アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 銀座店DM

1-443.jpg
長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」、次の展示案内のチラシが刷り上がりました。



現在の同店では、柴山明子墨彩画展を開催中(10月27日まで)。
  【展示風景】 【展示作品リスト
次回、10月29日(月)から島倉哲郎展(油彩、水彩)となります。

10年目の再会

1970年代、爆発的にヒットしたテレピドラマ「俺たちの旅」は、その後10年スパンで、「10年目の再会」「20年目の選択」「30年目の運命」というスペシャル版の続編を3回作っている。昔みた(はずの)テレビドラマを、ときどきムショウに見たくなることがあり、アマゾンでDVDが安く出ていたりすると興味をよくそそられる。
ただ、一般論でいうと、大ヒットしたドラマの続編というのはただ懐かさだけで面白くないことも多く、また、当時に三作全部みたかどうかは定かでないし見たとしてもストーリーなどすっかり忘れているのだけど、「なんだか面白くなかった」という印象は記憶として残っていた。それが何年目の回なのかももうわからないが、だから、見たいと突発的に思うことがあっても、購入するにはちょっと二の足をふんでいた。

で、いまBSジャパンで再放送をしているのをうまい具合に見つけた。
これ幸いと、先週録画した「10年目の再会」をまず見てみたのだが、これがなんというか驚きで、出来がものすごくよいのである。「(懐かしいその名前だけで)視聴率もとれるから」と、安易にやろうと思えばかつての映像を適当にコラージュしてちりばめればいくらでも出来てしまうが、そうではなく、10年の時をふまえてしっかり描ききるという脚本家・鎌田敏夫の渾身の一作のよう。

ストーリーについては、こちらのGrooveさんのブログを参照。ちなみにそこでは「この2人の女性(=金沢碧と永島暎子)の人生の悲哀が特に描かれて印象的」と書かれている。
ふたりとも「好きなひとと(自ら決心して)別れる」のだけど、心情がそれぞれ微妙にリンクし、かつ対比されながら実に細かく描かれる。なによりも、「母親」と「女」との間を揺れ動く永島暎子の演技っぷりは圧巻で、名前は知っていた(日活出身の女優さんのようですね)もののあまり気にすることがなかったが、一発でファンになった感。永島の別れは表面的、クールに装われる。金沢とは対照的である。

1-440.jpg

ネット上に出ていたビデオのパッケージを見たら、中村雅俊、田中健、秋野太作の3人が並んでいる。たしかに「俺たちの旅」シリーズといえばこの3人なのだが、この作品に限っていえば、10年前といまとをつなぐ役割も兼ねいい味をだしてた岡田奈々とあわせ、中心になっているのは金沢、永島のむしろ女性3人なのだと(エンディングの5分前まで)思っていた。

物語の最後は、(永島と一緒に生活していたため)その間失踪していた田中健が奥さんのところに帰るシーンで、夫人役に左時枝。 田中健の夫人役といっても(10年前のレギュラーシーズンでは結婚していなかったわけだから)この「10年目の再会」が初登場で、冒頭に能天気な明るさでひたすら喋る奥さんとして登場しただけ。だから5分前までは、てっきりチョイ役だとばかり思っていたが、実は最後のシーンを締める大役であった。
冒頭のごく短い出演のなかでは人一倍喋りまくっていたのに、エンディングの場面は一転無言。ここも対照的である。ラスト1分くらいを表情とわずかなしぐさのみですべて表現し、印象に強く残させる。物語の根幹には、もうひとり女性がしっかりいたようだ。

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR