アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation


エックス展 Ⅸ -若きクリエイターたちの自由表現-
12月13日(木)~23日(日)/12月20日(木)は休廊
会場:maison de たびのそら屋(長岡市)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4769.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙
10月29日~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓開催中〓


銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


武蔵野美大卒展 at 岩室温泉

なんだか卒展の記事が相次いでいるが、もうひとつ、岩室の温泉街で「武蔵野美術大の卒業制作作品」の展示がなされるというのでその案内を。

アートサイト岩室温泉と名付けられ、落語会だの女将の仮装コンテストだのなんだのと、その案内チラシにはアートというよりもイベント記載が目立つのだけど、メインというか企画の発端というか基軸は「卒業制作作品」のよう。よく見れば、「岩室温泉の旅館に武蔵野美術大学卒業・修了研究展の中から選ばれた作品の展示を中心におこなう芸術祭である」と書いてある。


アートサイト岩室温泉2013
会期:3月16日(土)~24日(日)
会場:岩室温泉 【新潟市西蒲区】
1-937p-a.jpg

上越教育大学 卒業・修了研究展

1-931-p-a.jpg
本日は上越市内で打ち合わせ。
タイミングのよいことに、上越教育大・美術系の卒展が近くで行われていたので帰路に立ち寄ってみました。(上は会場の「小川未明文学館のはいる高田図書館の外観と展ポスター)

今年は新潟大学から始まり、長岡造形大に続いて卒展でいえば3校目。事前リサーチでは、時期的には一番行きやすいと予想し、文句なく行けるだろうと考えていた先週の「新潟デザイン専門学校の卒展」は突発的事情発生により行けず。今年は県内アート系全校観れるかもと思っていたので、それはちょっと残念ではある。
さて上教大の卒展、個人的にはひとつ妙に気に入った作品がありました。インスタレーション&作品を風景に取り込んでの写真呈示の作品。会場でのインスタレーションの出来は(基準を高くして見れば)もうひとつ欲しいところでしたが、発想などは好みではありました。他にも「卒業後も創作活動に関われればよいのに」と思える作品がいろいろあったので、観に行ってよかったと思える展示でした。


上越教育大学 芸術系コース「美術」
第29回卒業・修了研究展

会期:2月22日(金)~28日(木)
会場:小川未明文学館 【上越市(高田)】

上越水墨画フェスティバル

大雪が続くといくら雪国といえどもめいってしまうので、早く春が来るようにと、手元にすでに届いていた「さくら」のDMを掲げてみました。

1-927.jpg
4月に上越市(高田)で開催される全国公募による水墨画展。この「さくら」の絵の作者は、同展実行委員会の中心的な役割を担っている上越市在住水墨画家・笹川春艸さんですが、同氏は4月2日から長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」で個展展示することになっております。そちらの小嶋屋展についても、また後日ご案内したいと思います(現在DM印刷中)。

第4回 上越水墨画フェスティバル
会期:4月9日(火)~14日(日)
会場:雁木通りプラザ、旧第四銀行高田支店、本町ふれあい館、ギャラリー祥 【各会場はJR高田駅から徒歩圏内に点在】

今日の長岡 明と暗


本日の長岡の風景をふたつ。上は午前中に移動中の車中から撮影したものであるが、実に晴れ渡っていて、カーネルおぢさんも嬉しそうである。

てっきりこのまま推移するのかと思いきや、夕刻ころから急激に猛吹雪になるから困ったもの。帰路は吹雪で前が見えず。
1-925-P-A.jpg

マイスキップの校正と栃尾紬特集と連載「まちかど逍遥」の長崎屋長岡店




マイスキップ次号3月号のゲラがあがり、昨日は校正のため編集部に。
前にコメントでも少し書いたのですが、次号の企画特集面は私の担当で、「栃尾紬」と題し「栃尾の織物の歴史」について取りあげている。長岡市立科学博物館でちょうど企画開催している「ねくもり栃尾展」からも資料の提供をいただき、かなり充実したページとなった感。3月頭には発行されると思いますので、どうぞお楽しみに。


さて上の画像はその校正ゲラ。企画特集面や造形大生紙上ギャラリーのコーナーのほか、右下のほうは紙面p.3の下部で、数か月前からスタートした「まちかど逍遥」という連載コラムがある。
この連載の筆者は建築技術者のKさんで、長岡駅舎や、かつて日赤町にあった日赤病院(いまのウオロク長岡店のところですね)など長岡の建築物に関した特集の執筆を時おり担当いただいていた。それが好評だったのと、マイスキップの水(?)がどうも合うということで、短文での短期連載コラムを始めてもらったという次第。今回が第4回目。「建築や都市計画的な内容を肩の凝らないエッセイで」と、毎回自由に書いてもらっている。

そんなコーナーであるが、筆者自身からの写真の提供もあり、先般1月号の「大和長岡店の螺旋階段」写真もそうなのだが、いまは無い建物を特有の視点で昔に撮影していた、いわば秘蔵写真が載ることがある。個人的にも楽しみにしている部分である。
で、今回の掲載は…、と思って見てみたら、「1997年におこなわれた長崎屋の解体工事を鳥瞰で撮った」写真であった。隣接の長岡駅舎も画面に入れつつ、この角度から解体工事風景を狙うというのは、建築的興味と長岡の都市計画的な興味と写真への興味に、さらにその場に(鳥瞰できる高所に)居あわせるタイミングとすべて揃ってなければ不可能だから、おそらく他には例がないんぢゃないか。そう思えもするから、さりげなくサラっと掲載してはいるけども、興味あるかたにとってはかなり貴重版のよう。

さて下は、現在のその長崎屋跡地。最近、ちょうど撮っていたものがあったので。
昨年の秋に「なにやら工事している」と書いていたが、その後はCoCoLo長岡の専用駐車場になっている。
1-894.jpg

今日の長岡

1-915.jpg
1-916.jpg
記録的な大雪ということで青森と北海道がニュースに流れてきたが、そこまではいかないものの当地もさすがによく降っている。そこで今日の移動中に撮った長岡の風景を。上は長岡駅東口。

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」 臨時休業日のお知らせ

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」の臨時休業日のお知らせです。

年度末となる3月末に、メニュー変更を含めた店内システムの調整等のために急きょ臨時休業日を設ける必要が出たため、3月末の3日間、休店日がはいることになりました。
1-786.jpg
店内で現在開催中の「蕎麦×アート」企画・吉川弘展については、会期は3月31日迄とご案内しておりましたが、下記の通り、3月28日(木)までに変更となります。
途中でのこういった会期変更は避けたいところで店側とも折衝を重ねて調整を図ってきましたが、店(会社)としての緊急の事案、事情もあるために、最終判断としてそのようになった次第です。
予定をたてられていたかたにはたいへん申し訳ないのですが、ご理解のほどお願いいたします。会期変更の案内も至急印刷する予定で、作成にはいっています。


長岡小嶋屋銀座ニューメルサ店
臨時休業日:3月29日(金)・30日(土)・31日(日)





1-908-P.jpg 銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.04 吉川 弘 展
会期(変更後):
1月4日(金)~3月28日(木)
営業時間:
11:00~15:00、17:00~22:00

■ 吉川弘展・過去ログ
展示風景展示案内

1-788.jpg

長岡造形大学卒展から

1-903.jpg

1-905-p.jpg 時間不足に拍車がかかっていてすぐにアップ出来ないでいたら、なんだかとても「遅ればせ乍ら」になったのであるが、先の長岡造形大学の卒展から。大学キャンパス内を使っての展示である。




1-863-p.jpg

同大の学生については、マイスキップ紙で毎月1人ずつ紹介するコーナーを受け持っていたり、アート系学生だと展覧会等で作品をみたりしているから、知っている名前もけっこう出てくる。そのなかからひとり、服部優香さんの作品を左に。
もりもりの唄」というタイトルで、半立体形状にした板に絵を描いての壁面インスタレーション。服部さんは3年生のとき、一昨年の秋にアトリエZen企画で個展をおこなっているが、そこでももりもり展と名付けていた。たくさんの新作で構成した同展で一気に飛躍した印象を持っていたが、追求テーマはそこからつながっており、今回はその集大成的な展示となった感。作品や作者の成長過程に関われたということから、見ていて感慨深くもある。
1-874.jpg
1-902_20130220091708.jpg

1-864_20130219191446.jpg
近年創設された「マンガコース」を専攻する学生は自作マンガ短編集を本にして(ちゃんと帯もつけて、キャッチも入れて)呈示していた。
(マイスキップ、昨年の6月号に登場した学生です。)

1-906-a.jpg 1-907-a.jpg

さてマイスキップということでいえば、毎月掲載する「学生のポートレイト写真」をこの1年間、写真・映像コース4 年の中山允さんに撮ってもらっていたが、下はその中山さんの卒業制作。大パネルにプリントした写真4点で、タイトルは「Pet bottle」。ペットボトルの4つの要素である、キャップ、ラベル、ボトル、商品である液体。それのみを使って表現した、とのこと。
1-904.jpg

かさはら菓子店とカラメルきなこ

1-897.jpg
1-900-p-a.jpg 長岡駅東口から5分くらいのところにある「かさはら菓子店」に行ったのだが、ショーケース反対側のスペースに小さな待ち合いコーナーが新しく作られていた。すべて自作とのことで、棚にはさりげなくアート作品も。

同店は「田舎最中」が名物だが、下はこれまで見なかった(新商品?)「カラメルきなこ」。
1-899.jpg
1-898.jpg

dinnerと評論家とちょっとマイウェイ

TVドラマはほとんどまったく見ないのだが年に一度くらい何かの拍子にはまってしまうものがある、なんて、「33分探偵」にハマっていたころに書いていたことを思い出した。
最近ひょんなことから、フジテレビ系の日曜夜ドラマチックサンデー、「dinnerにハマってしまっているからだ。

ふだんテレビはまったくと言っていいほど視ないから、「何かの拍子」というのは当然あるわけで、この場合、辛口でならすある料理評論家が別の評論家(カリスマブロガー)の批判(批評)をしていたことがきっかけ。テレビドラマそのものはイタリアンレストランを舞台にした群像劇で、その第3話では、レストランに袖の下を要求する真野響子演ずるカリスマ評論家が出てきてそれがモチーフとなっているのだけど、それは実在するそのカリスマブロガー〇○さんがモデルではないかという指摘と評論家批判がなされていた。
評論家というのは文字通り「評論する」立場であるのだけど、逆に自らの論を通じて「評論される」立場でもあるわけで、指摘するブログを読みながらそうした「評論家論」の観点からも興味深く思ったわけである。で、その第3話がデイリーモーションで見れるというので↓
http://www.dailymotion.com/video/xx2nkj_yyyy-3_shortfilms?search_algo=2#.USIFYh19CSp
ちょっと試しに観てみたら、ところどころコミカルな味が生きつつ伏線のしっかり効いた脚本、キャストの面白さなどで見事にはまってしまった次第。芸能界に詳しくなくてこれまでよく知らなかったが、主演女優でレストランの若い支配人役を演ずる倉科カナさん、なかなかうまいですね。
真野響子が演ずるカリスマ評論家であるが、それにしても、冒頭の登場で真っ赤な洋服を着て出てくるあたり、制作側は相当な確信犯に思うのだけどどうなのだろう。



飲食店を舞台にしたドラマというのはもともと好きで、子どもの頃、やはり洋食店を舞台にした「ちょっとマイウェイ」という番組をよく見ていた。
桃井かおりが主演でそれはよく覚えているものの、他は、「かつて見ていた(はず)」ということだけが記憶に強く残り、具体的な内容はほとんど忘れてしまっている。相当な昔だし子供の頃だから当たり前か。ただ、音楽は荒木一郎が担当していて、そちらのほうは割と覚えているから面白いところ。挿入歌としてひたすら頻繁に流されていた「ラジコンブルース」が特に好きだったのだが、それはいまだソラで歌えるほど。
ちなみに同曲にはアップテンポのものとスローテンポのものとツーバージョンあり、私が好きなのはけだるく歌うスローバージョンのほう。と言われても、今では意味もなさないだろうけど。

ちょっとマイウェイ
http://www.youtube.com/watch?v=N_RdWWOiC6U


「dineer」のほうに話を戻すと、昨日の日曜日は第6話(?)が放映されていたので観たのだけど、これはちょっと脚本が甘すぎる感じ。前回も前々回もよく出来てたから、余計にそう思うのかも。話としてはまぁ楽しめたからいいのだけどね。

 | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2013/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR