アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新潟現代美術アーカイブ 1989年のマグニチュード展

ONE Mart EXPRESS展の会場にさっそく来られたWさんから、かつて「新潟現代美術」と冠しておこなわれていた展覧会について質問を受けた。
県内の現代美術系作家のプロフィールを見ると「1987年に“新潟現代美術32人展”に出展」という記載がよくあり、いま展示している舟見倹二さんの略歴にもそれがちゃんと記されているのだが、その展覧会自体のこととなると詳細をweb上で調べてもどこにもない、だから教えて欲しい、とのことであった。長岡現代美術館跡地を会場にした同展はたしかにエポックメーキングであったが、いまは個々の作家がプロフィールの隅に「出展」と一行書くだけで、展覧会としてのまとまった記録が特に公開されているわけではないから、そもそも誰が出展していたのか?という根本的なことも関係者外だとわからない。県内の展覧会やイベントを熱心にアーカイブされているWさんならずとも、至極ごもっともな指摘である。

137.jpg 同32人展には私は出展していないが、観には行った。
会場でもらったリーフレットも倉庫を探すと出てくると思うが、探す時間がいまとれないので、そこでとりあえずは事務室の本棚からすぐ出てきた、同じ系統になる「マグニチュード」展カタログをみて調べてみることにした。
135.jpg
1987年の「新潟現代美術32人展」をベースにして、その2年後の1989年、「新潟・いま・表現“マグニチュード”展」と題して新潟市美術館で開催されたのだが、そのとき制作された展覧会カタログである。
全32ページ、出展作家の顔写真、作品の写真、プロフィールとコメントで構成され、巻頭の寄稿文に当時新潟市美術館学芸員だった神田直子さん。
展覧会の主催として「新潟現代美術連絡協議会」の名がカタログには記されているが、では会長は誰で事務局長は誰でその頃どういう「協議」をしていた会なのか、となると、あいまいな記憶はあるけれど「あいまい」でしかなく、当時やりとりされた(はずの)書類も残ってないから、ここでは書かないことにする。

このカタログ自体、おそらくここ10年くらい自分自身でも開いてなかったのだが、質問を受けて改めて出展者を確認してみた。前山さんや堀川さんら現在も第一線で活躍する作家ももちろん多いが、いまは現代アートとは違う活動のほうで名前が知られたり、作家を離れてそれとは反対の職業に付かれたかたもいるから、「えっ、この人もやってたの?」と思われるところもあるかもしれない。懐かしい名前もけっこうある。


新潟・いま・表現 マグニチュード展
NIIGATA COMTENPORARY ART FESTIVAL “MAGNITUDE”
会期:1989年3月21日~26日
会場:新潟市美術館
企画:新潟現代美術連絡協議会
出展:
大久保淳二、大嶋彰、小柳幹夫、数見利夫、金谷範子、駒野直、小林和利、近藤康之、佐藤昭久、佐藤邦彦、佐藤正二、佐藤秀治、佐藤陽一、信田俊郎、霜鳥健二、関根哲男、滝沢洋三郎、外山文彦、舟見倹二、古田洋司、本間泉、本間恵子、堀川文章、堀川紀夫、前山忠、松沢寿重、真島若桜、三上祥司、柳沢毅

昨日の新潟市美術館



新潟市美術館「ONE Mart EXPRESS」2展の、昨日の「勤労感謝の日」の会場風景。上がギャラリーB室、下がA室。
131.jpg
132.jpg
天気予報は見事にはずれて快晴の天気だった。天気もいいし祝日ということもあってか、多くの人でにぎわった。

展覧会は本日はお休み(美術館休館日)であるが、一転して今日は大雨&またまた寒い気候に逆戻り。つまりは「天気予報」通りになっている。昨日一昨日と展覧会中の天気が(意表をついて)良かったのは、出展メンバーに誰か「晴れ男(女?)」がいるのかいなと、ちょっと思ってみる。

134.jpg

ONE Mart EXPRESS vol.8

ONE Mart EXPRESS Ⅷの会場風景を。


出展: 笠原賢悟/児玉瑞子/佐藤郷子/高橋トオル/滝沢陽光/外山文彦/中田歩/中田洋介/抜山理枝/不破妙子

舟見倹二作品カタログと鈴木佳尚「DREAM FLOWER」展

126.jpg
そういえば前にも書いていたのだが、今日から始まった「舟見倹二・版の軌跡展」では、展示作品12点を掲載した作品カタログ(A4版・オールカラー8ページ)を制作している。
ギャラリー内に置いてあり閲覧できるようになっているが、残念ながら美術館の規則により「ギャラリー内での販売はできない」こととなっている。ということで、購入希望のかたに対しては、美術館からほど近い(まっすぐ行って車で2~3分)ところにある新潟絵屋に行ってもらい、そこで買ってもらうようにと考えている。絵屋ミニショップのなかに専用コーナー(?)まで作ってもらったので、御希望のかたはこちらでお求めください。販売価格は500円です。


125.jpg ちなみに新潟絵屋のほうも本日から新しい展示になり、鈴木佳尚展がスタートしている。岩手県在住の作家だが、絵屋では何度も展覧会を開催しておりお馴染みの作家。(と言いながら、私自身は今日初めてお会いしました)

鈴木佳尚展「DREAM FLOWER」
会期:11月22日~30日

スタートした、ONE Mart EXPRESS 2011(2展)

121.jpg
新潟市美術館での「ONE Mart EXPRESS vol.8」「舟見倹二・版の軌跡展」、今日からスタートしました。

120.jpg 昨日は急激に冷えて雪まで降り、長岡は今朝も天気が悪かったので、平日の初日、悪天候で来場者がどれくらいあるか心配しながら美術館に向かったのだが、新潟に着いたら見事に「晴れ」。作家のファンのかたの来場もけっこうみられたから、心配は杞憂に終わったよう。とりあえずはなによりといったところだろうか。
左は、美術館の中庭から撮影してみた今日の青空。


下は今回の2展についての記事が掲載された、今朝の新潟日報・文化欄。
122.jpg

ONE Mart EXPRESS 2011 リーフレット


今回、新潟市美術館で開催する「ONE Mart EXPRESS vol.8」と「to ONE Mart EXPRESS 舟見倹二・版の軌跡展」では、2展あわせて「ONE Mart EXPRESS2011」として、展覧会のリーフレットを印刷した。
初の新潟市内開催、とか、2展同時開催というスペシャル的企画ということもあるのだが、回を重ねている展覧会なので、この辺で今までの歩み的なものも振り返っておきたいと思ったので。出展作家11人の紹介をメインにしてまとめているが、そんな思いもあったことから過去の記録的なものも少し交えて編集した。
会場内で無料配布しますので、来場時にお受け取りください。

展覧会は22日(火)から27日(日)まで、
新潟市美術館ギャラリーにて。(24日(木)は休館)

DMには初日22日(火)は11時スタートと、(当日朝に展示調整をする可能性も考慮して)時間をいくぶん遅らせて記載していますが、展示作業は昨日でほぼ終了しているので、通常日と同様に9時半からの入場が可能です。

フェイスブックとふたつの「君と歩いた青春」

facebookのアカウントを持ったはいいのだけど、忙しさにかまけて(やりだすとけっこう熱中してしまいそうだったので)なんら自分からアクションはおこさないできた。でも、どこから聞きつけたのか「お友達」も出来てきたし、展覧会準備も少し区切りがついたことから、今朝は初記事を書いてみる。すぐに反応がくるんですね。


話は変わるが、数日前に「伊勢正三(ギター)と太田裕美(ピアノ、ボーカル)による、君と歩いた青春」を見つけた。
ユーチューブには30年前の同曲のライブ映像もあったから、あわせて掲げてみる。首都圏にいた時分、太田裕美のライブにはよく足を運んだが、この時期とはほんの少しずれている。時期的には「少し」だけど、こんな感じだから相当違うのだけど。



渋谷egg man、1982年。


269.jpg

ONE Mart EXPRESS 2展の作品搬入

昨日は、新潟市美術館ギャラリー「ONE Mart EXPRESS」&「to ONE Mart EXPRESS舟見倹二・版の軌跡展」の作品搬入、展示作業。

119.jpg 作業は午後からだったので、午前中にこの日が最終日のgt.moo gallery「アートウォッチング2011」展に立ち寄ってから向かおうかと当初考えていたのだが、やはり、というかなんというか、準備に手間取りそのような余裕時間は消え去ってしまった。今回は舟見さんの作品全12点と、搬入を頼まれていたSさんの作品も私のほうで運んだから、車に積み込むだけでもかなりの時間。朝5時に起きれればよかったんだけどね。

この日の展示作業は個人的にはとてもハード(自分の作品が準備に手間がかかるものだったことも大きく)だったが、ほぼ時間通りに終え、初顔のひともいるので出展作家同士の自己紹介を兼ねて「自身の作品解説トーク会」までその場で簡単におこなった。
トークは当初の予定にはなく、なんだか手間がかかっている3名(うち一人は私)以外は展示がほとんど出来上がったことから、そこで突然おこなったもの。最終日の27日に本番(?)のギャラリートークをするので、その前哨戦といったところだが、それぞれの考えを聞けてなかなか面白かった。
展示自体も面白いものになったと思うが、とりあえずは展示前(展示作業開始時)の光景を下に。
116.jpg
117.jpg
上の画像がA室の舟見倹二さん。整然と作業をすすめられている。下はB室で、タカハシさんが現場作業でなにやら立体作品をこしらえようとしている。

「ひとつの場」テーマに作品



今朝の読売新聞(新潟版)から。
新潟市美術館ギャラリーで22日から開催する2展について、記事が掲載されています。



ONE Mart EXPRESS Ⅷ
to ONE Mart EXPRESS 舟見倹二・版の軌跡展
会期:11月22日(火)~27日(日)/ただし24日(木)は休館

«  | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR