アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡市内早朝と最後の渋谷駅


長岡市内早朝。「五十の市」の準備がスタートした時分。


さて東横線渋谷駅、現駅舎は本日が最終日である。最後の姿を記録しようと連日多くの人が訪れているらしいが、だとすれば今日は一段とすごいのだろう。写真撮りたいと前には書いていたが、これだけ大勢が撮りに行っているなんて聞くと、無理して行く気もなくなるから不思議。もともと行く気もなかったのだけど。
そういえば渋谷駅が終点となる「地下鉄銀座線」は、地下鉄のくせしてホームは地上3階にある。乗り場は東横線の現改札の眼の前で、改札出たら階段数段トコトコと登ればオッケーという優れ物だったが、地下5階に駅が移動するから今後の乗り替えは異様にたいへんになる。地下鉄乗るのに地下5階から地上3階まで。あんまり知らなかったが、話題にもなっていたらしい。
http://www.j-cast.com/2013/02/25166860.html




■3月16日追記:
昨日の現地画像/東横線渋谷駅がパンク寸前
http://matome.naver.jp/odai/2136333380204592201
電車内よりホームのほうが大混雑だったらしいから、乗客は(比較的空いている)車内から“満員電車並み”のホームに降りるという「逆転現象」が生じたよう。

reclaim展と笑点のお題

今週は冒頭月曜から、つまり11日と12日と市外に出かけていて、ネット環境からも外れていた。なので即座にアップできなかったのだが、11日の出かける間際に届いていたのがこの「reclaim展」の案内。 前にも書いていた現代アーチストセンター今年度企画、「あれから2年私達は忘れない」とサブテーマを掲げた国際作家展である。「ちょうど3.11に着いた」ことを記しておこうと思っていた。
1-989.jpg
国際作家展 reclaim-再生
会期:3月20日(水)~28日(木)
会場:櫻木画廊、東京都美術館 ギャラリーA


この場合の「私達は忘れない」には、美術家が表現で社会を問う、あるいは社会に問う上での作家たるものの意思が込められている。だから理解できるが、一方、同日3月11日のメディア等で執拗に繰り返されていた“震災を「忘れない」”という文言には、たしかにそれはそうであるといっても、なんだか違和感みたいなものもなくなかった。「いままさに現在進行形である問題」なはずなのに、「過去のこと」とどこか都合よく置き換えていないかと思えていたから。言葉にすれば両者同じようにも見えるけれど、立ち位置の異なりは気にかかるわけである。

で、3月11日の新聞からひとつ。
新潟日報紙、小さな囲みだが、「NY脱原発の声次々」と、ニューヨークで「核」をテーマにしたニューヨーク平和映画祭が開かれたことが記事になっていた。
1-993.jpg
記事中、参加者の談話が紹介され、「原発をなくしても、発電のため水を沸騰させる方法は他にあるはず」とあるが、原子力発電は結局は水を沸かす装置でしかないから、ここにすべて集約されるのかも。これだけ膨大なリスクを背負いながら、ただ水を沸騰させるだけなのはなぜなのだろうかと。
たとえば逆にして、「原発をなくしても、●●のため水を沸騰させる方法は他にない」と出題されたら、さて●●には何が入るかと、そんなことをふと思った。「笑点」のお題みたいだけど。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR