アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


作品の梱包と第3回わくわく体験塾展覧会

お盆というのはカレンダーとしたら平日であって、役所も休みにならない。ギャラリーみつけも営業中(開館中)である。でも、ここ数日間、blogのほうはしっかりお盆休みとなっていた。

12-579.jpg12-581.jpg

そのギャラリーみつけ。今日は、17日からの「第3回わくわく体験塾展覧会を若いスタッフが中心になって展示作業をおこなっていた。画像の手前に見えるのは、展覧会が終わって梱包作業をおこないヤマト運輸への引き渡しを待つ彫刻作品の梱包。

(2018.08.15 pm21:10)

長岡造形大学美術表現コース3年生展 「透明なモザイク」

ギャラリーみつけ


長岡造形大学美術表現コースに学ぶ3年生による作品展 (透明なモザイク)、
昨日から始まりました。

ギャラリーの1階では伊津野雄二彫刻展を同時開催中です。

伊津野雄二彫刻展

今月号のマイスキップの連載コラムにもほんのちょっとだけ(3行ほど)記していた「ギャラリーみつけでの伊津野雄二彫刻展」が本日から始まりました。
6月に新潟絵屋でおこなわれた伊津野雄二展の巡回展という位置づけではあるものの、大きく異なる両会場の空間特性をふまえた展示になっており、6月の展示からは大きな彫刻が1点、絵画が2点が新たに加わっています。
今回は「展示室1」「展示室2」の二部屋の開催で、下の画像は展示室2のほう。


8月12日(日)までの開催です。

遠方からの梱包


ギャラリーみつけに先週ヤマト便で作家から届いた、遠方からの荷物。20日(金)から始まる伊津野雄二彫刻展の作品である。梱包がとても綺麗だからとまず写真におさめている。
同展の展示作業は本日スタート。

(2018.7.17 am9:00) 

八神純子ライヴとギャラリーみつけ

12-502.jpg


ギャラリーみつけの隣にある音楽ホール「アルカディア」で今日は八神純子ライブがおこなわれていた。ギャラリー業務も忙しく特にライブには行ってないが、終演後、ようす見にちょっと立ち寄った際に撮ったのが上の画像。アルカディアのエントランスからギャラリーを臨んだ図で、構図的にも珍しいパターン。

八神純子さんは今は特にファンでもなくその楽曲を聴くことももうないが、デビューの時分にちょっと魅かれていた時期があって、自慢ではないがそのとき買ったファースト・アルバムのレコードを所有している。 「思い出は美しすぎて」と題されたそのアルバムは、いま調べてみたら1978年6月の発売。ちょうど40年前であった。

(2018.07.01 pm21:00)



村山徳成展を開催中

ギャラリーみつけに巨大な象が出現した、と数日前に書いていました。エントランスホールに6月中、居るようになります。(=村山徳成展
12-433.jpg

6月いっぱい開催中のその村山徳成展は、1階と2階、全館使っておこなっています。2階フロアの大きなスペースではライフワークとして作家が取り組む「仏像をモチーフに描いた」大作油彩画を一堂に並べ、1階のふたつの展示室では花や風景などを描いた油彩や水彩で構成しています。全62作品の展観です。
  12-449b-500.jpg

  ↑ 2階フロア  光風会や日展などに出展された、仏像をモチーフにしたシリーズの油彩画  

  12-450b-500.jpg

  ↑ 展示室1(1階)    

エントランスの象


12-430.jpg



ギャラリーみつけ、夜の外観。夜はまた特に外から映えるのだが、エントランスには巨大な白い象が出現している。

先週金曜(1日)からスタートした村山徳成展での作品である。氏は光風会や日展入選など洋画家として知られるが、若いころは立体作品も多く手掛けていて、2000年には新潟県立歴史博物館の常設展示「雪と暮らし」の造形制作をおこなっている。作家の制作活動のひとつとして展示した、今回唯一の立体。

 | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2018/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR