アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2018年2月4日:
阿部正広
 〓終了しました〓
2018年2月5日~ 舟見倹二

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/吉田勝幸(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


信田俊郎展 at 新潟絵屋

他用もあって今日は午後から新潟市内に。帰路は、絵屋で今日まで開催していた信田俊郎展にギリギリ立ち寄れた。信田さんは今週土曜まで「長岡小嶋屋・銀座ニューメルサ店」で水彩作品を展示中であるが、こちらでは油彩とオイルパステルの「油」系。展示構成は大倉宏さん。
1-153.jpg
1-152.jpg
1-154.jpg
信田俊郎展
会期:5月22日~30日/会場:新潟絵屋

城内町のガトウ専科と西脇順三郎展の予告

洋菓子店「ガトウ専科」の城内町店が閉店となったようですね。
下は昨日通りかがりに撮影した、トラック横付けで什器を搬出しているところ。

コンクリート打ち放し外壁に円形アール部分という外観の特徴に、洋風街燈なんぞもあって目立つ雰囲気だった。16年と長きにわたる営業でわかりやすい存在だったから、この界隈の「目印」にちょうどよく、すぐ近くの会場でのDM用地図を作る際にも活用していたんだけどね。
移転というわけではなく、城内町店自体なくなるようだ。駅の南側に特化した大手スカイデッキの完成で、駅の軸が少し移動した(感もある)ことも影響があるのかどうか。
1-147.jpg

1-146_20120530121715.jpg
隣の西川ビル入口には、予告として「没後30年・西脇順三郎展」の案内看板が早くも立っていた。


おまけ:
ガトウ専科HPをみたら、まだ削除されていなかったのでキャプチャーを。 1-157.jpg

「この空の花―長岡花火物語」資料・パネル展

1-149.jpg
1-151_20120530024656.jpg CoCoLo長岡2階のイベントホールで「この空の花―長岡花火物語」の資料展示がおこなわれている。 あいにく見てなかったが、これまでアオーレ長岡、T・ジョイ長岡ロビー、国営越後丘陵公園など、市内各所で巡回展がなされていたらしい。

映画「この空の花」パネル展
会期:5月23日(水)〜5月31日(木)
会場:CoCoLo長岡店 2階イベントホール

長岡小嶋屋銀座店 信田俊郎展の過去ログと次回柴山展の情報

先月下旬から新しく店内展示企画をスタートした、長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」から。
1-138.jpg

1-137.jpg

現在展示されている、この信田俊郎作品(展示企画スタート展)については今週土曜(6月2日)までの展示となります。
ただ、チラシ等にはそう記載していますが、3日(日)の午後に次の展示作品に入れ替えることになりましたので、厳密にいいますと3日のランチ時までは信田作品を飾っています(14時くらいまでは確実に)。ギリギリ間に合うか?という問い合わせもありますので、念のため記しておきました。



信田俊郎展 過去ログのまとめ
展示案内 /   ■展示作品リスト/   ■店内風景
■番外編:信田作品を背景に、長岡小嶋屋の生ビール&オリジナルカクテル



さて、次回展示作家の柴山さんには​、前にも書きましたが「新潟の蕎麦の店だから新潟にちなんだ絵」の制作も今回展示用にお願いしています。展覧会のチラシには長岡出身とされる井上井月の俳句から描いた作品を掲載していますが、そのほか新しく、長岡花火の絵​も追加で描かれました。長岡花火大会開催(8月2日3日)と重なる「パート1」展で展示します。

■ 柴山明子墨彩画展 パート1/6月4日(月)~8月18日(土)
    長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店
    http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1284.html

1-001.jpg

ロイヤルパーク汐留タワーのドリームルームと作品展示

1-140.jpg 汐留シオサイトの「汐留タワー」内(24~38階)に、ロイヤルパーク汐留タワーというホテルがあります。デラックスツインのなかに「ドリームルーム」という部屋(&宿泊プラン)があるのですが、その部屋の作品展示に参画することになっています。


ドリームルームとは、ホテルHPを見ると『ビューティー&ヘルスケアから心地よい眠りまで、女性のライフスタイルをサポートする各メーカーの魅力的なこだわり商品を、デラックスツインルームに宿泊しながら体感していただくことができる大好評のプラン』とあります。要は、いくつかの商品やサンプルが置かれていて実際に試せるようになっているのですが、同プランとして客室一角にアートが1点飾られることになっており、今回そこに展示するというわけ。 少し前に「東京のとある高層ホテルに同CANVASシリーズを展示することが決まり…」と書いていたのはこのことで、来月6月1日から8月末日の3か月間、当該シリーズがドリームルーム全室に展示されることになっています。
客室内なのでつまりは宿泊しないと見れないのですが、このプランはデラックスツインとするとかなり格安に価格設定されていて、お得感もありますので、夏休みなど東京で宿泊計画がある際には検討してみては、といったところでしょうか。

 ロイヤルパーク汐留タワー
    東京都港区東新橋1-6-3
「ドリームルーム」宿泊プラン   http://www.rps-tower.co.jp/stay/plan/plan_detail.php?co_id=1272601205&tab=5



ちなみに、現在(5月末日まで)のドリームルームには、小嶋屋銀座店で次回展示することになっている柴山明子さんの作品が飾られています。
下の画像は、大きな窓でよく見える客室からの夜景と、細かいところがよく見えないのですが、柴山さんの「ココロの手紙」シリーズ。
1-141.jpg

7月のエックス展vol.3と、水と土の芸術祭

2年前から始めた「エックス展~若きクリエイターたちの自由表現」を、今年は7月に開催することになっている。タイトル通り若いクリエイターを取りあげようという企画で、今回の出展は14名。初参加となる新しい作家が増えている。
会場は昨年と同様、新潟市美術館ギャラリーB室で、会期は7月14日(土)~16日(月・祝)の3連休、3日間。詳しくは後日アップしますが、この3連休、新潟市内ではちょうど「水と土の芸術祭」もスタートするようだ。

1-139.jpg

山下画伯とさよなら人類

昨日の朝日新聞・書評欄。山下清が取りあげられていた。
1-134.jpg

太陽の地図帖 山下清の放浪地図 (別冊太陽 太陽の地図帖 13) [ムック]
山下浩 (監修)/¥ 1,260


朝日新聞の記事の冒頭には「生誕90年にして、没後41年。あの山下清も、若い世代の中には知らない人がいるかもしれない」とある。そういえば、いま公開中の長岡映画「この空の花」では山下清も登場していて、「たま」の石川浩司氏が演じていた。
http://www.niigata-nippo.co.jp/feature/konosoranohana/34027.html

“たまの石川”といっても、大ヒット曲「さよなら人類」で1990年に社会的ムーブメントまで巻き起こし紅白歌合戦にも出場したことなぞ若い世代は知らないかも?…と考えていたのだが、この記事を見て、そうか、山下清自体も知らないのか、といったことを思った。実際のところ、どうなのだろうか。 『ドラマなどで、(山下清は)人なつっこくて純粋なイメージが定着したが、一方でその作品を正面から見ることを怠ってきたのではないか。…知名度がありすぎたゆえに、絵画史上もっとも過小評価されてきたひとり』というもっともな指摘はさておいて、最初にそちらのほうを思ってしまった次第。

ということで、たまの「さよなら人類」を。ユーチューブで見つけたオリジナル版である。 http://youtu.be/hw7oAFoddiE
オリジナルバージョンゆえか、いま聴くと、なんでこんなにマニアックな曲が国民的大ヒットをとばしたのかと思ってしまう。この曲のあと、すぐにテレビから消えてしまった記憶があったが、いま振り返って調べると特に一発屋というわけでもなく、クレバーに自分たちの立ち位置を見極め、志向する音楽性を大切にして活動を続けていたらしい。
言わずもがなだが、ドラムをたたくランニングシャツのかたが山下清役の石川氏である。



おまけ:山下画伯も登場する、映画「この空の花」の予告バージョン

舟見倹二展 at 長岡小嶋屋

1-133.jpg
あまり鮮明に撮れてはいないのですが、長岡小嶋屋(CoCoLo長岡店)の店内展示風景。舟見倹二さんのシルクスクリーン版画7点を現在展示中です。
下は当該展示が案内された、この土曜日の朝日新聞(新潟版)ガイド欄。

 | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR