アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


失望と厚顔の政治状況と阿武隈共和国独立宣言

1-472.jpg 昨日の新潟日報では、文芸評論家の斎藤美奈子さんが書かれた「現論」コーナーが目についた。

冒頭、「たいへん刺激的かつ挑発的な小説を読んだ」と、村雲司「阿武隈共和国独立宣言」が挙げられる。福島第1原発の事故で「帰宅困難地域」に指定された福島県相馬郡阿武隈村(実在しない架空の村)の老人たちが、日本政府に抗議して独立を宣言するという物語、らしい。もちろんフィクションではあるが、物語は現在進行形の現実ともリンクする。そこで、阿武隈村が見限った日本国の現実はどうなのだろう?と問いかけたのが、この論考である。

全文転載するわけにもいかないので、興味あるかたは該当紙を読んでください、ということになるのだが、きわめてわかりやすく「失望と厚顔の(現在の)政治状況」を論じている。失望は民主党、厚顔は自民党。どっちを向いてもナンダカなぁ~というのは、先の互いの党首選やらなんやら見たり聞いたりしてても、そう私にも思えていた。
小説のなかの阿武隈村が独立するのは来年の3月11日だそうな。論考は「どっちを向いても絶望的な政治状況の中、(阿武隈村が独立する)半年後の日本には、脱原発を議論できる雰囲気がまだ残っているだろうか」で結ばれている。



この本は読んでみたいと思う。


■2012.10.08 追記
著作権等々難しい問題もあるし、それを避けて文脈をうまくまとめるのも時間がかかるし技術もいるし難しいしで、上では「興味あるかたは該当紙を読んで」と軽く書いたのだけど、 田中康夫氏がブログで『「日本の美しい海、領土が侵されようとしている」と絶叫する政事屋は、「日本の海と国土は、外敵以前に放射能で侵されている」危機的な状況を見極めるセンスも欠落している、と斎藤嬢は慨嘆』とまとめられていた。うまいもの。

元・外務官僚の天木直人氏が書いた「政治に関する世論調査の馬鹿馬鹿しさ」も、同じ視点でとらえられる気がする。

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR