アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

アトリエZen 展覧会案内
infomation


faces‐15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現/~5月23日まで〓終了しました〓、ギャラリーみつけ 展示室1&2



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2018年2月4日:
阿部正広
 〓終了しました〓
2018年2月5日~4月8日:舟見倹二 〓終了しました〓
4月9日~6月17日: 外山文彦

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


My-Skip特集(6月号)~長岡出身画家・平澤熊一


長岡の地域文化情報紙「月刊マイスキップ」、その6月号より。

企画特集面はアトリエZenで担当していて、長岡出身画家・平澤熊一(1908-1989)について取り上げています。
この地元生まれの画家の名前は、長岡にある新潟県立近代美術館に5点作品収蔵されつつも(郷土の偉人を取り上げた書籍「ふるさと長岡の人びと」にも記載はなく)、長岡で案外知られていません。2012年に練馬区立美術館、2015年に栃木県立美術館でそれぞれ平澤熊一展が開催されるなど首都圏の美術館を中心に近年再評価されており、長岡の情報紙としても一度取り上げておきたく、調査と研究をここ数年すすめていたギャラリーみつけの学芸員・小沼さんから執筆してもらいました。力の入った原稿です。
 
この6月号では他に、4月にオープンした「maison de たびのそら屋」の主宰者からの寄稿があります。私の連載スペースを充てて書いてもらったので、連載コラム・紙面版「アート日和」は今月はお休みです。

街角のタバコ屋を巡る-マイスキップ特集

マイスキップの新号(4月号)について、まず「イベントインフォメーション」のコーナーを昨日アップしましたが、こちらは同号の企画特集面。街角のタバコ屋を巡る(私的カメラ散策日記01)です。


本blog読者ですとタイトルからしてすでにおわかりと思いますが、私が文と写真を担当した特集です。掲載したタバコ屋写真は24枚で、青くて真ん中にある例として連載コラムでも使った横浜市内のタバコ屋はまた登場していますけれど、blogやコラムに登場していない写真、いわゆる秘蔵のものも入ってます。

例えば長岡の偉人紹介とかですと特集として(誰にも)とりあえずわかりやすいのですが、今回は興味わかないひとには???な内容です。ですので執筆動機を直截的に書き入れました。でもこうした特集に、嵌るひとはけっこう嵌るようです。

My-Skip3月号造形する風とここにしかない自動販売機

12-266.jpg

画像は長岡造形大学内。左奥方向にギャラリーがあるその1階レストラン前、置かれている自動販売機のラッピングデザインは在学生(2年生)がおこなっている。ここにしかない自販機ということで、今月号(3月号)のマイスキップ「造形の風-造形大生・紙上ギャラリー」では当該学生から寄せてもらったコメントとデザイン原画を掲載している(↓)
12-267b.jpg

My-Skip3月号と横浜での星奈緒展と


マイスキップ3月号から。連載している紙媒体版「アート日和」のコラムではパステル画家の星奈緒さんについて書きました。横浜・art Truthで星さんの個展が今月開催されます。
下はイベントインフォメーション欄。実施中の、ボントーン・野田英世さんスケッチ作品展示についても簡単に。昨日記載した白雪ノ会展の案内も記載しています。

12-261b800.jpg

↑画像をクリックすると大きくなります


My-Skip新春号/長岡現代美術館と常盤貴子と



月刊My-Skipの新春号です。
新年初ショット云々それはカレーではないなどと元日に書いていましたが、初日の出を撮りに行くなんていう高尚な習慣もないから、2018年の初撮影は↑のマイスキップ紙面となりました。
記事制作の校正中にblog上でも予告していた通り、また画像でも一目瞭然ですが、企画特集ページで「長岡現代美術館を巡る講演イベント」という記事を書いています。「再開発計画がある(取り壊し予定である)長岡商工会議所ビルはかつての長岡現代美術館、そこに現存する半世紀前からの斎藤義重パブリックアートは建物解体でどうなるのか、どう今後に活かすのか」をテーマに掲げて開催された講演イベントに関したレポートです。フリーペーパーですのでどこかで見かけた際にはどうぞお読みください。

ちなみに今号のトップインタビューは女優の常盤貴子さんがゲストで、背表紙面にも地元でたいへん著名な空手女子小学生が登場していて、新春号らしく紙面が華やかです。遅くなると配布各所になくなることも予想されるところです。 タイムリーに受け取れなかったり県外在住などでどうしても欲しいというかたは下記にお問合せください。
※郵送料等負担いただきますので(フリーペーパーであっても)無料ではありませんが、希望されればお送りいたします。(詳細は返信メールでお伝えします)

問合せ先/アトリエZenへのメールフォーム

特集「長岡現代美術館を巡る講演イベント」の執筆と校正

12-109.jpg


マイスキップの新春号に長文原稿を執筆中と、そんなことを書いていたのはちょうど二週間前、今週はその記事ゲラがあがってきた。そこで手元に届いた校正紙を(ごくごく一部分、標題のところだけだけど)上に貼ってみた。 タイトルは「長岡現代美術館を巡る講演イベント」で、タイトル通り、11月25日に長岡商工会議所(旧長岡現代美術館)の2階ホールでおこなわれた「講演&パネルディスカッション」について書いている。もちろんこれは校正紙だからまだ発行されてはなく、校正中で校了も印刷もこれからという段階。要は「予告」である。

編集長から「正月号で取り上げたいから書いてくれ」と言われたとき、正直気が重かった。重かったのは夕べ食べすぎたからではなく明確な理由があるのだけれど、(長岡現代美術館ならばそこそこのネタを持っているし)興味もあるのに気は重いという二律背反さも面白いねと、何か今後依頼原稿のあったときエッセィの種になりそうだから、blogでは記さないでおくことにした。
最初はあっさりと、「こういうことが話し合われました」的に淡々と、簡単な報告記事になるのかなぁなんて思いもあったが、いろいろ考えていたら筆も進み、推敲でだいぶ縮めたものの原稿用紙換算で8枚分にもなった。予定字数をオーバーしたが、編集デザイナーWさんから特にクレームはなく、おさめてもらった感じだ。

下の画像は取材時の撮影で長岡商工会議所の正面玄関エントランスホール、すなわち長岡現代美術館入口付近。こちらはマイスキップ紙面には載らない写真である。

12-107.jpg

My-Skipイベントガイドと浅野光代写真展とアンティエ・グメルス展



上はいま発行中の月刊マイスキップ12月号、イベントインフォメーション欄。アップするのがうっかり遅くなっていたら、左の堀口大學展(at 中央図書館バージョン)は本日が最終日であった。
長岡在住フォトグラファー・浅野光代写真展の記載も同欄にあるが、22日からのアンティエ・グメルス展とあわせ“ギャラリーみつけ冬の企画展情報”として以下。

12-090.jpg

Morocco 浅野光代写真展
会期:12月16日(土) ~2018年1月14日(日)/12月18日、25日、28日~1月4日、1月9日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで、最終日は15:00終了 )
会場:ギャラリーみつけ 2階フロア
・ギャラリートーク&スライドショー:
12/23(土・祝)と1/13(土) いずれも16:00~17:30


アンティエ・グメルス展
会期:12月22日(金) ~2018年1月21日(日)/12月25日、28日~1月4日、9日、15日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで)
会場:ギャラリーみつけ 1階展示室(展示室1&2)
・1月13日(土)14:00~「アンティエ・グメルスの絵を語る」(話し手:大倉宏/無料)

昨年10月の新潟絵屋での個展で発表した新作の “墨絵の、絵日記のような”絵を巡回、あわせて本展では同時に制作された抽象の近作も加えて展示予定。
12-091b.jpg

 | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR