アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

アトリエZen 展覧会案内
infomation

グループ展 彩sai/4月17日~22日、ギャラリーみつけ 展示室1


faces‐15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現/4月28日~5月23日、ギャラリーみつけ 展示室1&2

12-279.jpg
外山文彦展/5月16日~21日、横浜市・art Truth




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2018年2月4日:
阿部正広
 〓終了しました〓
2018年2月5日~4月8日:舟見倹二 〓終了しました〓
4月9日~6月17日: 外山文彦

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/野田英世(スケッチ画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


スタートした「彩」展

12-335b.jpg
ギャラリーみつけで昨日17日から始まった「彩」展より。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4428.html

   12-335.jpg
   12-336.jpg
   【ギャラリーみつけ

そそられるビルの隙間とそそられない建物

三日前に行った銀座では、ビル間のごくごく狭い“隙間”での建設工事をいくつか見つけ、それらを写真におさめていた。以下ふたつほど。

   

12-333.jpg

12-334a.jpg

銀座4丁目交差点角にある新しい建物(画像:右下)銀座プレイスというのだったか。旧建物が解体された直後の風情にとても魅かれていたけれど、出来た建物はなんだかあまりそそられない。

長岡駅前

長岡駅前。

開館100周年の互尊文庫と長岡小嶋屋展の案内

長岡の互尊文庫が6月で開館100周年を迎えるとのことで、今朝の新潟日報紙に大きく紹介されていた。
互尊文庫の建物は注目していて通りかかれば写真におさめるようにしているが、十年以上前ここで本をよく借りていた頃と違って、このあたりを通りかかることがほとんどない。と言いつつ画像はつい最近のもので、互尊文庫にほど近いところに先週オープンしたギャラリー「maison de たびのそら屋」の開店初日に駅から歩いて行った際に撮ったもの。
12-325.jpg

さて今朝の新潟日報では、その互尊文庫の記事が載っている15面、同じ面の下側「展覧会ガイド」欄に、長岡小嶋屋CoCoLo長岡店で今週スタートした外山文彦展の案内が掲載されていました。

あらたなはじまり展「アートの風」開催中

maison de たびのそら屋、開廊記念企画「あらたなはじまり展」から。

12-323b.jpg

正面の緑色系の大きな平面作品は廣川澄子さん、空中に浮かんでいるように見えるオブジェはイシヤマヒロコさんの作品。この部屋だけでなく奥にある、以前診療室だったスペースも(いくぶん改装して)使い、計24人の作品が展示されています。

12-324.jpg


現在開催中の開廊企画“第1期”「アートの風」は、4月15日(日)まで。4月21日から第2期「クラフトの光」が始まります。
※木曜は休廊です。

新作の制作中

展覧会も控えていて作品の制作中。いまは8点ほどの新作を同時進行でかかっている。

作りながら、大学2年生のころ辰野登恵子が好きだったということと、そのころは今と違って油彩オンリーでしかもフォービズムみたいな絵を描いていたけれど、カドミウムイエローを多用していたことを思い出した。今年の制作は作り手視点だと無意識にも少し変化していて、そんな昔のことを思い出したというのはその変化によるところが大きいようだ。
作品の最終型として、別に辰野さんの影響が出るわけではないけれど。

ランドマークなのかどうかは別にして


長岡市内、看板もあるように「関東町」付近。こういう場面では、長岡のランドマークなのかどうかは別にしてNTTの鉄塔を画面に入れ込むのが、(個人的な)キーポイント。

 | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR