アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


鍵盤ハーモニカと月の砂漠

ピアニカっていえば小学生のとき音楽の授業で使ってたアレ、だけど、別にお子さま用というわけでなく、表現力の高い楽器なんですね。それを駆使した松田昌さんのジャズ演奏がこちら↓。 ちなみにピアニカってのは商品名だから、ライター的には使えない単語で、正しい記述は「鍵盤ハーモニカ」となる。

月の砂漠/ 松田昌(鍵盤ハーモニカ)、佐山雅弘(ピアノ)
http://youtu.be/VDrnPcH8YEw


月の砂漠でジャズといえばリー・モーガンが一番に思い浮かぶけど、こちらも凄くよい。

店名を知らない居酒屋

長岡市内の写真から。
幹線道路沿い、交差点の信号脇にある居酒屋。ここだけ佇まいが違ってなにやら目立ち、信号で止まるたびについ見てしまうが、中にはいったことはまだない。店名さえよく把握しておらず。


下は長岡駅近く、袋町のあたり。
1-1109_20130429082113.jpg

松川ヒサシ展

銀座「長岡小嶋屋」の店内展示、7~9月の内容案内です。

無題a 1-358.jpg
銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.06
松川ヒサシ 展

会期:7月2日(火)~9月29日(日)/休館日:8月19日(月)
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
会場:長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店

■作家略歴
新潟県五泉市生まれ、同市在住。第3回雪梁舎展にて新潟日報美術振興賞、第27回新潟県芸術美術展「芸展」にて連盟賞。ほか、上野の森美術館大賞展、伊豆美術際絵画展などに出展。個展多数。日本美術家連盟会員、新潟県美術家連盟会員。



●蕎麦店内の展示となりますので来場時には店内でのご注文が必要になります。新潟名産「へぎ蕎麦」だけでなく、新潟にちなんだオリジナルカクテルや地酒、あわせて新潟の食材を使った肴などもあり。

宮崎国際現代彫刻・空港展

2013-06-miyazaki.jpg 2013宮崎国際現代彫刻・空港展
会期:6月9日(日)~6月23日(日)
会場:宮崎空港ビル1F オアシス広場

国内外59作家が出展。新潟県内からは1作家、霜鳥健二さん(燕市)の出展があり。

紛らわしいネーミングと上越妙高駅と脇野田駅


2-095.jpg
上越市高田地区に建設されている北陸新幹線の新設駅の名称が「上越妙高」になったと、この週末に大々的に報じられた。上は、昨日および一昨日の新潟日報。

駅名をどうするかで散々もめていた。わたし的にはあんまり好きなネーミングではないんだけど、結局は「観光地の“妙高”の名も入れて」と、これまで出てきた駅名案のなかでは一番中庸にはみえる。
で、新聞記事を読んでいて、ふと気になった点をひとつ。新幹線「上越妙高駅」は近くの信越線・脇野田駅と一体化されるようだけど、この脇野田駅も上越妙高駅と改名されるんかいな、ということ。駅として一体化し整備するなら駅名が同一でないと紛らわしいし、かといって在来線的感覚からすれば妙高はまだまだ先だから、この駅を妙高としてしまうのも紛らわしいものがある。
「上越」が駅名に入ると上越新幹線と混同して紛らわしいとただでさえ言われているが、こちらのほうの紛らわしさはさてどうなるのだろう。

宇梶静江展

     
昨日8日付の読売新聞(新潟版)より。 「アイヌ刺繍で作品展」と、新潟絵屋で開催中の宇梶静江展についての紹介がなされていた。
アイヌ民族の権利獲得運動に取り組んでいる宇梶静江さんが、村の守り神としてアイヌの人々に信仰されてきたシマフクロウを刺繍で描いた作品20点を展示しているとのこと。作家は2011年に吉川英治文化賞を受賞。

宇梶静江展
会期:6月2日~10日
会場:新潟絵屋 【新潟市中央区】

新津探訪続編と創業1910年のにいつフードセンター

20130606 ブログー03
新津駅である。
おととい「野田英世×新津めぐり」展(三方舎)に行った際に撮ったもの。

この日は車ではなく電車(快速くびきの号)を使ったから、こうした写真も撮りやすいわけである。新潟に居ると車で動くことが多いのだけど、電車のほうが早いし、運行本数の極端に少ない「快速」に時間を合わせられればなかなか快適だし、展会場の三方舎は新津駅から歩いてほどよい距離。それなら商店街散策も一緒にと思ったので。
往路は12時に新津駅に到着、帰りの14時15分「くびきの2号」まで2時間以上あるから、駅前商店街を散策しても時間に余裕ありすぎかと思っていたが、ギャラリーで作者や訪れた美術ファンのかたらといろいろ話をしたり、居心地のよさについゆっくりしていたら、けっこうギリギリではあった。
2-093-p.jpg 会場に向かう途中いい感じで見つけた「新津フードセンター」に帰路に立ち寄ろうと(スーパーマーケット好きなので)狙っていたがそんな時間はなくなる始末。また、展の企画趣旨をよく把握しないで伺っていたが、今展の意図の中には「三方舎で先に制作した“新津めぐり”マップの掲載店舗を野田さんが今回スケッチし、その作品を当の各店舗内に飾る」(=野田スケッチを足かがりに新津めぐりを楽しんでもらう)ということもあったよう。野田さんの作品が飾られた駅前のカフェなども寄れればよかったんだけどね。

2-092.jpg
さて、その新津フードセンターであるが、窓にはSLのポスターが貼られ、大きく「鉄道のまち新津」と書かれていた。HPで見ていま知ったぱかりだが、創業は1910年(明治43年)と100年以上前。かなりの歴史があるよう。

エックス展Ⅳ art show~若きクリエイターたちの自由表現~

エックス展  art show ~若きクリエイターたちの自由表現~
●第一会場(新潟市美術館ギャラリー):7月13日(土)~15日(月・祝)
   新潟市中央区西大畑町5191-9
   9:30~18:00(ただし初日は13時スタート、最終日は16時終了)
●第二会場(小羊画廊)                       :7月11日(木)~15日(月・祝)
   新潟市中央区西堀通7番町ホワイトプラザ西堀2F
   11:00~18:00(日曜は17時終了、最終日は16時終了)


2-075_20130531201904.jpg
地図はクリックすると大きくなります


未知数の可能性(=エックス)を捉えようと、2010年からスタートしているシリーズの第4回展です。

今回はシリーズ初めての2会場開催で、小品中心の展示となる小羊画廊では作品頒布にも対応します。
出展は、県外在住の2名(いずれも新潟県内出身)を含む19名。意欲ある学生の参加がある一方、すでに個展やイベント等で広く活動していたり、各種展覧会での受賞等、実績を重ねるクリエイターの出展もあるなど幅広いメンバー構成です。絵画、イラスト、絵本、立体等、多様な表現を展開します。
 出展:
相川恵子、 安達真梨奈、 大瀧洋平、 菊池都、 倉持至宏、 小林真弓、 近藤武弘
清水琴友、 たかだみつみ、 高橋佐紀、 トヨヲカ37、 頓所康則、 中村綾
西片結花、 nezi、 橋崎まこ、 長谷川侑奈、 吹越麻生子、 monge

 企画:アトリエZen
 公式サイト:http://artexhibition-x.jimdo.com/



エックス展 これまでの展示記録
Vol.1 2010年3月21日~28日、gt.moo gallery(新潟市亀田)/出展:県内在住18人
Vol.2 2011年3月15日~21日、新潟市美術館 ギャラリーB室/出展:県内在住13人
Vol.3 2012年7月14日~16日、新潟市美術館 ギャラリーB室/出展:県内在住13人

会場風景】       

野田英世×新津めぐり展

今日は新津・三方舎での「野田英世×新津めぐり」展に。長岡在住の建築士・野田さんが、新津の日常の風景や建物を描いたスケッチの展示である。

20130606 ブログー06
会場は古民家を改装したスペース。テラスにも作品を木にひっかけるように展示してあったので、常設(店の販売物)としてそこに置かれていた星名泉さん作のガラス作品と一緒に撮ってみたのが上。せっかくの初個展開催なのにと思いつつ、ピントは本人スケッチ画でなく泉さんのほうに合ってしまうよう。

以下、建物外観と展示風景(一部)を。
20130606 ブログー09-p
20130606 ブログー07

野田英世×新津めぐり 展
会期:5月24日(金)~6月9日(日)
会場:三方舎 【新潟市秋葉区(新津)】

«  | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR