アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


スタートした舟見倹二展

小嶋屋CoCoLo 018
長岡小嶋屋(CoCoLo長岡店)の店内展示、昨日から舟見倹二作品に替わりました。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1269.html

長岡駅東口の変遷

031.jpg
昨日撮影した、長岡駅「東口」である。
特に変わった光景があるわけではないが、マイスキップの5月号でこの東口を取り上げたので、ちょうど通りがかりに撮ってみたもの。紙面では、長岡駅東口の特集をおこなっており、1980年代の再開発の前後から現在に至る変遷を取りあげている。

「アオーレ長岡」効果で長岡駅周辺は賑わっている、らしい、とよく耳にするし、また、マイスキップ紙でアオーレ長岡に関した特集はやらないのかと問い合わせも受けた。ペデストリアンデッキ(大手スカイデッキと名称変更したようですね)とアオーレと大型建造物の完成がたてつづき、たしかにいま長岡は駅前アオーレがブームのようだから、紙面ではその辺を特集すると一見よさそうにはみえる。実際、すかさず「アオーレ周辺の飲食店マップ」を作成したフリーペーパーもあったが、マイスキップでそれをやるにはなんだかストレートすぎるから、マイスキップ的にはさてどうしようと思っていた。

そこで視点を反転させ、駅前は駅前でも「東口」としてみた次第。
ペデストリアンデッキ自体、40年前に構想された「駅前広場全体を広く覆うもの」とは異なり、駅前広場全体からするといわば南側に特化してアオーレと大手通りと駅とを結ぶ。だからその完成でなにが大きく変わったかというと、市役所(アオーレ)が駅に直結したことを除けば、おそらく「駅東口から大手通りやアオーレへ一直線に結ばれ、東側からの往来が飛躍的に便利になった」ことが筆頭だろう。東口の立ち位置が大きく変わったということで、つまりはアオーレブームをにらみつつも少し視点を変え、“だから、いま”あえて「東口」、しかもその歴史というか現在までの流れを追おうという特集となったわけである。

もともと長岡駅やその周辺の変遷については個人的な興味も大きく、これまで何度か紙面で取り上げてきた。 「特集:長岡駅をめぐる風景」(2010年12月号)では過去3代にわたる長岡駅舎の歴史を紹介し、「特集:長岡駅前広場の変遷」(2011年10月号)では1970~80年代の大手口広場の開発の変遷をたどっている。その第3弾という意味合いも勿論ある。2010年の特集は現長岡駅舎「築30周年」の年にあわせ、資料も充実させた大型企画だったのだが、築30年をテーマにしたセールやイベントさえ巷間あまりなかったようで、検証は特にしてないがそこを突いて大きく取り上げたのはマイスキップだけだったかも知れぬ。 今回も同じように「大きな意味がありながらも、他の人がなかなか気付かない視点」で東口を狙ってみたわけである。
個人的にはこれまで知らなかった部分が明解になり、企画担当者とするといささか手前みそではあるが、よく出来た特集だと思っている。記事原稿と写真は前2回の特集と同様、執筆が建築技術者のKさん、写真提供が市内在住Nさんである。

 | ホーム | 

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR