アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


蛇足のようなこと/代田橋編

今回の東京出張のその2。京王線代田橋駅の「駅前」は、駅前なのにいきなり車も入れないくらいの小さな路地だけれど、そこにあったタバコ屋は健在であった。gallery DEN5に向かう途中にある京王ストアが、スーパーの探求好きとしていい味が出ていると思っていたが、いつのまにか2階がダイソーにと代わられていた。

以上、昨夜記した代田橋ナンドナーレのつづきで、展覧会のことでもないからまぁ蛇足のようなこと。代田橋には結局「1stナンドナーレ」以来、約1年ぶりの訪問で、そうしたことが気になるというか、見えるのだった。

13-061.jpg

角にあるかどや

久しぶりに“タバコ屋”を撮った。
タバコ屋はやはり角にあって、屋号もそのまま「かどや」である。旧栃尾市内。

閉まっていたタバコ屋

12-284.jpg


久々にタバコ屋写真。久々に一眼レフで。
たばこ屋ってのは「角にある」っていうイメージと「赤い」イメージがあって、そんなことを情報紙の連載コラムにも書いていたけれど、加えて閉まっているというのもよく見かける気がする。今日の角の赤い(看板の)タバコ屋は閉まっていた。たまたま定休日だったのかもしらんけれど。
12-286_201803141105053b5.jpg

目印の角のタバコ屋

11-708-b_20170707104049d97.jpg

外山文彦展(ギャラリー空華)への行き方の目印として、「小さなスーパーのある角を右折する」と展ウェブサイトのアクセス欄に記している。 上図右がその「小さなスーパー」で、ぐるりんバスの停留所「高風園前」もその前にある。ギャラリーへはここから徒歩でもすぐだが、高台にあるから少し坂道を上る。

11-709.jpg

先日の日曜日の撮影。このスーパー(オカダストア)は日曜は定休らしい。色褪せたような、いつもながらの「たばこ」の看板がいい。


高崎には何度も出張したが、街歩き散策とまではいかず、この間撮った写真といえば「焼きまんじゅう屋の看板」とか「寸詰まりのポスト」とかそんなものばかり。
外山文彦展-Canvas-/7月9日(日)まで
会場風景-02 (2階)】 【会場風景-01 (1階) /展示作品リスト】 【展覧会案内

東京出張中のこと-03 柴又駅前とそぐわないタバコ屋

引き続いて、またも柴又駅前。
11-470.jpg
11-467.jpg11-468.jpg
先のBlogで記したさくら像完成について
ポスターがひたすら貼られている。

11-464.jpg
柴又駅は駅舎も昭和風にしているが、駅前のタバコ屋は(本来、一番昭和臭くなりそうなところ)雰囲気が新しすぎる。ここだけそぐわないのもまぁ面白いのだが、でも裏に回ったら古い看板が置かれていた。
11-469.jpg11-465.jpg
こういうのがキモなのである。

取り外されたタバコ屋


長岡。大手通り四つ角で長く営業し異彩を放っていたフルーツ店が閉店、移転したらしい。それはニュースで知っていたが、脇にタバコ屋の残骸があるのを発見。本体の自動販売機は取り外され、看板だけが遺されている。

タバコ屋とモーニング



11-330.jpg
ストック写真から。
カテゴリは「今日のタバコ屋」だけれども、別に「今日」というわけではなく、昨年板橋でおこなった「地下光学展」の際のもの。 朝は喫茶店にモーニングを食べに行くなど展示会場から徒歩5分くらいの商店街によく歩いていたがそのときの撮影。右のおまけ画像は、そのモーニングセット。

アルファベットの表記の異なり


地下光学展の終了後のあと片付けの際、近くのヤマト運輸に作品等の輸送物を出しに行ったときに「タバコ屋」を見つけた。
何の特徴もない「ふつうの」タバコ屋に見えつつ気付いたのは、赤い地の看板のアルファベット表記が例によって「TOBACCO」に対し、青い地のほうはローマ字表記にしていてなぜか異なること。赤と青の違いと白ヌキ表記の異なり。まぁ一般にはあまり気付かれず、気付いたとしてもどうでもいいことではあるけれど。

角にある板橋のタバコ屋


Dungeon「地下工学」展の作業中、徒歩で近隣移動中に見つけた「タバコ屋」。
例のごとくタバコ屋は角にある、のであった。

タバコ屋は案の定


とある商店街の夜。タバコ屋は案の定、自動販売機が煌々と居るだけだったが、上部の袖看板のかすれ具合がいい味。

いまだ光っていながら



9-952.jpg
約1週間前になるのか、長岡ベースで作品を観てからの帰路。近くにあるこのポイントは既知のものでおさえてあるが、通りかかったことをいいことに久々に「タバコ屋」撮影している。
とはいっても、すでに煙草そのものは売られておらずそこにあるのは万年筆。Cigarettesといまだ光っていながら、店で扱っている商品である万年筆の、店頭ショーケースと綺麗に化している。そうした変貌がまたキーポイントなのである。

ファンタの看板のタバコ屋

9-820s_20151018081519c95.jpg 鉄が錆びてファンタの文字が浮かび上がる。そんな看板が目をひいた、もう営業してないと思われるタバコ屋。
左側のタテ長の窓ガラスが名残り。


 | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR