アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 1234567891011121314151617181920212223242526272829 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡小嶋屋CoCoLo長岡店続報

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、配管工事の続報です。
今日お店に行き様子を見てきましたが、復旧(再オープン)には少​し時間がかかり、3月10日頃になりそうです。
そのあとカフェギャラリーFATOにも立ち寄ったので、そ​ちらの写真を下に。

■ フェイツコレクションpart2 - 小山まさえ・戸川淳子・中田歩展
453.jpg
展示作品リスト
 

得をしてるっぽい近くの誰か、ではなく

「生きづらさ」を生きる、と冠した雨宮処凛さんのエッセイが、新潟日報紙に時々掲載されているが、24日(金)の紙面で『福島の「内部分裂」』について書かれていた。いつもながら、雨宮さんはうまく(わかりやすく)書けるものだと思いながら読んでいた。


原発事故による「補償」金をめぐっての不公平感が福島のなかで充満しているとのこと。原発近くから(福島県内の他市へ)避難してきた人々が補償金を手にして(放射線量も少なくないのに補償金はそれほど出ないその都市で)酒やパチンコを楽しんでいると批判する地元タクシー運転手の声があるそうな。事業をしていた人にはいくら入ったとか、「だけど○○さんは少なかった」とか、「お金」をめぐって損得のうわさが駆け巡り、多くの人が疑心暗鬼のなかにいるらしい。画像は小さくて見づらいので、肝要なその結びのところだけ引用しておくと、
憎むべきは、「得をしてるっぽい近くの誰か」では決してない。原発という必ず犠牲を必要とするシステムや、それに絡むさまざまな利権、誰も責任を取ろうとしない構図。問題の大本から決して、目をそらしてはいけないと思うのだ。
とある。

この最後の締めは、流石だと思う。
ここからさらにもっと言ってしまえば、利権にあずかっている人たちは「問題の大本から目をそらさせたい」と考えたいから(私がその立場だったらそう思うから)、逆にいえば「憎むべき“誰か”」をかませ犬のように仮想敵に仕立てれば都合がよいことになる。だから最近気になっているのだけど、「東電が悪い!」となんでもかんでも東電の一言で済ませたりするのはちょっと注意が必要のよう。 なんでもかんでも「(放射線に神経質なひとの)風評」に置き換えてしまうのもそうだけど。

 | ホーム | 

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR