらしいけれど。
当時は写真もデジタルではなくインターネットもないから、意図的に後からアーカイブされてない限りまぁ出ないところなのだろう。と書いたところで、何枚か創庫美術館の画像を。

約10年前に「閉館20年のイベント」が開催されたとき、テレビ局から私は取材を受けていて、マイスキップの連載コラムでもそのころ創庫美術館について書いたことがある。画像はそのときスキャンしたものだと思われる。
12-800.jpg12-801.jpg

ウォーリーをさがせ!展とCheap Hippies

誕生30周年記念でウォーリーをさがせ!展なるものを松屋銀座で開催中らしい。
http://wally30.jp/

手元に届いたばかりのARTcollectors'5月号を読んでいたらそんな案内記事も出ていて、もう生誕30年にもなるのかと、その30という数字に興味をひかれた次第。
正確には1987年生まれのようだ。当時買い求めて楽しんでいたからその頃のウォーリー本はどこか家の中にあるはずだけれど、倉庫の奥なのかどうか、もうすっかり行方知らずでいる。

そういえば、みずすまし亭さんがレベッカのCHEAP HIPPIES(と山崎ハコ)をこのGW中blogに挙げていた。チープ・ヒッピーズはレベッカのなかでも好きな曲で、時代はウォーリーと同じ、約30年前の1986年の発表。詩がいいよね。夜、久々にユーチューブで聴いていた。
https://www.youtube.com/watch?v=ygAmfr5lXNw

(2018.5.6 pm22:00)

10年前の今日も雪

  12-225.jpg

12-226.jpg

昔のことのちょっとした調べものがあり、かつて書いていたアメーバー版のblogを久々にあたることになった。アメブロって使ってたのはもう10年も前になるのかぁと思いながら、10年前の今日は何をしていたかなんてこともつい見てしまう。
連日の大雪でここ数日は雪の写真しか載せていないから、はて10年前はどうだったろうなんて思ったからだったけれど、10年前の今日も「雪」であった。「越後妻有・雪アートプロジェクト」に参加していて、その展示(制作)作業中で、 2月11日はテレビ新潟(TeNY) 夕方のニュース(夕方ワイド新潟一番)でも大きく取り上げられていたのだった。上はそのときの、つまり10年前の作業風景。左下はおそらくテレビ取材でインタビューを受けているところと思われる。
当時のアメブロの仕様だったのかどうか、それはもう覚えてないが、今となってはとにかく画像が粗い。ちなみに左上の画像はその粗さに加え遠方だからさっぱりわからないが、前山忠さんの雪アート作品である。

ギャルリ・ド・カフェ伝と20年前の手ブレ写真


「20年前のカフェギャラリー」と題し、世田谷・経堂にあったギャルリ伝の写真を3年ほど前、2014年に載せていた。1994年の店内風景である。 そのころはいまみたいにネットやらSNSやら発達してないし、そもそもカメラもデジタルではなく、web上に写真はなかなか見当たらない。
かつて個展もさせてもらい、とても好きな空間だった(が、今はもうなくなってる)と、だから写真をアップしたわけだが、懐かしく思うのは私だけではないようで、当時を偲んでこの記事を探し出したひとが居られ、廻り回って、連絡先を知らないでいた当のギャラリー関係者のおひとりにも伝わり、御礼のメールをいただいた。……

というのは、実は半年くらい前の話。せっかくだから手持ちの写真をスキャンして追加画像を…なんて思いながら、かつ、そのときにある程度まとめてもいながら、アップ迄していなかったよう。たまたま別の資料を探していてそういえばと思い出した。一番上の画像は夜間の長時間露光で、三脚使わずに手持ち撮影なものだから当然のようにブレていて、でも長い時間経てみるとこうしたものが案外と気に入るのである。
いまだとデジカメ撮影で、便利で簡単に沢山撮れる分、ブレた画像なぞはすぐ消してしまうのだけれど、当時のプリント写真は(「ブレた」と思ってもカメラ屋からプリントされてくるので)ずっと手元に残っていたのだった。

11-403--a400.jpg11-404-a400.jpg
11-405-a250.jpg
急な階段は、むしろ梯子のようで、登ると2階はワンフロアのギャラリースペース( ↓)。
Gallery FLOOR2と名付けられていた。
11-406-a.jpg

酒屋の10年前のティーギャラリー

調べものがあった。だから以前書いたblogのバックナンバーをあたっていたのだが、本来の目的ではない記事に立ち止まる。ちょうど10年前のマイスキップに弥彦野外アート展の特集記事を書いていて、そういえばそうだったなどと、そこに目が止まったのである。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2017.html

新潟市で酒屋の2階を画廊喫茶に仕立てたエスクィントのギャラリーの、運営を担当していたのも10年前だったと、多忙だと頭から抜け落ちてしまいがちなそうしたことにも気づいたけれど、要は十年ひと昔である。

自作品回顧/30年前の鉄板

10年前の案内ハガキだとか、30年前のDMだとかコメントだとか。そんな昔のことをここのところ載せることがあるが、今度は30年前の作品。私自身の制作である。
ちょうど1987年の、時期はたぶん今くらいの頃。東京・銀座の「銀座ふそうギャラリー」でのグループ展に出展した、鉄板を錆びさせての作品である。コンクリートブロックを台として使っているが、いちばん左のものは(作品の鉄が接してなく浮いていて)架台としての意味を成してない点はポイント。30年前にそんなことを言っていたような気がする。初めて印刷で作ったポストカード(↓)の残部が数枚手元に残っているが、作品そのものは保存状態が悪すぎて、「作品」からはすでに遠く離れてしまっている。

10-5881s-b350s_20170211060440852.jpg
∞ UNLIMITED/ Ginza Fuso Gallery 1987
(鉄、コンクリートブロック、塗料ほか)


ちなみに会場のふそうギャラリーは現存するが、いつしかビル自体含めて大きく改装されていて、HPを見たら当時の雰囲気とはまったくかけ離れている。

ノプラマ・アート展と30年前の作品コメント

無意識の意識の中に於いて極めて単純な手法を用い、例えばある物質がここに在るということから、私の表現(エネルギー)の本質を見つけるすべはないかと最近考えている。

とは、私が約30年前に参加したグループ展で記したコメント。作品の写真とコメントとをまとめ、展カタログとして手製本した冊子が残っていて、見直してみたらこんなことを書いていたんだと気付いた。記したコメントは本人の記憶からすっかり抜け落ちていたが、驚くのは今考えることとあまり変わりがないこと。進歩がないのかあるいは一貫しているのか、捉え方によって評価は分かれるが、作品の内容や形態自体は当時と今とで相当変わっているのにという点、面白さを感じてもいる。またこの内容からすれば想起するのは「もの派」のような作品だが、実際の出展は油彩とアクリルの絵画で、他になぜか「ペン画」が1枚。カタログと作品リストが残っているだけで、作品そのものはすべてすでに現存しない。
ノプラマ・アート「ラフィン・ザ・ヌード」展。1988年11月、原宿駅前の地下のホールで開催した8人のグループ展で、主宰は五十嵐祥一氏。
10-5877.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR