アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


本願寺新潟別院と杉澤利平の碑

1-514.jpg 1-515paint.jpg
本願寺の新潟別院が与板にある。

次号のマイスキップの企画面を担当していて、ここでの写真が必要だったので撮りに行ってきた。記事の企画自体は、特に「別院」にスポットをあてたわけではないけれど。
NHKの天地人を機に(おそらく)建てられただろう観光施設が隣接していて、そちらは道路からも案内が大きく出ていて目立つのだけど、この別院はやけに静かなたたずまい。
本願寺の別院といえば新潟ではここだけの由緒ある建物だし、もっとアピールすればと最初は思ったが、まぁふつうに地元の人間が訪れるには(妙な観光化をせずに)これくらいがよさそうか。入口には長い解説書きもある。
1-517.jpg

新潟別院の山門をくぐると、「侠客・杉澤利平」と書かれた高さ3メートルくらいの大きな碑が左手にあるのだが、今回のマイスキップではそれを取りあげている。

「侠客」とは、ウィキによれば「封建体制における無法者・ヤクザが自らの存在を正当化する場合に用いた自称」とのこと。碑なるものは言ってみればどこにもあるから、それ自体は特に珍しいわけでもないが、「侠客」とわざわざ書かれていて、なぜ侠客が碑になるか?となると珍しさも増す。ということで、今回はその謎を追ったというわけである。
私が「追った」みたいな口ぶりだが、正確にいえば長岡在住文筆家のSさんが調べあげての執筆。私は編集側の企画担当、つまるところ記事制作に関わる雑務作業役で、アンド写真撮影係である。
現在校正段階だが、なかなか面白く、興味をひくまとめかたが出来たのではないかと思っている。

杉澤利平なる名前は、ひょっとするとちょっとマニアックなのかもしれないが、与板町の明治・大正時代における土木事業の先駆者で、大河津分水の大工事などに「杉澤組・組長」として関わっている。町へ貢献した功績がしっかりあるからこそ碑になっている、とも言えるわけである。


同記事掲載のマイスキップ11月号は、今月末くらいに発行される見込み(予想)です。お楽しみに。

 | ホーム | 

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR