アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation


faces‐15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現/~5月23日まで〓終了しました〓、ギャラリーみつけ 展示室1&2



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2018年2月4日:
阿部正広
 〓終了しました〓
2018年2月5日~4月8日:舟見倹二 〓終了しました〓
4月9日~6月17日: 外山文彦

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


ジャクソン・ポロック展

456.jpg
生誕100年 ジャクソン・ポロック展
会期:2月10日~5月6日
会場:東京国立近代美術館
http://pollock100.com/

ポロックがきている。
会場が国立「近代」美術館と聞いて、ポロックも近代美術になったのかと一瞬思ってしまったが、他国とは違い、国立の「現代」美術館は日本には無いということに気付いた。

いま東京での展示関係の仕事依頼がきており、これが順調に進めば上京する機会も増えるから、観に行けそうかとは思っている。新国立のセザンヌも観たいんだけどね。

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店続報

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、配管工事の続報です。
今日お店に行き様子を見てきましたが、復旧(再オープン)には少​し時間がかかり、3月10日頃になりそうです。
そのあとカフェギャラリーFATOにも立ち寄ったので、そ​ちらの写真を下に。

■ フェイツコレクションpart2 - 小山まさえ・戸川淳子・中田歩展
453.jpg
展示作品リスト
 

得をしてるっぽい近くの誰か、ではなく

「生きづらさ」を生きる、と冠した雨宮処凛さんのエッセイが、新潟日報紙に時々掲載されているが、24日(金)の紙面で『福島の「内部分裂」』について書かれていた。いつもながら、雨宮さんはうまく(わかりやすく)書けるものだと思いながら読んでいた。


原発事故による「補償」金をめぐっての不公平感が福島のなかで充満しているとのこと。原発近くから(福島県内の他市へ)避難してきた人々が補償金を手にして(放射線量も少なくないのに補償金はそれほど出ないその都市で)酒やパチンコを楽しんでいると批判する地元タクシー運転手の声があるそうな。事業をしていた人にはいくら入ったとか、「だけど○○さんは少なかった」とか、「お金」をめぐって損得のうわさが駆け巡り、多くの人が疑心暗鬼のなかにいるらしい。画像は小さくて見づらいので、肝要なその結びのところだけ引用しておくと、
憎むべきは、「得をしてるっぽい近くの誰か」では決してない。原発という必ず犠牲を必要とするシステムや、それに絡むさまざまな利権、誰も責任を取ろうとしない構図。問題の大本から決して、目をそらしてはいけないと思うのだ。
とある。

この最後の締めは、流石だと思う。
ここからさらにもっと言ってしまえば、利権にあずかっている人たちは「問題の大本から目をそらさせたい」と考えたいから(私がその立場だったらそう思うから)、逆にいえば「憎むべき“誰か”」をかませ犬のように仮想敵に仕立てれば都合がよいことになる。だから最近気になっているのだけど、「東電が悪い!」となんでもかんでも東電の一言で済ませたりするのはちょっと注意が必要のよう。 なんでもかんでも「(放射線に神経質なひとの)風評」に置き換えてしまうのもそうだけど。

SunDay Jump!と2003年のsoco rock sweet art festival

449_20120226171705.jpg SunDay Jump!
会期:2月26日(日)only/ 14:00~20:00
会場:音楽食堂 【長岡市】


長岡造形大を卒業したばかりのKさんがライブ音楽に自身の写真展示などを交えたイベント(SunDay Jump!)をやると聞いて、2003年に長岡造形大生がおこなった「アートと音楽の」イベントを思い出した。双方のイベントにはそもそも関係などなく、形態も相当異なるはずなのだが、音楽とアートだとか、長岡造形大だとか、会場がともに長岡駅にほど近い地下だとか、同じキーワードが散見されるからかもしれないし、あるいはなにか通ずる「におい」みたいなものがあるからなのか。
まぁそれはともかくとして、2003年のときは、作品がいいとか悪いとかそういうことではないところで意味があると思ったから、新潟日報紙に美術時評としてレビューも書いている。思い出しついでに古いスクラップファイルまで取り出してきたから、以下、少し転載して。

美術時評
  アングラな魅力十分 長岡造形大生ら/音楽とアートの祭典
  2003年3月26日、新潟日報文化欄
450.jpg
長岡造形大学の現役学生が主催し、長岡駅近くのホールやライブハウスなど三会場で「音楽とアートの祭典 SOCO ROCK SWEET ART FESTIVAL 2003」と銘打った意欲的なグループ展が3月17日から3日間開催された。
アート展示の主会場となった“ながおか市民センター”は、閉店したスーパーを改装した場所。その地下をさらにイベントホール化したのだが、改装にコストをかけてないので以前の面影も若干残している。本展では会場がおのずと持つ廃墟ともいうべき磁力を利用して「倉庫のような」展示空間を構成しており、新鮮な魅力を演出していた。
出展者は長岡造形大の学生やOBのほか市内在住の同年代のクリエイターなど。照明をおとした薄暗い地下空間、細かく区切られたブースの中でイラストや絵画など個々の小作品が並ぶほか、金属工芸を専攻する学生による大型の鋳金のオブジェや映像作品がうかびあがり、その空間はまさにアングラな魅力に溢れていた。
ただ「個」を見るとアートとして   ……
と続くのだが、以下は省略。

ただ、書きながら気付いたのですが、文中の「廃墟」という言葉がいま読むとちょっとわかりづらいかも。なので念のため追記しておくと、この展覧会の少し前に、それまで使われていなかった地下が「イベントホール」という名称にたしかなったのですが、まだほとんど誰も使わず(使えず?)、下見に行っても「えっ、これで展示場なの?(昔のそのままじゃん)」という感じでした。今でこそいろいろ使われるようになったので(そういえば、マイスキップ100号記念展もここでした)今はそうも思わないのでしょうが。
  451_20120226202728.jpg  おまけ(廃墟という感じは今はしないイベントホール)

まちなかキャンパス 田中翠恵展

高校生の田中翠恵さんの作品展示がなされていると案内をいただいたので、“まちなかキャンパス”に。会場は大手通りに新しく出来た「フェニックス大手イースト」の4階、広くて明るい自習(?)スペースの一角にある展示コーナー。行ったのは平日の夕方で、そもそもキャンパスというくらいだからか、勉強する高校生たちが沢山いた。
446.jpg
作品展には小学生のときに描いた油絵も展示されていて興味をそそられた。一見わかりやすそうな最近の作風よりも個人的には「わかる」感じがしたからアートというのは面白いところ。市内企業のポスターに使われるなど活躍の場が広がっているのはなにより。

田中翠恵展inまちキャン
会期:2月13日~25日
会場:まちなかキャンパス長岡

蕎麦×アート 会期変更のお知らせ

アート展示をしている長岡小嶋屋CoCoLo長岡店ですが、床下で建物の水道管関係のトラブルが見つかったため、床をドリルで掘り修復中です。
現在そのため店の営業が出来ない状態になっております。復旧は少し先になりそう(今月中は無理そう)ですので、展示中の「渡辺亮一展」については予定会期を数日残してはいますが、終了とさせていただきました。3月1日からとしていた次の「外山文彦展」については復旧後のスタートとなりますので、始まりましたら本ブログにて再度お知らせしたいと思います。

予定していたかたには申し訳ありませんが、建物設備の突然のアクシデントということですので、ご了解をお願いいたします。

100%セザンヌ展

443_20120221090053.jpg 100%と言えばオレンジジュースかそれとも“勇気”かと、即座に頭に浮かんでしまったのだが、ここでの100%はセザンヌである。展覧会のキャッチコピーはそのまま“100%”、だそうな。

現存作品数の極端に少ないフェルメールなどは「フェルメール展」とうたっていても本人より「周辺の画家」の作品が多かったりするし、巨匠画家の大規模展でも同時代画家の作品などを交えて紹介することはままある。だが、ここでは出品作品全てがセザンヌということで、じゃあそれをそのままストレートに売り出してキャッチコピーに、というわけなのだそうだ。

世界8カ国の約40の美術館から作品を集めての、「過去最大級」のセザンヌ展となるらしい。国立新美術館開館5周年記念展。
440.jpg
国立新美術館開館5周年
セザンヌ   ―パリとプロヴァンス―
“Cézanne.Paris-Provence”
会期:3月28日(水)〜 6月11日(月) /毎週火曜日休館(ただし5月1日は開館)
会場:国立新美術館

 | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR