アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡の米百俵の学校

2-048.jpg
「米百俵の学校」と大きく垂れ幕がかかっていたので撮ってみた。長岡駅東口近く、阪之上小学校。 今にして思えば、改築される前の古い校舎の写真を撮っておきたかったところだが、どうしようもない。


パワーが出るようにと寺島の「コメリパワー」を撮ってみるも、ここって、前にも書いていたけれど、写真にすると色の出方にどうにも生活感がない。映画館の写真はおまけ。
2-050.jpg

2-051.jpg

エックス展Ⅳのリーフレット制作中


7月開催の「エックス展Ⅳ~若きクリエイターたちの自由表現」の展覧会案内を制作中。
ゲラがあがり校正をしている段階です。 今回の展案内は、エックス展初の2会場同時開催ということから内容を詳しくし(バージョンアップし)、出展者紹介も掲載したリーフレットとして制作しています。




■ エックス展Ⅳ  art show - 若きクリエイターたちの自由表現 
第一会場:新潟市美術館ギャラリー/7月13日(土)~15日(月・祝)/※初日は午後スタート
第二会場:小羊画廊/7月11日(木)~15日(月・祝)
出展: 相川恵子、 安達真梨奈、 大瀧洋平、 菊池都、 倉持至宏、 小林真弓、 近藤武弘、 清水琴友、 たかだみつみ、 高橋佐紀、 トヨヲカ37、 頓所康則、 中村綾、 西片結花、 nezi、 橋崎まこ、 長谷川侑奈、 吹越麻生子、 monge

もうすでに違ってる?

5月3日付の朝日新聞「プロメテウスの罠」を読んであたしはびっくらこいてしまったよ、と始まる室井佑月さんのコラムを見つけた。
「空気を読む」なんていうよくわからない風潮に与せず、いつもながらストレート、ど真ん中。タイトルは「もうすでに違ってる?」。
http://dot.asahi.com/news/domestic/2013051400036.html

長岡高校周辺



長岡高校の周辺。近くに行ったついでに、昨日撮ってみた。
れんが造りの正門は1916年、旧制長岡中学新築時に建てられたらしい。登録有形文化財にもなっている。
2-042.jpg

展望フロアからのツインタワー

スカイタワーp
オノボリさん風だけど、先日の六本木・森美術館訪問時の写真。
東京スカイツリーと東京タワーが同時に望めるということで、展望フロアから。

20周年の記念作品

以前個展をおこなったことのある都内ギャラリーが20周年を迎えるというので、記念作品展をするからハガキサイズの「絵手紙」1枚供出せよと連絡があった。これまでの個展作家に依頼していて、それぞれから届いた「絵手紙」を、20周年企画として展示するのだそうだ。
20年ともなれば個展をした作家も相当な数にのぼるだろうから、それを一堂に展示するのも面白そうだし、20年のお祝いに私の作品も加わるのも光栄なのだが、いかんせん絵手紙の類は不得手で、ササっとペンを走らせ瞬時にそれらしく描くようなセンスも持ち合わせてない。だから、さてどうしたものかと悩んでいた。
ではそれならと、コンセプチュアルな方向に視点を向けてパソコンで作っちゃおうとなったわけ。作品はハガキ1枚、まぁあんまり深く考えすぎてもいけないということで、20年記念だから20年を浮き彫りにするような「文字か記号的なもの」をただプリントする、ということをやろうと企てた。
番外-モナa-p
そこで「20年前には私は何をやっていたのか」ということから思考を巡らして作品化するか、あるいは「20年後のことを考える」ことで20年の月日を逆に浮き彫りにさせるかのどちらかでと思い、まず前者の20年前のことを考えてみたら、大きなコンクールで受賞して作品買上になったり東京でインスタレーションの個展や二人展を連発したりとなんとも「当たり年」だった。「悶々と制作しているときの苦悩のメモ」でもあればそこから発想展開して…と思っていたが、困ったことにこれでは自慢しているだけだから逆に作品には不向きのよう。 では後者の「二十年後」と思ってみたものの、高校生の時に読んだオー・ヘンリーの短編が同名だと気づいてしまったら、そのイメージしか湧かなくなってしまった。まさか警官の絵を描くわけにもいかんしね。

ということでまだ制作途上。締め切りが近づいているが、ハガキだから搬入はポスト投函するだけで、簡単なのは救い。上の「ヘンな」写真は、どう作ろうかと考えているときにパソコンからたまたま出てきた(存在も忘れていた)だけの旧作画像で、今回の出展作品とはなんら関係ありません。

笠原もなか作品の到着(part-2)


上は笠原もなかさんの新作4点。作家から本日届きました。

2-038-p-a.jpg長岡小嶋屋CoCoLo長岡店「笠原もなか展・対岸の花」で、来週予定されている展示入替用の作品です。
21日(の開店前)に入替をおこない、同日から「対岸の花」展はpart-2となります。

笠原もなか展「対岸の花」
展示案内   ■展示作品リスト(part-1)

「てしごと逸品の会」展 at daisy

2-037.jpg カレー&カフェのデイジーで毎年開催している「てしごと」展が10回目を迎えるよう。発行中のマイスキップ(5月号)にもインフォメーションが入っているが、以下、そこから抜粋して。ランチタイムは混みあうこともあるから、ゆっくり見たいかたは午後2時以降がオススメだとは店主談。

第10回てしごと逸品の会
会期:5月29日(水)~6月9日(日) /火曜定休/11:30~15:00、18:00~22:00
会場:daisy 【長岡市】

デイジーでも使っている、味わい深い「てしごと」の品々を展示、販売。うつわ(沖縄、小鹿田、益子ほか)やガラス(沖縄、倉敷)など。

スーパーの研究、あるいは胡麻とトンガリコーンと納豆のアート

前の記事で「(食品スーパー探訪が)美術とどう関係するかわからない」なんて書いていたが実を言えばそうでもなくて、案外関係していたりする。

で、私の周りで思い出したのが3つ、胡麻とトンガリコーンと納豆の作品。ゴマは、1990年代前半くらいのころだったと思うが柏崎在住現代美術家の三上祥司さんが創っていて、黒胡麻と白胡麻を丹念にボンドでつなぎ合わせて固め、背の丈ほどある大きな“彫刻”に仕立てた作品。材料となるゴマは市内のスーパーで調達していたらしいが、とにかく大量だから、「柏崎のスーパーではゴマが(沢山仕入れても)すぐ店頭からなくなるんぢゃないか」なんて話をその頃よくしていた。なぜゴマが異常に売れるのか、スーパーの仕入担当は現代美術の事情なぞ知らないから、不思議に思ったに違いない。
トンガリコーンは、時期は同じころだが別の作家。アトリエを訪問した際ちょうど制作中で、ひとつひとつボンドでつなげて立体作品にされていた。展覧会での発表は特になされなかったとは思うが、やはり近所のスーパーでトンガリコーンを買い込んでいたよう。納豆は7年前の私の作品で、おかめ納豆の「おかめ顔」のパッケージデザインが気にかかり、そのころスーパーでかかさずチェックしていたのだが、「笑えるアート」なる画廊企画展があったものだから作品化してそこに出展した。インテリアショップで買った小さな額に入れてお洒落なインテリア風にとまとめた小品が現存する。いま見ても面白い出来だと思ってはいるが、いくら額がお洒落でも要はおかめさんだから、なかなかインテリアの用はなさない。


各作品の写真はあいにく手元からすぐ出ないが、いま見てみたら、三上さんの作品は当時のシリーズが「新潟現代美術HP」に掲載されていた。デステ・コテという作品、web上で画像も小さいから詳細はわかりづらいのだけど。

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR