アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


dinnerと評論家とちょっとマイウェイ

TVドラマはほとんどまったく見ないのだが年に一度くらい何かの拍子にはまってしまうものがある、なんて、「33分探偵」にハマっていたころに書いていたことを思い出した。
最近ひょんなことから、フジテレビ系の日曜夜ドラマチックサンデー、「dinnerにハマってしまっているからだ。

ふだんテレビはまったくと言っていいほど視ないのになぜ「何かの拍子」が出るかというと今回は、辛口でならすある料理評論家が別の評論家(カリスマブロガー)の批判(批評)をしていたことがきっかけ。テレビドラマそのものはイタリアンレストランを舞台にした群像劇で、その第3話では、レストランに袖の下を要求する真野響子演ずるカリスマ評論家が出てきてそれがモチーフとなっているのだけど、それは(特徴的な服装から)実在するそのカリスマブロガー〇○さんがモデルではないかという指摘と評論家批判がなされていた。
評論家というのは文字通り「評論する」立場であるのだけど、逆に自らの論を通じて「評論される」立場でもあるわけで、指摘するブログを読みながらそうした「評論家論」の観点からも興味深く思ったわけである。で、その第3話がデイリーモーションで見れるというので↓
http://www.dailymotion.com/video/xx2nkj_yyyy-3_shortfilms?search_algo=2#.USIFYh19CSp
ちょっと試しに観てみたら、ところどころコミカルな味が生きつつ伏線のしっかり効いた脚本、キャストの面白さなどで見事にはまってしまった次第。芸能界に詳しくなくてこれまでよく知らなかったが、主演女優でレストランの若い支配人役を演ずる倉科カナさん、なかなかうまいですね。
真野響子が演ずるカリスマ評論家であるが、それにしても、冒頭の登場で真っ赤な洋服を着て出てくるあたり、制作側は相当な確信犯に思うのだけどどうなのだろう。



飲食店を舞台にしたドラマというのはもともと好きで、子どもの頃、やはり洋食店を舞台にした「ちょっとマイウェイ」という番組をよく見ていた。
桃井かおりが主演でそれはよく覚えているものの、他は、「かつて見ていた(はず)」ということだけが記憶に強く残り、具体的な内容はほとんど忘れてしまっている。相当な昔だし子供の頃だから当たり前か。ただ、音楽は荒木一郎が担当していて、そちらのほうは割と覚えているから面白いところ。挿入歌としてひたすら頻繁に流されていた「ラジコンブルース」が特に好きだったのだが、それはいまだソラで歌えるほど。
ちなみに同曲にはアップテンポのものとスローテンポのものとツーバージョンあり、私が好きなのはけだるく歌うスローバージョンのほう。と言われても、今では意味もなさないだろうけど。

ちょっとマイウェイ
http://www.youtube.com/watch?v=N_RdWWOiC6U


「dineer」のほうに話を戻すと、昨日の日曜日は第6話(?)が放映されていたので観たのだけど、これはちょっと脚本が甘すぎる感じ。前回も前々回もよく出来てたから、余計にそう思うのかも。話としてはまぁ楽しめたからいいのだけどね。

手ごと展

昨日から東京で長岡造形大生の展示が始まった。
DMには「長岡造形大で美術工芸を学んできた作家の卵たちによる展示です」とあり、この3月に卒業する学生による、金属工芸・彫刻・絵画・版画とバラエティに富んだグループ展の様相。
出展メンバーのなかには、アトリエZen企画に出展した小杉美紀子さんや永井愛さん、マイスキップの「造形する風」コーナーに登場してもらった三井田竜治さん、阿部啓輔さんらの名前がある。


手ごと展
会期:2月17日(日)~23日(土)
会場:KEY Gallery&青樺画廊 【東京・京橋】
出展: 鋳金  上野亜紀/ 彫金  三井田竜治、山田いぶき/ 彫刻  阿部啓輔、栗橋由実/ 絵画  伊保橋匠哉、小杉美紀子、斎藤しほ、庭野真梨子、古川千夏子、森田千尋/ 版画  大橋麻耶、永井愛

科学博物館と彫刻2体プラス1

 1-889-p-a.jpg
先日アップしていた「旧長岡市庁舎の写真」にお褒めの言葉をいただいたので、同建物から追加でアップしてみた。
といっても、上のふたつはちょっとマニアック。2階の「科学博物館」につながる階段ホールに設置されている2体の彫刻の足元である。製作者名を示すクレジットの「板」があったので、(本体の彫刻は撮らずに)その部分を撮ったもの。製作者は元井達夫氏と松本久明氏とある。

1-892-p.jpg
足元だけだから肝心の彫刻はわからないのだけど、そこは想像にお任せするか、実際に観に行ってもらうかといったところ。 そうそう、彫刻といえば、急に必要に追われ実家の物置をいま片づけている最中なのだが、私が中学生の時に授業で制作した「彫刻」が出てきたので掲げてみた。
元井さんや松本さんとはなんら関係ないのだけど、その後まともに「彫刻」は作ってないし、今後も作りそうにないからおそらく唯一の作品で、案外貴重かも。陸上のクラウチングスタートである。


1-890-p-a_20130217200006.jpg

長岡市立科学博物館の取材と旧市庁舎


マイスキップ次号企画面の取材で、昨日は長岡市立科学博物館に。
同館は柳原中央公民館、戦後の復興期に建てられたかつての長岡市庁舎のなかにあるが、その古い建物にはさすが独特の雰囲気が残っていて面白いからと、取材終了後の帰路、通りがかりの廊下と階段を撮ってみた。個人的にはアールの廊下(スキップフロア)と天井配管がキモ。
1-882-p_20130214074537.jpg

1-875.jpg
前の記事で、雪のなか栃尾に行っていたと書いていたが、その後、その翌日は弥彦方面、その次は上越市内にと市外での打ち合わせが相次いでいた。
その間、事前の週間天気予報は「大雪」だったから交通事情など心配していたが、いい方向に予測が外れたようで天候はまずまず、晴れ上がった日もありほとんど杞憂だった。右は先週の雪降るなかでの撮影。

栃尾にて

1-870.jpg
暦の上では3連休のようだけど、私のほうはどうやら休みなしのよう。今日は栃尾まで、次号マイスキップの企画面記事の打ち合わせに。
天気予報のよくないなか栃尾まで行くのは勇気も要る感じだけど、来週は予定が詰まっているから出来たら今日済ませておきたいと(午前中そんなに酷い雪ではなかったから)、急きょアポをとって午後から向かったのだが、さすが栃尾というべきか天気予報そのまんまというべきか、途中からえらく降りだした。
1-871p-a.jpg
右の画像は栃尾美術館の前。
今日は美術館に行ったわけではなく、その前の道を通っただけなのだが、駐車場もなんだか雪で埋もれている感じなので撮ってみた。

  1-869.jpg

1-872.jpg

記事更新のない日々と長岡造形大卒展

1-860.jpg
呑気に「路線バス乗り継ぎの旅」なんて、いかにも呑気そうなテレビ番組を長文ブログに書いているから、さぞかし暇なのかと思いきや、実はそうではない。気付いてみたらこの1週間、時間がなかったようでブログも書かず終いでした。

1-859.jpg 来週は冒頭の月曜から打ち合わせやらなんやらと連続して入っているしで、まぁ忙しいのはいいことだと思って乗りきるしかない、といったところ。そんななか、今日は雪と風が酷かったのですが、この日から始まった長岡造形大の卒展に行ってきました。
同展についてはマイスキップに記事を掲載予定でもう少し取材したい部分もあるので、10日にまた行く予定ではいます。

路線バス乗り継ぎの旅

テレビ東京で、年3回くらいのスペシャルで放映している「路線バス 乗り継ぎの旅」という番組がある。これまでその存在を知らなかったのだが、新聞のテレビ欄で偶然目にはいった「新宿から新潟市・萬代橋へ」という見出しになにやら魅かれ、先週の土曜日にその「前編」なるものを見てみたが、これがとても面白く、昨日続けて放送された「後編」も(録画までして)見た。

1-720.jpg 今回が第13回となる長寿シリーズ。スタートとゴール地点が示され、「路線バス乗り継ぎの旅」というタイトルそのままに、路線バスだけを使ってひたすら走破するというもの。出演は太川陽介と蛭子能収の2人(このコンビはいいですね、とても)がレギュラーで、そこに「マドンナ」と称される女性タレントが1人ゲストで加わり、つまりはその3人がチャレンジャー役。
今回のゲスト(マドンナ)は田中律子で、スタートは新宿西口、ゴールが萬代橋。新宿から池袋にまず出れば高速バス一本で萬代橋まで一気に行けるけども、高速バス使用禁止というルールがある。他、タクシーは使用禁止(初期の放送では「パス路線のない県境」はタクシー使ってたようですが今はNG)、携帯電話やスマフォで情報を調べてはいけない、3泊4日でゴールを目指すというのがお約束。
まぁ蛭子さんがいるしねぇと、雰囲気的に「ほのぼの」としてはいるが、路線バスといっても本数も路線も減っているなか接続もスムーズなわけないし、そのなかで4日間400㎞を乗り継いだうえ、バス路線がなければ徒歩ででも無理矢理つなげなきゃいけないしで、えらく過酷である。田中律子さん自身、ブログでその過酷さを「本当にキツくて…心が何度となく折れてしまい…カメラがまわってても全員無言…なんてことも。オンエア見たら、きっと私、ブサイクな顔とかたくさんしてるはずぅーーー」と書いていた。ロケは昨年の12月5日〜8日で、ルート上に当然出てくる「長岡駅」に着いた12月8日昼は相当な嵐だった(電車もストップしてた)ようだしね。

決して大爆笑というわけではないけど、ほのぼのさと過酷さとが同居する面白さや、突然のハプニングや蛭子太川の凸凹漫才的会話、ルート選定におけるパズル的要素など、見ていてなかなか楽しめて、「年3回のこのスペシャルが一番好きだ」といった熱心なファンがいるのも、妙にわかるような気がした。最近のバラエテイ番組は、あざとかったりうるさかったり芸がなさすぎたり出演者が内輪で楽しんでるだけだったり、だからね。
次の第14弾が楽しみだ、と書いて結ぼうと思ったら、未確認情報だけど明日4日夜にBSジャパンで再放送がされるらしいと聞いた。新潟で今回放送されたものは(本来のテレビ東京版より)30分ほどカットされていたが、こちらはノーカット版みたい。

1-856p.jpg
一行が長岡駅から乗った、14時40分発・東三条駅行きの越後交通バス。
長岡から新潟へ路線バスで乗り継ぐなら、まず三条へと(長岡のひとならたいていは)思うのだろうが、三条までは2時間に1本くらいしかないんですね。右上の写真は、この番組とはまったく関係なく、以前撮っていた越後交通のバスがあったので。

絵のある風景 誰も居ない待合室と島倉哲郎油彩画

右は長岡中央病院の待合室にて。

昨年、長岡小嶋屋(銀座店CoCoLo長岡店)での展示企画に参加してもらった長岡在住画家・島倉哲郎さんの油彩画大作が飾ってある。
いつもはメチャ混みの待合室なのだろうけど、所用で行った今朝(日曜の朝)にはさすがに誰も居なかったから、「絵のある風景」ということで1枚撮影。

表町西地区再開発事業ビルと長岡現代美術館


一昨日、1日付の新潟日報紙面から。
長岡市・大手通り沿いの、表町西地区の再開発事業ビルの基本設計が「14階建て福祉拠点に」とまとまったとのこと。表町西地区というのは旧大和長岡店、長岡商工会議所(旧長岡現代美術館)のある一角。長岡現代美術館については跡地として積極的に保存がなされたとは見えない(言えない)ものの、商業ホール的な活用も鷹揚だったから、結果的にはそのまま「保存」がなされてきていた。でも、いよいよ取り壊しとなるようだ。
とりいそぎ新聞記事の速報を。(とりいそぎと言いながら、2日遅れ)

この件については書きたいこともあるから、それらはまた別の機会に。
1-855P_20130202200504.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR