アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


太田裕美のセクシィ

下田逸郎作詩作曲の「セクシィ」を、太田裕美も歌っていたとは知らなかった。
http://youtu.be/qAI13Mr4s_o

元々は石川セリのシングルヒット曲。それが1975年だから約40年も前で、リアルタイムでは私は知らない。太田裕美バージョンは90年代中頃、どうやら焼酎メーカーのCMソング用にと収録されたみたいだけど、結局オンエアはされなかったみたい。

吉川弘展 at 長岡小嶋屋・銀座ニューメルサ店

銀座「長岡小嶋屋」の店内展示(蕎麦×アート)、次回 〓2013年・第1弾企画〓 の展示案内です。



銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.04
吉川 弘  展

会期:2013年1月4日(金)~3月31日(日)3月28日(木) ※ 会期変更になりました
休館日:2月18日(月)、19日(火)
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:30)/最終日は15:00で展示終了
会場:長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店
1-358.jpg

■吉川弘
新潟市在住。草月流いけ花作家、造形作家。
大地の芸術祭、新潟雪原イベント、弥彦野外アート展など新潟県内のイベントのほか、名栗湖国際野外美術展(埼玉県)、近江神宮の森野外芸術展(滋賀県)などに参加。本展では近年展開している「チラシを素材にしてのコラージュ、ミクストメディア」のシリーズを新作中心に展示します。

 2月18日(月)と19日(火)の両日は、ニューメルサの館内メンテナンスのため全館休館となりますのでご注意ください。会期中の休館日はこの2日間だけとなります。



●蕎麦店内の展示となりますので来場時にはワンオーダーをよろしくお願いいたします。新潟名産「へぎ蕎麦」だけでなく、新潟にちなんだオリジナルカクテルや地酒、あわせて新潟の食材を使った肴などもあります。

児玉瑞子展と佐藤裕子展と取り壊されたアーケード

この週末は新潟市内に行っておりました。
観に行った展覧会。

児玉瑞子展-原点- (あとりえNANI) 16日で終了
佐藤裕子展-群生- (ギャラリーゆうむ) 18日まで
五十田順子書展 (新潟絵屋) 20日まで
絵画・銅版画サークルif展 (北陸ガス ガスホール3階ギャラリー) 18日まで
皆川リョウイチ展 (羊画廊) 18日まで
弦巻理江ガラス絵展 (楓画廊) 16日で終了

1-740.jpg
上の画像、左が児玉瑞子展、右が佐藤裕子展。 下は五十田順子書展、展示構成が巧み。
1-738.jpg


1-741_20121217092700.jpg
さて新潟市内散策中、柾谷小路の雰囲気が少し違っていることに気付いた。アーケードが取り壊されて、今ないんですね。

視点・視界の変化とONE Mart EXPRESS Ⅸ

昨年のONE Mart EXPRESS展ではブログで「作品ズームアップ=視点・視界の変化」なるものを記していた。このタイトルは、昨年開催の弥彦野外アート展で事務局Sさんが撮影し公式HPに掲載された「カメラのレンズを通して人間の目では切り取ることのできない作品のワンシーン」からの借用だが、今年のONE Mart EXPRESSでも時間の合間に試みてみたので、遅ればせ乍ら何点か。

ただ、なかなか難しく、結局出展作家全員分は撮れてないのだけど。

1-733_20121214235346.jpg 1-736_20121214235117.jpg
1-735_20121214235532.jpg
■ONE Mart EXPRESS Ⅸは、
11月28日~12月2日、新潟市美術館ギャラリーにて開催しました。

プカプカ

故・西岡恭蔵のプカプカ。山崎ハコが歌っているのを見つけた。
http://youtu.be/x_oOVbjMFqk

↓は、 西岡恭蔵本人と
大塚まさじ・高田渡・ムッシュかまやつ・坂崎幸之助による「プカプカ」。
http://youtu.be/ivrrbXGX3fs

ふたたび中日新聞から

1-728_20121214193718.jpg
上のフライヤーは加藤由里子さん(FBページ)から。
(クリックすると大きくなるほか、ダウンロード版もあるよう)




さて、1週間前に中日新聞の記事がFB経由で流れてきたとブログにも書いたのだけど、またもやその中日新聞で、一昨日に一面トップで自民党の憲法9条改定について取り上げていたとのこと。「守られた命 自覚を」と題された記事、こちらの秋原葉月さんのブログ↓で読みました。
http://akiharahaduki.blog31.fc2.com/blog-entry-1125.html
自主憲法制定(要するに憲法改定)なんていう話が威勢よくやたらと飛び交っている。自主といえば聞こえはいいが、この場合の自主の「自」とは何か?といった点は考えたいところ。上記記事中に登場する元米兵、イラク戦争に派兵されたウールソンさん(31)の言葉「日本の若者は9条に守られていることをもっと自覚した方がいい。選挙では、きちんと考えた上で投票すべきだ」には重い意味があると思う。


ちなみに考える資料として。
「自民党 日本国憲法改正草案」について、どこをどう変える案になっているのかをわかりやすくまとめているサイトがありました。↓
http://www.geocities.jp/le_grand_concierge2/_geo_contents_/
JaakuAmerika2/Jiminkenpo2012.htm


もうひとつ。作家・精神科医のなだいなださんへのインタビュー(毎日新聞掲載)
http://mainichi.jp/area/news/20121210ddf012070004000c.html

このインタビュー記事中に、『日本が他国と戦争する局面が仮に起きたとして、そのときアメリカは日本と一緒に戦ってくれると思いますか。僕は一緒に戦争してくれるとは思わない。アメリカは勝手に世界のどこかで戦争を起こし、日本の自衛隊を派遣してほしいと要求することはあり得る。逆のケースはあり得ない。これが日米同盟の本質ではないですか』という指摘がある。これらは書店に行くと平積みで売られているベストセラー「戦後史の正体 」が(目から鱗の)格好の参考書で、著者の孫崎さん自身もツイッターで「選挙前に読んでほしい」と必死に訴えていたけど、まさにその通りのよう。
    

■おまけ:
孫崎さん出演の番組(kinkinTV、2012年10月6日) ↓

草間彌生の実と虚の作品

新潟市美術館・草間彌生展の写真を。
ONE Mart EXPRESS展開催中は、クサマ作品の並べられた通路の脇(にあるギャラリーの受付)にほぼ常駐していたから、朝から晩までその作品にすぐ近くで接していたわけで、だから時間帯による見え方などもよく観察できた。
そこで夕刻の写真ふたつ。黄色の南瓜は野外(中庭)に設置された作品だが、他の赤白水玉の作品は屋内展示がガラスにうつり込んだもの。実と虚が混ざり合った、といったところか。
1-704_20121212185547.jpg
1-706_20121212185548.jpg


下は、ギャラリーの受付から見た風景。むかって左側がギャラリースペースであるが、こんな感じでクサマ作品が視界にはいってくる。
1-727.jpg

キナ臭さと衆院選

1-718.jpg 衆院選。報道各社の事前調査では自民党が圧倒的にリードしているとのこと。

民主党は選挙でいくら立派なことを言っても、真逆なことを平気でやるし、逆に「決断」と自らを褒めて開き直るから、ぢゃあ次は自民党にというのもわからないでもないが、でもそれを「なんとなく」やってしまうのは、憲法改正やら集団的自衛権やらへの執心ぶりからすると、なんだか恐ろしい気がする。では「維新の会」はとなると、代表の石原氏は、まぁ今に始まったことではないのだけど、平気でこんなこと↓を言う。
1-719A_20121212195533.jpg


「拉致被害者は殺されている」という発言に非難の声が殺到したらしいけど、氏の暴言癖からみれば(根拠は特に持たず)ただ言っているだけともとれそうで、だから、より気にかかるのは後段の『憲法9条が同胞を見殺しにした。9条がなければ日本は「返してくれないと戦争するぞ、攻めていくぞ」という姿勢で(拉致被害者を)取り戻せた』のところ。この理屈がどうにもわからない。戦争するぞ、で解決するのだそうだ。
子どものケンカぢゃあるまいし「返してくれないと攻め込むぞ」とブラフかけて通用するわけがないと、ふつうは思えるから、素直にとれば要は戦争が大好きだ、自分の言うことを聞かない相手には戦争をしかけたいということなのだろう。こういう感覚を丸出しにして(自民、民主の対抗馬的にもいわれる)政党の党首が務まるのだから、怖い時代になったものである。

ちょうどテレビのニュースで、20代若者の投票率が他の年代に比べて著しく低い(50%以下)と指摘していた。五十嵐仁氏が「戦争になれば動員される若者こそ、このような目論見を阻むための投票を行っていただきたいものです」と言っていたが私も同感である。なんだかキナ臭くなっていると感じるからね。


■自民党安部氏も石原氏も執心する憲法改正について、ごく簡潔に問題点を書かれていたものをメモとしてふたつほど。

・「坂本龍一から政治家のみなさんへ」から、
     法律学者たきもとしげこさんのメッセージ
     http://skmtsocial.tumblr.com/post/37628588064
自民党の選挙公約のルーツ、「憲法改正草案」の恐ろしさ
     (斎藤貴男、日刊ゲンダイ2012年11月27日)
     http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-7524.html

低温多雪の12月とCoCoLo長岡の駐車場

今日になり少しは落ち着いてきたが、まだ12月の前半なのに、ここ数日雪がよく降った。わずか2か月まえ「今年は高温小雪だ」と言っていた専門研究家のかたたちがいたが、あれは一体なんだったのだろうと、あまりの寒さに思ってしまう。
1-720.jpg
昨日の長岡駅前。越後交通のバスも寒そうである。
映画「ゆめのかよいじ」のPR幕が、越後交通も協力したとかでゼッケンのようにバス鼻先に付けられていたけど、雪と同化してしまうよう。

1-721_20121212172806.jpg
さて、長岡駅前でいえば、長崎屋跡地の駐車場が閉鎖されて工事中と3か月くらい前に書いていましたが、新たに建物が建つというわけでなく、気付いてみたら再び駐車場にとなっていました。ただ運営母体は変わり、今度はCoCoLo長岡の専用駐車場。

CoCoLo長岡は専用駐車場が増え、割引サービスのシステムも変わり、「1円のものでもよいので店内でなにか買えば専用駐車場利用が1時間無料」になったようです。隣接して駐車場が出来たこととあわせ、長岡小嶋屋の利用時も便利になったかと思われます。
念のため記しておくと、専用駐車場以外の一般駐車場への提携割引サービスはなくなったとのこと。

«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR