アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


星奈緒展 no name 開催中

61.jpg
ひとのかたちって、とてもきれいです。
私は5人のきれいなひとを描きました。
このひとたちには名前がありません。
とてもシンプルなひとたちです。



星奈緒展 no name より。
カフェギャラリーFATOで11月7日まで開催中。

ロックバージョンの津軽海峡冬景色

笑えない話ばかり書いててもアレなので。ちょっと口直し。

吉田拓郎が編曲した、ロックバージョンの「津軽海峡冬景色」。意味が特別あるわけではないが、珍しいコラボレーションだし、拓郎も石川さゆりもけっこう好きなので掲げてみた。21年前、1990年の映像のようです。



笑い話 and/or 笑えない話

笑い話、になればよいが、そうなるかどうか。ただ笑っているだけでも困るのだけど。
(原発事故関連です。こういった話題に嫌悪感をいだくかたは読み飛ばしてください。)

ドイツZDFのHeute Showから、「犯罪会社東電」


ドイツのニュース風刺番組で、今年4月1日に放送されたもの。
半年前の放送なので話題そのものは古いのだが、風刺されていること自体に今になっても何の古さも感じないのが実に困ったところ。まぁ、うまく作ってはあるし笑えるから、一度は見てみたら、と言うしかない。

困りついでにもうひとつ。
気仙沼市の「米ぬか」から370ベクレル/kgのセシウムが検出されたそうな。
http://merx.me/archives/13154
飼料の暫定基準値は300ベクレルだから家畜の餌には使えず、つまりブタさんには食べさせることはできないのだが、でも人間の暫定基準値は500ベクレルだから、「ヒトは食べても大丈夫(=基準値以下)」だそうな。というわけでちゃんと流通もするのだろう。
江戸時代には犬が偉かった時代があったらしいが、いまはブタさんのほうが偉いよう。ドイツのZDFが聞いたら「なんじゃ、そりゃぁ~。ホンマかいな。」と言って続編を作りそうだ。
64.jpg
種を明かせば、というより、たいていの人は先刻ご承知だと思うが、結局は「人間用の500ベクレル」という暫定基準値が、国際的にも何に対しても、安全性を軽視した無茶苦茶な数値だということ。だから、その数値以下だったとして高らかに「安全宣言」をする福島県知事は、どうかと思う。

きわめつけにもうひとつ。
内閣府の園田康博政務官が、福島原発の汚染水を「パフォーマンスではなく、必要であれば、この場に取り寄せて飲水します。厭うもりはありません」と記者会見で語ったそうな。

http://media.yucasee.jp/posts/index/9265(ゆかしメディア、10月19日)

これにいたっては、笑い話もここまできたかと暗澹たる気持ちになる。
暗黒夜考氏のブログには『このようなあまりに無知な人物が国民を代表する国会議員であり、更には内閣のそれなりの要職に就いているというのであるから、世も末である。この世紀の人体実験が実現すれば大変な話であるが、同時に、日本国家は「世界中の笑い者」の地位を確固たるものとすることとなろう。』と書いてあるが、まさにその通り。海外から見ると「ホンマでっか」と笑いの種でしかないだろうし、またドイツHeute Showに格好のネタを提供してしまっている。

長岡小嶋屋 11~12月の展示案内

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の“蕎麦×アート”
11月からの展示の案内DMです。
60.jpg
 11月1日~11月30日:       佐藤昭久展
 12月1日~2012年1月5日:島倉哲郎展


長岡駅周辺の展示とペデストリアンデッキ

昨日は長岡小嶋屋CoCoLo長岡店(村山陽展開催中)にまず行き、様子の確認と店への連絡をしてから、星奈緒展のFATOへむかった。どちらも駅周辺なので歩いて回ったのだが、そうすると長岡駅前ペデストリアンデッキ工事現場にいやおうなく遭遇するから、必然なのかなんなのか、まぁ通ったからにはということで工事風景の写真も撮ってみた。
56.jpg

57.jpg

最近あまり駅周辺に行かなかったからわからなかったが、いつのまにか外観が少しお目見えし出している。
「ペデストリアンデッキ」に関して工事風景を何枚も撮っていたり、都市計画上の観点からマイスキップ紙で特集を組んだりしているから、これにさぞ期待をしているのかというと実はそう単純でもなく、長岡駅周辺活性化効果が云々と耳ざわりのよいことを聞かされたりすると逆に、でも、ねぇと思うことしきりで、つまりはクールに眺めたいと思っているわけである。今月号のマイスキップでKさんが記していたが、1972年の「市政だより」にすでにデッキ計画の記載があり、その頃は「バス発着場は屋根で覆い、その上はペデストリアンデッキにして歩行者が自由に歩いたり休んだりできる、いわば通路と憩いの場になります」とされていた。70年代の計画は駅前広場全体をデッキ化しようというもので、いまの「市役所への連絡歩廊」的なものより相当大規模なものだったが、私自身、子供のころの記憶に鮮明で、それと無意識に比較してしまうからかもしれぬ。
53.jpg
こういった街中での工事は、地中には配管やケーブルなどが埋まっていたり、店舗等の利害関係もあるから、柱一本建てるにも、杭一本打つにも場所がきわめて限定されるし、歩行者の導線確保なども必要だから自ずと施工難易度の高い大工事となる。でも一般市民はそんな施工上のことなど知らないから、完成したときに「長いあいだ、あれだけの工事をしていて、これだけ?」と、大手通り地下駐車場のときのような反応が出なければよいが…とは思っている。

59A.jpg でも、こうした複雑な工事過程が私的には実に面白く、興味深々である。だから写真を撮っているのかもしれない、と気付いた。施工関係者以外はふつう誰も撮らない、鉄骨柱の柱脚部分も「ひぇ~、こんななってるのか」と言いながら撮っていたりするからね。下の画像、駅前広場の大きな「木」は、すでに所在無い感じになっているが、これは伐採されるんだろうか。
58.jpg

スタートした星奈緒展

カフェギャラリーFATO「星奈緒展 no name」、今日からスタートしました。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-913.html

54.jpg
さて、同店でのこれからの展示予定表をポストカードにプリントして、店の入口の台に星奈緒展DMと右のように並べて置いた。
この展示予定表は(作る時間がなかなかとれず)昨夜遅くになって作っていたのだが、いざプリントアウトする段になり、4色中の1色(シアン)がインク切れ。しょうがないのでシアン抜きでプリントをすすめたが、これはこれで味が出てくるから面白いところ。日本のプリンターメーカーだとインクが1色でも切れたら動かなくなるものも多く(ほとんど?)、黒一色の印刷でよいから早く欲しいのに「赤のインクが切れたから動くの嫌です」と言われると困ってしまうのだが、いま使っているHP社製は“色が変化しようが”なんだろうが、かまわずに印刷を続けるからえらいと思う。アメリカ合理主義のなせるわざ、ということか。

予定表についてはとりあえず暫定的にプリントしたもので、近くもう少しきちんと印刷したものに変える予定です。

アート作品 野外で展示

52.jpg 昨日(18日付)の読売新聞(新潟版)より。弥彦・野外アート展の紹介記事が掲載されていました。

23日(日)までの開催です。


星奈緒展の作品展示

48.jpg
49.jpg 昨日は午後からFATO「星奈緒展」の作品展示作業でした。左に展示作業中の光景を。

下の朝日新聞のガイドにも書いてありますが、30号の大きなサイズでのパステル画、5作品の展示となります。すべて今回の個展のために描きおろした作品で、面白い展示になったと思います。展覧会は明日19日(水)からのスタートです。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-913.html


■読売新聞 10月14日
50.jpg

■朝日新聞 10月15日
51.jpg

レーベン長岡と最終日の吉野榮子展

45.jpg

47.jpg
FATOの吉野榮子展が本日最終日で、夜、作品搬出に。
同店がはいっている「レーベン長岡」について先日書いたはいいのだけど、写真がなかったので、せっかくなので撮ってみる。真っ暗なので、ビルの写真といってもつまりはよくわからないのだが。

«  | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR