アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

小林真弓個展「霧のすきま」
11月18日(土)~25日(土)、会期中無休/ 会場:CoZAの間(コザノマ) 横浜市港南区港南台5-22-15/tel.045-831-5127/




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡造形大学にて

長岡造形大学にて 

反射と幾何学的な関係が面白く、写真「作品」として。

ガラス注意という貼り紙

建築工事現場。渡り廊下のような通路の外壁に、特注の大きなガラスが取り付けられている。

取り付けられたばかりのガラスはあまりに綺麗で、「ガラス注意」という貼り紙がないとその存在に気づき辛い。だから、陽が射し込んでの「影」を捉えてみた。綺麗過ぎて見えなかった存在を見たということか。

キリンとしまうま


小さな板があったことをいいことに突然ボールペンで描いてみたキリン。
年賀状でも干支のひつじを描かなかったくせに、夏におこなうことになっている「動物がテーマの企画展」の企画を考えていたらちょっと動物の絵を描きたくなったのだ。本人的にはなかなか気に入っている。 いい加減に描いているように見せつついちおう緊張してペンを走らせているのは、蛭子氏がいつか言っていた極意そのまま。ふだんはミニマルな作品ばかりだから、たまにこういうことも新鮮ではある。
よせばいいのにかぐや姫の「神田川」を思い出し、二十四色ではないがクレパスを注文したので、色も入れてみようなんて考えてしまった。しまうまを描けばストライプカラーでよかったが、「しまうま」のかたちは絵としてうまく思い出せなかった。

閉鎖中


「閉鎖中」。
載せたのに特に意味があるわけではなく、特に作品化しているわけでもなく。
ここから外に出たいと思っても出れなかったという、ノンフィクション。

和紙素材での作品の話

9-278.jpg ある知人作家のお伴で書道専門店なるものに行き、安く売られていたロール和紙を見つけて衝動買いした。先月の話。
次の作品はたまには(といっても、これまでまともに使ったことがないが)和紙を使ってみようと思い、まずは実験を試みている。

「描かないこと」を「描けるか?」とか、初期の現代アートの発想演習みたいなことが頭にあり、昨年あたりは「描かない絵画」なるものに熱中して創っていた。和紙を買い求めたのも発想はその延長線上にあったのだが、実験だからと色を塗って描いてみたわけで、右上はそのときの図(一部分)。
いい感じで試作(&思索)はすすんでいたと思っていたが、春の展覧会の業務関連やらなんやらここのところ急激に忙しくなっているから、時間の確保とかやりくりがたいへん。

non-titled 今日の作品


私自身の作品から。

写真作品。一週間前の記事に倣って「non-titled 今日の作品」とタイトルをつけたものの、撮影自体は1990年代で、20年以上前の「ネガフィルム」時代のもの。いま見ても「これはかなりいいなぁ」と思えているが当時もそう思っていたらしく、キャピネ版にわざわざ引き伸ばした紙焼き写真が現存している。
部分的に掘りかえされた工事跡アスファルトは色が違って幾何学的構成になり、「止まれ」は新しく書かれたばかりで施工時の補助線が見え、写真平面上でそれらが一点透視法的パースペクティブで完成している。などと、撮影当時(20年前)は無意識に面白がって撮っていたものを、いまは意識して眺めるわけだ。

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR