アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


丸谷才一と男のポケットと5回コールドゲーム


つい先日、エドガー・アラン・ポーについて書いたとき、試しにアマゾンを見てみたら、丸谷才一の訳書が出ていると気付いた。さっそくそれも一昨日のブログに書いたのだが、偶然というのかなんというのか、そうした符合は恐ろしいもので、氏は昨日お亡くなりになったとのこと。一昨日の昨日だから、書いた自分自身もびっくりというわけである。

氏の本は、大学生のころ小説やらエッセイやらとめったやたらと読んでいて、うまい文章を書けるものだとずっと思っていた。最近、たまにブログで「○○だろうか?」と言うところを「○○だらうか」と、「ら」に替えて書くことが時々あったのだけど、実をいえばこれは氏の文体の マネ 影響である。こういう言いかた、よくされていたからね。
1-510.jpg

本日の新潟日報では死去のニュースをかなり大きく扱っている。
それもそのはず、新潟出身ではないものの、新潟高校の出身だったよう。今まで知らずにいたのだけど。

1-508_20121014194044.jpg
芥川賞を受賞した「年の残り」という小説を学生時に読み、ストーリーやらなにやらすべて忘れてしまったが、そのころ友人らに「これすごくいいよ」と薦めていた記憶だけある。追悼で読もうと思い本棚の奥を探したものの、その本は見当たらず、代わりに出てきたのが「男のポケット」と題したエッセイ集。新潮文庫である。カバーもなければ、絵の具で汚れていたりする。ボロボロ。でも、少し読み返してみたらすごく面白く、ちょっとハマってしまった。10年以上、丸谷才一からはすっかり離れていたのだけど。
原稿用紙にしておそらく3枚くらいだと思うのだけど、その程度の短文の集まり。エッセイというものはなんてことのないことを書くものだけど、なんてことないことを書きつつ、さらに短い文章であるのに、ちゃんとオチをつくれるところなんか、すごいもの。


1-507.jpg
さて、今日の新潟日報からもうひとつ。
話題は全く変わるが、北信越高校野球大会。来春の選抜大会の「予選」的意味合いの大会が開催中であるが、新潟県第一代表として臨んだ日本文理高校が0対15で敗れたとのこと。ラグビーぢゃあないんだし、野球でこんなスコアがあるんだね、という大差である。もちろん9回までやらせてもらえず、「もう勝負あった!!」ということで5回で打ち切り、専門用語でいう「5回コールドゲーム」である。

まぁスポーツなのだから、勝ちがあれば負けもあるさで、そう気にしてはいけないのだけど、ただ、新聞に出ていた大井道夫監督の「完敗。打撃を含めて力負け。焦りもあったかな」なる談話を聞いて、正直がっかりはした。なんだか人ごと、というか、評論家的というか、「焦り」とかいう選手の精神面のほうに責任を持っていっちゃっている。これぢゃあ、救われないんぢゃないか。
県外からの野球留学生も多く抱え、新潟県大会では圧勝したチーム。「力負け」とはそのまま素直には捉えられず、私見ではここまでの負け方をするのは調整ミス、つまりは指導陣の責任が断然大きいし、むしろそれしかないと思うのだけど。

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR