アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


アートサイト岩室温泉2013

1-1023.jpg
1-935-aa.jpg



アートサイト岩室温泉2013」に行ってきた。

武蔵野美大の卒展作品を温泉街の由緒ある旅館等に点在して展示する、というアートイベント。温泉街を廻って楽しむというわけである。展示会場は、温泉旅館が9箇所(ゆもとや、松葉屋、すみのや、濱松屋、ほてる大橋、松屋、高島屋、小松屋、皆元)に、道の駅ふうの観光施設(いわむろや)、総合案内所と位置づけられた“よりなりcafe”の11箇所。土曜日曜は無料の巡回バスで結んでいるらしいが、それぞれそんなに遠くはないので、歩いて見て廻るにはちょうどいいくらいの規模である。
古くから建つ、風情ある旅館が多くある。国の登録有形文化財に指定され明治天皇も訪れたという「高島屋」など由緒がありすぎてふだんは中に入ることさえ難しそうな宿でも、アートにかこつけて堂々と入れるのもこの種の催しならでは。 「弥彦・野外アート展」でも関連企画として同様な試み(温泉街の旅館や店舗などに作品を置くことで、来場者に街を回遊してもらう「パラレル展」)をしたことがあるが、企画側はたいへんでも、一観客とするとけっこう楽しいもの。
1-1020-p.jpg





   1-1018_20130322200418.jpg
1-1021.jpg
1-1017.jpg
アートサイト岩室温泉2013
会期:3月24日(日)まで/会場:岩室温泉 【新潟市西蒲区】

1-1016.jpg

1-1019.jpg






↓リーフレットは案内所で¥300で販売。

1-1015-p.jpg
1-1024.jpg

世紀の愚策 あるいはイメージと実態とのズレ

東急渋谷駅地下化に絡む都市計画について調べていたら、アーバン・ダイアリーと題されたブログにたどり着いた。筆者はある大学教員のかた。元来の専攻は都市計画のようだからそうした内容が多そうだけど、スポーツやら映画やらと話題は多岐に渡る。皮膚感覚というか視点というか、ものの捉え方に私自身の発想とどこか類似するものも感じられ、興味持って当の「都市計画」以外のところも少し読んでいた。
で、昨夜遅くに更新された記事が「大学入試における英語」の問題。

http://urban-diary.blog.so-net.ne.jp/2013-03-21-1

すっかり知らないでいたが『国内全ての大学の入学試験を受ける基準として英語運用能力テスト「TOEFL(トーフル)」を活用する方針を、20日に自民党の教育再生実行本部(遠藤利明本部長)が固めた』とのニュースがあったらしい。それに関する論考である。


見出しからして『TOEFLを大学の入学試験を受ける基準とするのは世紀の愚策』と手厳しいが、その理由はきわめて明快である。
まずTOEFLは「大学受験の基準を図るにはあまりにも難しすぎる」点が挙げられ、なぜ難しいかということが実例で示される。なるほど、難しいわけである。つまりこの試験は、「外国人が留学時に必要とする英語力を試すもの」であり、日本人の英語教育の成果を図るものでは決してなく、だから「尺度として不適切」、重さを測るのに物差しを使うようなものだと結論づけている。
さらに、TOEFLは公的でも何でもない民間企業がつくっているテスト(簡単に日本で例えれば、「進研ゼミのテスト」みたいなもの)であり、そこに高額の費用がかかる(=受験生の負担大幅増)ことも指摘される。
私自身、TOEFLを受けたことがないから体感的にはまったく知らないでいたが、日本人が感じていた「イメージ的なもの」と実態とのズレ、そんなものが現場には漂っているようだ。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR