アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


バッグと小物展 at デイジー

近く発行予定の「マイスキップ10月号」のイベント案内欄に、カフェ・デイジーから届いていた作品展を載せました。ちょうど1か月先の話なのでここに記載するにはちょっと早いかもですが、とりいそぎ以下、マイスキップの原稿から抜粋して。

1-436_20120921182353.jpeg


「三人三色」バッグと小物展
会期:10月24日(水)~11月4日(日) /火曜定休
11:30~15:00、18:00~22:00
会場:カレー&カフェ・daisy 【長岡市】


3人の作り手が異なる素材で作りあげたバッグと小物による展示会。あけびのつるを丁寧に編み上げたもの。長く使うほどに味わいを増す革、ナチュラルな風合いの麻やウールなど。

原信の新店舗とまだオープンしないコメリパワー

1-439.jpg
長岡の国道8号線沿い、かつて専売公社JTがあったところに、原信とコメリを核として新しいショッピングゾーンを建設中。そのなかで21日に原信が先行オープンしたよう。

1-438_20120923095804.jpg
個人的には「コメリパワー」に大きな期待をしているのだけど、こちらのほうはまだ建設(仕上げ)途上で工事業者の車が並んでいた。

大きな期待というのは、ありていにいって、よく使うからである。
アート制作のときの材料調達には、昔は画材店だったけど、いまの材料はペンキや鉄板、角材などだから、ホームセンター利用が圧倒的になる。長岡では「ムサシ」が一番大きく、そこを使うことが多いのだけど、正直なところ(店内のレイアウト変更を頻繁におこないすぎるなど)使いづらい点が多くて、よく使いながらもあんまり好きになれないでいた。市内にはコメリの大型店はなかったから、その点でも期待大なのである。

柴山明子10月の都内3展

1-433.jpg 長岡小嶋屋「銀座店」で現在展示している画家・柴山明子さんの、来月の展示情報を速報で。

来月は都内の他2箇所での展示が加わり、小嶋屋銀座店を含めて3会場での作品展示となるのこと。加わったのはバーとカフェギャラリーだから、いずれも、  とともに楽しめるよう。





1-430.jpg
1-429.jpg
1-431-a-shibayama.jpg

上から、10月1日~30日(二人展)/Caffe e bar U_U(茗荷谷)
10月1日~31日/walk in bar MOD(銀座3丁目)
~10月27日まで/長岡小嶋屋・銀座ニューメルサ店(銀座5丁目)

速報ということで休廊日や時間等、細かくは割愛してますのでご確認(ご容赦)のほど。右上の画像は長岡小嶋屋銀座店で展示中の作品で、下も同店から。へぎ蕎麦を食べようとしている作家本人(顔が写っておらずすみません)です。

1-432.jpg

辰野登恵子・柴田敏雄二人展とメタファーとシンボル展

1-419.jpg
「抽象化」考える契機に、だそうだ。
1週間くらい前だったか、少し前の新潟日報に掲載されていた、国立新美術館、辰野登恵子&柴田敏雄二人展の紹介記事である。へぇ~と思いながらも、忙しすぎていたようですっかりアップできないでいた。
観に行きたいと思ったのだが、小嶋屋銀座店絡みの次の上京は10月28日と決まっていて、それには会期が微妙にずれてるのが惜しいというかなんというか。

国立新美術館開館5周年
与えられた形象―辰野登恵子/柴田敏雄

会期:8月8日(水)~ 10月22日(月)/火曜休館
会場:国立新美術館 企画展示室2E(東京・六本木)


辰野さんの作品を初めて見たのは、1984年東京国立近代美術館で開催された「メタファーとシンボル」展。20人くらいの若手作家が出展しての企画展で、初めて接した辰野さんの作品に猛烈に魅かれてしまった記憶がある。当時はまだ学生で、現代アートの作品なぞは作ってなかったし、そういう世界もよく知らなかったのだけど。

当時のカタログも手元にある。なので書庫から引っ張り出してきた。企画趣旨の一部分を抜粋しておくと
『この展覧会は、こうした観点から(※どうした観点かは省略)、近年ますますその重要性を再認識されつつある〈メタファー〉(隠喩)と〈シンボル〉(象徴)というふたつの基本的な表現の方法を基軸に今日の美術の本質の一端を垣間みようとするものです。そこで、このふたつの表現の方法をもとに、より先鋭的な試みをつづける若い作家たちの代表として、イギリス、フランス、イタリア、西ドイツ、アメリカの5か国から15名、さらに日本から7名を選び、彼らの最新作51点を展示することにより、…(以下、省略)』。
要は、先鋭的な試みの国内外若手作家22名をセレクトしたということで、“現代美術への視点”とサブタイトルも。


ちなみにそのころ使っていた実家の自室は、いまは誰も使っておらず10年以上前から作品倉庫にとなっているのだけど、壁には同展のポスターがいまだ貼られている。ただ単に、(いまは倉庫だから)剥がすのも忘れきっているだけかもしれないが。
手前の、1988年の「VSアート」展のポスターもそのまま。貴重品だらうか。
1-418.jpg

水澤淑展と秋のおすすめメニュー

1-425.jpg

1-426.jpg
長岡小嶋屋CoCoLo長岡店、水澤淑展の展示風景(作品入れ替え後の後半展)を。
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1379.html


また、同店・秋のおすすめメニューは、津南産舞茸使用の「きのこ汁そば」。10月末日頃までの季節限定メニューです。

1-424.jpg

長岡駅前の長崎屋跡地



1-422-a.jpg 後ろにすぐ長岡駅がある駅前の一等地。かつて長崎屋のあったところ。
同店閉店後は更地化され駐車場にとなっていたが、先月末日をもって駐車場は閉鎖され、なにやら現在工事中のもよう。とりあえず通りかがりに写真を撮ってみた。


マイスキップで昨年特集した記事「長岡駅前広場の変遷」を見てみたら、長崎屋の閉店は1995年。 イメージとするともっと昔のことと思えたのだけど、それほど大昔でもないようだ。下は当該マイスキップ特集面から、写真は1982年の長崎屋。ちょうど30年前、最盛期の頃だろうか。
1-427.jpg

作成中の長岡小嶋屋次回展示DM

1-421.jpg 長岡小嶋屋の展示DMが11月から新しく切り替わることから、その展示案内を作成中。「CoCoLo長岡店」も「銀座ニューメルサ店」も、両店とも。

とりいそぎ右に「銀座ニューメルサ店」の次回案内を。now printing!である。


“蕎麦×アート” 店内展示予定
 長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店
~10月27日(現在展示中)柴山明子 墨彩画展
10月29日~2013年1月3日 :島倉哲郎展
2013年1月 4日~3月31日  :吉川弘展

 長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店
~10月31日(現在展示中)水澤淑 パステル画展
11月1日~2013年1月15日 :笹川春艸 墨画展
2013年1月16日~3月31日 :真島若桜 きり絵展

マイスキップ企画面と大学生紙上写真展

月刊マイスキップ10月号の編集がすすんでいる。最終校正のため今朝は編集部に。


今号の企画特集面では、 長岡造形大の写真専攻4年生のゼミで「長岡」をテーマに撮影を課したというので、そこから4学生をセレクトして紙上写真展的に取りあげた。久々の企画面担当である。

水澤淑展の展示入替と笹川春艸展と玉川勝之展

昨日のことを、備忘録的に。
長岡小嶋屋「CoCoLo長岡店」開催中の水澤淑展は会期の真ん中で全作品の入替をすることになっており、まずはその作業。この日は予定がいささか詰まっており、いつもより早く朝8時前に行って作業させてもらい、そのあとすぐさま上越市(直江津)に。
直江津へは、長岡小嶋屋で次回11月からの展示を依頼している水墨画家・笹川春艸さんが個展をしているため。小嶋屋展の打ち合わせもあり、それを兼ねての訪問である。 帰路は海岸沿い国道8号をひたすら走り、途中柏崎で游文舎「玉川勝之展」に。


水澤淑展の作品入替後の展示風景をアップしたいところだったが、(この日は時間の関係で撮れなかったので)後日ということにして、玉川勝之展の展示風景を下に。この角度の写真だけだと唐突に見えかねない「右の椅子」も、“作品”である。
1-412.jpg

1-413_20120915080744.jpg
1-415a.jpg
水澤淑展「華」
会期:~10月31日(水)まで/無休
会場:長岡小嶋屋CoCoLo長岡店
前半展の展示風景

笹川春艸墨画作品展
会期:9月12日(水)~21日(金)
会場:イトーヨーカドー(直江津店)・エルマール「イベント広場」 【上越市】

like a mirror 玉川勝之展
会期:9月8日(土)~16日(日)
会場:游文舎【柏崎市】
1-414.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR