アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


「蕎麦×アート」at 長岡  真島若桜きり絵展

特に意図したわけでもなんでもないが、気付いてみたら、都内での展覧会の記事が3つも連続していたよう。

ということで、長岡での展示写真も。
昨日は銀座ニューメルサ店を掲げていたが、同じ長岡小嶋屋でもこちらは長岡駅ビル内のCoCoLo長岡店。“蕎麦×アート”企画として、長岡在住・切り絵作家の真島若桜さんの作品を展示中です。



■ 展案内 http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1671.html
    (3月31日まで展示中)
■ 作品リスト http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1709.html

田島鉄也展(at 銀座)

1-845.jpg 田島鉄也個展
会期:1月28日(月)~2月 2日(土)
会場:ギャラリー現 【東京・銀座】

大学生のときに知りあった、いわば友人作家である田島さんが銀座で個展を開催中である。
案内をもらいながら、時間がいままったくとれそうにないからちょっと行けないわいと残念に思っていたら、画廊のHPで、なかなか雰囲気のある「ライブペイント中のパノラマ写真」が公開されていた。洲崎一志さんの撮影。 ↓
http://www.jpartmuseum.com/jam_live/g_gen324/_flash_html5/1.htm

ちなみに奥にうつっているのは写真家の安齊重男さん。公開制作を2月2日(土)15:00からおこなうらしい。

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」

1-788.jpg
1-832_20130129095423.jpg

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」で開催中の店内展示、吉川弘展から。

■過去ログ
展示風景
展示案内

■長岡小嶋屋案内(グルなび) http://r.gnavi.co.jp/gc1s500/
1-787.jpg
吉川弘作品は3月31日まで28日まで展示中。(会期中の2月18日(月)と19日(火)は休館(連休)です。最終日は15時迄で展示終了)
吉川弘展の次は、4~6月で笹川春艸墨画展を開催します。

白隠展 禅画に込めたメッセージ

1-840p.jpg 昨日(24日付)の読売新聞文化欄。白隠慧鶴展が渋谷Bunkamuraで開催中と大きく記事になっていて、目をひいた。記事は、文化部・高野清見氏の署名入り。白隠禅画を初めて大規模に紹介する展覧会とのこと。

1-839.jpg
白隠展
HAKUIN  禅画に込めたメッセージ

会期:~2月24日
会場:Bunkamura  ザ・ミュージアム
http://www.bunkamura.co.jp/
museum/exhibition/12_hakuin.html


ミュージアムのHPを見てみたら、「ビジュアルツアー」と称した展覧会映像(ユーチューブ)があり。上京予定がたてられるといいけど無理っぽいなぁと思いつつ、見てみた次第。
■ 展覧会ビジュアルツアー↓
http://youtu.be/nPB40HHR1ds

雪のなかの斎藤義重作品 at 長岡

昨日今日と当地の天気はよかったのだけど、
少し前の、雪のなかの斎藤義重作品(at長岡商工会議所/旧現代美術館)とその近辺。

1-821.jpg  1-822.jpg

ぬくもり栃尾展と催し案

1-838p.jpg
柳原にある「旧長岡市庁舎」。建築家・石本喜久治(1894~1963)の設計ということで、マイスキップ紙でも取りあげたことがある。戦後の復興期の建築とかなり古いものであるが、公民館的な使い方もされながらとりあえずは健在のよう。

さて、この日は、この建物内2階にある「長岡市立科学博物館」に。
栃尾関係の調べ物があり、その参考に同館開催中の「ぬくもり栃尾展」を見てみようと思ったので。
1-838p-a_20130124092842.jpg
栃尾紬などの織物関係の展示である。ただ、「博物館企画展」と大々的に銘打った大規模な展というわけではないようで、館内既設の3つほどのショーケース内を使ってのもの。入口でポスターの写真を撮ったのだが、よく見たら「催し案内」の「内」が切れていたから「催し案」と写っていた。「案」ではなく、ちゃんと開催がなされているから念のため。 1-834.jpg


真島若桜展とミニ冊子「越後の民話」


1-819.jpg
先週からスタートした、長岡小嶋屋「CoCoLo長岡店」真島若桜展から。
「越後の民話」をテーマに制作した切り絵作品5点を現在展示中です。またそれに合わせ、作家が今回展示用に制作したミニ冊子「越後の民話」を入口カウンターの棚に何冊か置いています。店内で自由に(客席まで持って行って) 見れますので、興味あるかたはどうぞ。

入口のレジ脇の棚に置いてある「越後の民話・ミニ冊子」

1-824.jpg

風が吹けば桶屋が儲かる展と「見つからない」作品


数日前の新潟日報、上は17日同紙朝刊・文化欄から。

東京都現代美術館で開催中の「風が吹けば桶屋が儲かる」展に関しての記事。同展に出品される田中功起「アーティスト・スティトメント」は、出展といいながら美術館内に作品そのものはなく、「作品がないと告げること」自体が作品だそうな。
展示超えて広がる想像、とか、不可視のものに想像を巡らす楽しみ…と言うなら、それはそうであるけれど。

さて、そんな記事を読んでいたら、大学生のときに学生仲間10人くらいで、銀座でグループ展をおこなっていたことを思い出した。
グループ展では、来場者に配布する「展パンフレット」に展示作品のリストを掲載するため、作品のタイトルを2週間くらい前に幹事(私)に提出することになっていたが、出展者のひとりMさんは、「見つからない」という作品名の絵画だとエントリーしてきた。
「見つからない」とはどんな絵が出てくるかと楽しみにしていたら、結局、最後の仕上げが間にあわなかったのか失敗したのか、当日持って来れず、会場で(リストにはちゃんとあるのに)作品が本当に「見つからない」というオチがついた。特にコンテンポラリーでもなんでもないのだけど、そんなことを思い出してしまった次第。

ちなみにその翌年、同じメンバーでまたまた銀座でグループ展をおこなったが、くだんのMさんの作品エントリーは「まだ見つからない」というタイトルだった。

エックス展vol.4 出展者募集


“エックス展vol.4art show-若きクリエイターたちの自由表現-

出展者募集



「エックス展~若きクリエイターたちの自由表現」と題した展覧会を2010年から企画開催しており、今年も7月開催予定で準備をすすめています。
新潟県下で若いクリエイターの活動が近年多くなっているなか、そうしたクリエイターたちの多種多様な自由な表現を一堂に集めて発信し、さらには相互交流も図れればということでの企画です。 これまで3回の展覧会では、20代30代の若手クリエイターを中心に意欲ある大学生らも含め多くのかたに参加いただき、展覧会としても好評を博してきました。 次回第4回展の出展者を募っておりますので、興味のあるかたはメールにて参加要項をご請求ください。
1-816-a.jpg
■ 昨年の第3回展  会場風景 http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-1397.html

エックス展4- 若きクリエイターたちの自由表現-
予定会期/会場:
 7月13日(土)~15日(月・祝)/新潟市美術館ギャラリー
    新潟市中央区西大畑町5191-9
 7月11日(木)~16日(火)/小羊画廊
    新潟市中央区西堀通7番町ホワイトプラザ西堀2F
今回は新潟市美術館ギャラリーと、同美術館から徒歩圏内にあるギャラリー「小羊画廊」の2会場開催です。小羊画廊では作品販売にも対応する計画です。

※出展に際しては、会場使用費や案内印刷などのため参加費負担があります。展覧会の詳細について要項をお送りしますので下記に連絡・お問い合わせください。

問い合わせmail
atelierzen99☆yahoo.co.jp (☆を@に直して送ってください)

342a.jpg   341a.jpg
   ← 第1回展(2010)DM   ↑ 第2回展(2011)DM
   第2回展・新聞掲載記事

涙のリクエスト、あるいは昭和の切なさ平成の悲しさ

http://youtu.be/dnkaJZVOFyI
チェッカーズの「涙のリクエスト」である。なんとも古い話だが、何年くらい前のヒット曲だらうか。きっこさんの日記に「昭和の切なさ、平成の悲しさ」と題してこの曲の歌詞について言及があり、なるほど「いまの世代」には理解困難なのかと面白く読んだので、(懐かしさ半分で)掲げてみた。特にチェッカーズファンだったわけではないのだけど。

この曲は「(ラジオやテレビ、あるいは他のひとが歌うカラオケ等で)その頃よく耳にしていた」記憶はあるものの、歌詞についてはどうやらちゃんと味わってはなかったよう。今さらだけど、具体的に詩の内容を知ってなかったことに気付いた。

 | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR