アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


My-Skip10月号のイベントインフォメーション欄

下はMy-Skip今月号のイベントインフォメーション欄です。昨日アップした、長岡造形大生紙上ギャラリーのコーナーと拙コラムに続いてご紹介のほど。
このインフォ欄では長岡小嶋屋での星奈緒展、15日からの弥彦・野外アート展の案内を入れています。デイジーでの長岡造形大生展(紡展)は本日からスタートのよう。


長岡造形大生紙上ギャラリーと長岡商工会議所のレリーフ

マイスキップ10月号、発行されています。

11-896b.jpg

上の画像は同紙から「造形する風/長岡造形大生・紙上ギャラリー」のコーナー。今月は、朝日広告賞に入選した視覚デザイン学科4年生を紹介しています。「クライアントの思いを伝える」という学生の思いを(読者に)「伝える」ということになるでしょうか。また今回号から制作デザイナーが代わりレイアウトも変更、当コーナーの掲載スペースが大きくなりました。

いずれも断片的な写真となりますが、下は連載コラム「アート日和」から。
blogで先月の執筆時に予告的に記していたから…というよりも、そもそも載っている写真で一目瞭然だけれど、旧長岡現代美術館(現・長岡商工会議所)の外壁レリーフと前庭について書いています。
書こうとした発端は8月15日の新潟日報に「巨大レリーフ残して」と、斎藤義重のその作品について大きく取り上げられていたことにあり、それならばということで(いろいろ写真も撮っているしと)、2年くらい前に書いたblog記事に補筆した。
11-897b.jpg

マイスキップ版アート日和 第59回




マイスキップ10月号は長岡市内を中心に配布中。どこかで見かけましたらお受け取りください(フリーペーパーですので無料です)。ギャラリーみつけのインフォメーションラックにも置いてあります。

第58回目のアート日和

マイスキップで書いているコラムは紙媒体を想定しているわけなので、フリーペーパーの原稿といってもwebにそのまま全文再掲することを控えている、とは前にも書いていたこと。これまでも何かの気まぐれで1回載せた以外は基本無いと思う。
でも、そう言ってはみたものの、「気まぐれ」なるものは時に意味無くあるもので、発行中の9月号の原稿を下に再掲することにした。 気まぐれには理由なんて無いのが常だけれど、しいて無理やり挙げるならばそれは200号達成記念ということではなく、凄い記事を書いたということでもなく、単に大学を撮った写真が気に入っているから、といったところだろうか。

11-804a_20170908101241cb9.jpg

アート日和 58- 造形大生との78回と第一アトリエ棟
学生との打ち合わせで長岡造形大に行く。7月の終わり、夏休みに入ったばかりの大学はこの機を狙って校舎の修繕工事、あちこちで足場が組まれていた。日常の風景がある日突然変貌し興味をそそる…とは本連載で度々書くフレーズだけれども、数日後再度打ち合わせに行ったら第一アトリエ棟の工事は(ブルーのネットが掛けられるというとても単純なことで)光景が進化していて、また楽しめたのである。
長岡造形大といえば、知人作家から「造形生と一緒に活動が出来て羨ましい」と言われた。「一緒に」という意識は特にはないが、5~6年前は現役学生の個展を複数アシストしたり、今年は美術表現コース3年生の18人展を私の関わるギャラリーで開催したなど、傍目にそう見られるようだ。自分より若い世代の表現は、私の作品をかつて年長者たちがとりあげてくれたように、注目していきたいと思っている。だからそう見られることに感慨深い思いも強く湧くのだけれど、それは今号が通算200号&創刊からの編集人の退任記念号で、必然的に過去を振り返ることになってしまいちょっとセンチな気分もあるからか。
200号記念ということで記せば、当紙連載中の「長岡造形大生・紙上ギャラリー」は私の担当で、78回の連載で紹介した学生は88名となった。2011年4月号の第1回登場は写真・映像コース当時4年の石橋歩さん。紙面掲載用顔写真のリクエストに同じ写真専攻・堤郁恵さん撮影の1枚が届き、これがとてもよかったため、「学生が撮影したポートレイトを大きく使って記事を構成する」というスタイルで定着させた。撮影担当を毎年決め、2011年度を引き続きお願いした堤さん以降、中山允さん、吉田勝幸さん、細貝純佳さん、大橋弘奈さん、近藤拓海さんと続き、現在の早川歩さんに至っている。

(月刊マイスキップ 2017年9月号)


My-Skip9月号 配布中


My-Skip9月号(通巻200号達成号)、配布中。
ギャラリーみつけのインフォメーションラックにも置いてあります。


以下、きわめて部分的に、当9月号から2枚。

11-802b.jpg

↑:海津千並フォトコーナー・最終回にともなう特設コーナー
↓:朦朧人によるテレビ朦朧紀((やれやれ妄想記)は先々月に最終回だったはずが
再登場
し「あらためて最終回」バージョン

11-803.jpg

制作中のMy-Skip200号記念号と、「らしい」といえば「らしい」こと


六本木のジャコメッティ展が9月4日迄で、その写真を先般撮っているからと、My-Skip紙の次号9月号のコラムではこれについて記そうとその7月の段階では、思っていた。でも次号は200号記念号で、紙面全体「200号を振り返る」的ムードにあふれているなかそれに迎合するわけではないけれど、考えを改め、わたしも「振り返る」要素のあるテーマに直して書いた。「マイスキップ版アート日和」のコーナーである。
昨年12月には「私自身の(近年の)担当は“長岡造形大生・紙上ギャラリー”だけ」とblogでも記していたが、100号→200号間を私の仕事して振り返るとなれば、やはりこのコーナーになり、この機に触れておきたいとなったわけだ。 ついでのようであるが、長岡造形大絡みということでちょうどよく、今月撮った「同大校舎の梱包(修繕工事)風景」も載せるようにした。この9月号は編集も(編集Yさんお盆休み返上で)ようやく今朝終わったようで、今日印刷に廻ることになっている。月末には発行される見込みだ。

さてこの9月号では、数日前にも書いていたけれど、海津千並さんの最終面片隅の写真連載が最終回となる。7年に渡って続けてもらっていたからと、最終回の挨拶としてふだんには無い特設コーナーを追加で1枠作ってもらった。他、編集長の「200号達成の御礼の挨拶」やら何やらと盛りだくさんで、紙面スペースが足りなくなるのではと思っていたら、うまくおさまるもので、逆に最後の最後でp.6に変形L形の小さな空きが出来た。その空きは編集Yさんが、先月号で最終回と銘打ったばかりのコラム「テレビ朦朧紀」をリターンズと称して復活させ、氏のイラストとともに世界陸上のテレビ観戦記を埋め草のように、あっという間に書かれて埋めていた。

9月号は200号記念であると同時に、創刊から17年弱に渡って編集してきたそのYさんの退任記念号である。発刊後に見てもらえば一目瞭然だが、これまでの記事のデーターベースや関わったひとたちについて(Yさんが)数ページにわたってまとめていて、目を見張る。だから、読者から「さすがYさん、編集人としての“最後の”記事、すごいですね」とかいう感想も相当出てきそうだけれども、厳密に順番として言うのならば、氏の“最後の”記事は上記の埋め草原稿のほうになる。編集人最後の記事が空きスペースのイラスト付陸上観戦記というのも、「らしい」といえば「らしい」ところ。

退任の辞と “ささやかコーナー”写真連載の終了

当紙(←月刊マイスキップです)裏面“ささやかコーナー”で連載中、フォトグラファー海津千並の…」と、My-Skip紙のインフォメーション欄で紹介したことがある。昨年の暮れの号だったか。海津さん制作の写真カレンダーをギャラリーみつけの売店で販売することになり、せっかくだから広報しようとなったものだ。
その「ささやかコーナー」とは幅としたら5cmにも満たない、最終面にある極小スペース。毎月の写真をそこに1点載せるというもので、現編集人のYさんより「若いひとに、小さな枠を提供したい」という相談を受け、長岡造形大を卒業し、そのころエックス展など私の関わる展覧会に参加していた海津さんに「やってみないか」と打診して始まった。
調べてみたら、その第一回は2010年7月号と7年も前。長くやっているから最初に打診した際のシチュエーションなんかはすっかり忘れていたが、最初に載せた写真が犬とか猫などの「いわゆる」的なものではなく、動物は動物でも「サル」だったことが印象にあり、そんなことを覚えていた。

さて、いま発行中のマイスキップ(8月号)では、P7に「200号を機に編集人が交代します」と、創刊号から編集制作してきたYさんの退任の辞が記されている。私の廻りではちょっとしたニュースにもなったようで、今号ではこの件について聞かれることも多い。
11-767b.jpg
ここで話が結びつくのだけれど、編集人の交代に伴い紙面もリニューアルされることになっていて、海津さんの「ささやか連載」も(今号で最終回とうたれている「徘徊だより」などとともに)200号を機に終了となり、次号9月号が最終回になります。ささやかとは言っても、知人の陶芸家は「(マイスキップが届くと)毎月この写真を真っ先に見る」と話していた。そうしたファンもけっこういたようだから、まずはお知らせまで。

紙面のリニューアルでさて「マイスキップ版・アート日和」はどうなるかというと、対応は編集部に任せていたが、とりあえずは続くもよう。

歩くひとというペンネーム


月刊My-Skip7月号の企画特集面は「“歩くひと”市街編」とタイトルが付けられていて、前月6月号が「“歩くひと”栖吉川散策」だったから、ふつうに見ればその続編的に「今度は(長岡)市街を歩く」と受け取れるだろう。ただ、いま現在の長岡ではなく、「ひと昔前の長岡市街を歩く」とあり、2004年~2006年撮影の、十数年前の長岡市街・街歩き散策写真で構成されている。

複数のひとから「この記事、いいですねぇ」と言われた。
でも話をしていくと共通するのが、この記事を書いたのは私であると、どなたも勘違いされていたこと。紙面記事をよくよく見れば署名原稿でなく筆者名は「歩くひと」とペンネームが小さく載るだけだし、かつ私自身も連載コラムでたびたび「建造物の梱包」などと書き連ねそうしたイメージが強くあるからか、大きく扱われた鉄塔の写真に「例の梱包芸術ですねぇ」とか「今回は大きく載りましたね」とかなるわけがあるようだ。 まぁ、掲載されている写真は私が撮りそうな…、というより実際すでに撮っていたり、あるいは国道沿いの小さなスーパーなど「狙っている」ものも散見される。着眼点なり視点がどこかしら通ずる、ということもありそうだけれども。

私自身は「歩くひと」氏が誰なのか勿論知っているから、そうした反応が出ることは想像してなく、最初意外ではあった。

 | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR