アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

小林真弓個展「霧のすきま」
11月18日(土)~25日(土)、会期中無休/ 会場:CoZAの間(コザノマ) 横浜市港南区港南台5-22-15/tel.045-831-5127/




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


舟見倹二・版の軌跡展

84.jpg
to ONE-Mart EXPRESS
舟見倹二・版の軌跡展

会期:11月22日(火)~11月27日(日)/24日(木)は休館
会場:新潟市美術館 ギャラリーA室
新潟市中央区西大畑町5191-1 /tel. 025-223-1622/入場無料
9:30~18:00(初日は11:00から。最終日は16:00終了)

これまで30年以上に渡って制作してきたシルクスクリーンの版画作品を、作家自身のいまの視点で、1メートルのスクェアなパネルに再構成した新シリーズ、全12点を展示する。
この一連の制作への契機となったのは、昨年ゲストで招かれた「ONE Mart EXPRESS」展にあり、シリーズとして初となる今回の個展は、同展(ONE Mart EXPRESS Ⅷ、於:ギャラリーB室)との同時開催で飾る。

■11月27日(日)は午後2時より、ギャラリートークあり。
(B室の10作家との合同で開催)


カフェギャラリーFATOの展示スケジュール



カフェギャラリーFATOの展示スケジュール表です。星奈緒展スタート時に用意したものが予想以上の早さですぐ足りなくなり、新たに印刷しました。
FATO店頭に置いてありますので、興味あるかたは来店時に受け取ってください。

以下、クリスマスまでの展示予定です。
●~11月 7日(月)                     :星奈緒展 no name
●11月 9日(水)~12月 1日(木) :アトリエZen常設展示(舟見倹二ほか)
●12月 3日(土)~12月25日(日):服部優香「もりもり展」


人間の美しさ表現―星奈緒展

昨日(10月28日付)の新潟日報で、開催中の星奈緒展が紹介されました。
以下、同記事から。

人間の美しさ表現
ことしの県展・洋画部門で最高賞に輝いた長岡造形大学4年の星奈緒さんの作品展が、城内町3のカフェギャラリー・FATOで開かれている。パステルを使い、淡い色彩で描いた人物画5点が展示されている。
星さんは今回が初めての個展。県展賞の作品と同じ「ノーネーム」というシリーズの一環で、全て個展のための新作だ。
描かれているのは、頭から鎖骨の辺りまで。服などは省いてシンプルに描くことで、人間の形の美しさを表現した。星さんは「何も考えずに見て欲しい。名前を付けてもいいし、どんな人か想像してもいい。見た人がそれぞれに感じてもらえればうれしい」と話す。
11月7日まで。午前11時~午後9時(日曜は午後8時、7日は午後3時終了)。火曜定休。

舟見倹二作品リーフレットとFACEBOOKと長岡駅追伸

舟見倹二さんの作品を8ページにまとめた小冊子(カタログ)の編集制作をすすめており、昨日は原稿内容の最終校正。印刷入稿直前というのはやはり緊張するもので、これまで何回もチェックしていたが再度一通り見直した。編集期間が弥彦野外アート展とちょうどかぶったため、時間的なことを少し気にはしていたが、最初に想定していた予定よりも少し早く印刷に廻すことが出来そうだ。
同カタログは、3年前に私のところで編集制作した氏のBOXアートのカタログが、作家自身お気に入りだということでご指名を受けたもの。今回は、これまで30余年以上に渡る「版」制作について資料を交えてまとめた編集になっている。詳しくは出来上がってから後日アップしたいと思うが、前回同様、頒布御希望のかたには通信販売的な対応も出来るのではないかとは考えている。


大学4年のときに知り合った同期のTさんとはずっと疎遠だったが作家活動を続けていることを昨年偶然知り、何度かメールのやりとりをしていたところ、FACE BOOKのお誘いまでいただいた。ちょうど別の友人からもフェイスブックの利点などレクチャーされていたばかりだったから、遅まきながら(かどうかわからないが)誘われるがまま、昨夜フェイスブックにアカウントを持った。ただ、昨夜はアカウントを持っただけ、ということで、まだほとんどいじってない。


昨日夕方は、FATOで開催中の星奈緒展に関して新聞の取材を受けた。そのあとマイスキップの編集Yさんと打ち合わせがあり、FATOのあとは編集室まで歩いてむかったのだが、その道中で撮影した駅前風景を以下に。

77.jpg 79.jpg

ONE Mart EXPRESS Ⅷ ~10人の表現~

2003年から見附・今井美術館で開催し、県内若手作家の表現を含め多様なアートを取りあげてきた「ONE Mart EXPRESS」展を、第8回展の今年は初めて新潟市内で開催します。今回の出展は県内外10作家。インスタレーション、ドローイング、来場者参加型のアートなど、さまざまな表現が展開されます。



ONE Mart EXPRESS Ⅷ ~10人の表現~
会期:11月22日(火)~11月27日(日)/注:24日(木)は休館となります
会場:新潟市美術館 ギャラリーB室
新潟市中央区西大畑町5191-1 /tel. 025-223-1622/入場無料
9:30~18:00(初日は11:00から。最終日は16:00終了)
出展:
笠原賢悟(新潟市)/児玉瑞子(新潟市)/佐藤郷子(新潟市)/高橋トオル(新潟市)/滝沢陽光(三条市)/外山文彦(長岡市)/中田歩(長岡市)/中田洋介(新潟市)/抜山理枝(神奈川県茅ケ崎市)/不破妙子(長岡市)

※最終日27日(日)は午後2時より、ギャラリートークあり。
  ギャラリーのA室では、同時開催で「to ONE-Mart EXPRESS 舟見倹二・版の軌跡展」をおこないます。あわせてご覧ください。

長岡駅前

ut
長岡駅前。夕方、駅近くに行く用事が出来たので、だいぶ姿をあらわし出したベデストリアンデッキを車中から撮ってみた。イトーヨーカドーの前あたり、左手に長岡駅がある。


堀口大學120年展開催中

66.jpg 65.jpg
図書館2階の美術センターで「堀口大學生誕120年展」を開催している。展示室内は撮影禁止だから、というわけでもないのだが、階段を撮影するはめに。蹴上げの部分には「堀口大學」と書かれた紙が貼られている。


堀口大學生誕120年展/10月30日(日)まで、入場無料

アート&アーティストの底力・長岡展と雑感

夏に柏崎で開催された「東日本大震災&新潟・長野県境地震復興支援チャリティ展」の第2回目、別の言い方をすれば“巡回展”が長岡で開催されている。「チャリティ作品の販売価格は30,000円以内。絵はがきやアート・グッズによるカンパコーナーも設けている」とのこと。

63.jpg 東日本大震災&新潟・長野県境地震復興支援チャリティ 「アート&アーティストの底力」長岡展
会期:10月21日(金)~26日(水)
会場:ギャラリー沙蔵 【長岡市】



チャリティによる復興アート展ということでいえば、私自身、2004年の中越地震では長岡は被災地だったものの(私自身の被害はさほどではなかったことから)県内を巡回したチャリティ展に参加出展し、実行委員にも加わった。中越沖地震のときも「柏崎復興祈念アート展」を、こちらは主催者代表になっておこなった。その流れからいうと、コンテンポラリー系の作家の多い今回のチャリティ展にも参加出展すべきなのだろうけど、今回は辞退させてもらっている。この展覧会に限らず、3.11震災についてはチャリテイ展に原則参加しないと決めている。
理由を一言で記すと、今回の3.11震災については自分としては同列に考えられない、という思いがあるから。なぜそうなのか詳しく書こうとすると、誤読されないよう丁寧に書きたく、けっこう時間もかかりそうだからここでは割愛するが、出展しているとばかり「どんなの出されました?」と聞かれることもまれにあるので、「自分の意志で出展していない」ことは明記しておきたいと思った次第。あんまり難しいことを言ってないで協力すれば…という声もわかるし出来ればそうしたいのだが、自分の根幹に関わりそうな部分を含んでいるとそれを曲げてまでというわけにもいかず、いたしかたないと思っている。
もちろんチャリティ展を批判しているわけではないので、誤読されないよう。自分自身の気持ちがいまチャリティに向き合えない、ということである。

なので、この展覧会に関しては第三者であり、作品展もアート好きのひとりとして第三者的に観に行った。
チャリテイ展を開催しても思ったほど売れずに困った…という新聞記事を前に読んだことがある。どれだけ売れるのか、というのは主催者にすると切実な問題であるが、いまの私の立ち位置だとむしろ興味があるのはどれだけ廻りの市民が熱くなっているか、である。
数年前のチャリテイ展ではどれも初日開幕のときに画廊入口に列をなすなど、作家も市民も、「作品を媒介することで被災地を支援しよう」とかなりの熱気があったような記憶がある。もちろん、今回が熱くない、と言っているわけではまったくない。自分自身はあまり熱くなれずにいるし、自分の皮膚感覚で周囲近いところを見回しても、これまでおこなってきたときとはちょっと様子が違う気がしているので、さて広く世間一般とするとどうなのだろう?と、作品を観に来た(買いに来た)市民の反応に興味をもったわけである。

 | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR