アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

05<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>07

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


エックスをキーにしたデザイン

エックス展のDMを第1回から順に並べてみた。毎回、エックスの文字をキーにしてのデザインである。



2-124.jpg

さて、この「エックスの文字をキー」ということでいえば、高校生のときに熱心に読んでいた推理小説のシリーズ、エラリー・クイーン「Xの悲劇」があり、それを思い出す。
詩人・田村隆一が訳した角川文庫版が好きだった。昔から妙なところに凝る癖があったようで、わざわざ他社の訳本を見てその訳し方を比較し、「さすが詩人、訳が格好よい」なんてその頃言っていた記憶まである。 カバーデザインのエックスも雰囲気があってお気に入りだった。
でも、いまアマゾンを見てみたら、この田村隆一版は廃版のようすで、いつしか訳者も替わっている。田村版は全巻(といってもドルリーレーンのシリーズは4冊だけど)手元にあるからこれは希少価値が増すかいなと思ってみたものの、新しいカバーデザインのなんとも安っぽい変わりかたを見ると、なんだか残念。



エックス展  art show ~若きクリエイターたちの自由表現~
●第一会場(新潟市美術館ギャラリー):7月13日(土)~15日(月・祝)
   9:30~18:00(ただし初日は13時スタート、最終日は16時終了)
●第二会場(小羊画廊)                       :7月11日(木)~15日(月・祝)
   11:00~18:00(日曜は17時終了、最終日は16時終了)

宮本寿恵子・さいとうようこ展と10周年のギャラリー

2-122.jpg
ギャラリー13代目長兵衛で開催中の「宮本寿恵子・さいとうようこ 二人展」より。手前のオブジェが宮本さん、背後の絵画がさいとうさん。




2-121-p.jpg

右は22日の日本経済新聞。日経は見る機会がほとんどないが、ギャラリー13代目長兵衛の紹介記事が掲載されたとのことで、ギャラリーのSさんから見せていただいた。

2004年にオープンしたから来年10周年となる。記事は特に「10周年」とはうたってないが、2003年におこなった蔵の曳屋工事や、開業当時のことを振り返るSさんの談話も組み入れ、この10年のギャラリー活動を俯瞰した周年記念的な内容。
私自身、オープンの前年、つまり10年前にギャラリーの運営や企画についての相談を受け、Sさんはじめ関係者にいろいろ話をする機会があったのだが、それからもう10年かぁ~などと記事を読みながら感慨的に思ったわけである。

「十年はひとむかし~」と歌う井上陽水の曲があったけども、10年も経つと当時の小学生がいきなり美大生になって現れたりするから、やっぱり一昔なのである。そういえばギャラリー13代目長兵衛も、近くにある小学校から下校途中の小学生が立ち寄っていたよう。絵の好きな小学生はやはりいるもので、何人かは決まって毎回の展示に来ると開業当初のころよく聞いていて、私が企画に関わった展覧会でもランドセル姿の子供がふつうに来場した。「子供から大人まで誰でも楽しめるギャラリーです」と謳い文句にする展示スペースも数多いが、実際には難しいことでそうはなかなかならないから、特筆すべきことと思っていた。
記事には「子どもの思い出の中にギャラリーが残ってくれたらうれしい」との談話が紹介されていたが、当時の小学生は年代的にはいま大学生、そのときの記憶がもとで(将来は地元のこのギャラリーで初個展をやる!などと意気込みながら)美術の道にすすんだひとも、いるかもしれないね。
2-123_20130625224912.jpg

笹川春艸展と笠原もなか展と諸々準備中

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」での笹川春艸墨画展、3か月間のロングラン展示でしたが、今月末30日(日)で終了となります。下の店内画像は1か月前の記事からの再掲です。
2-071-p.jpg■展示作品リスト
2-070.jpg

■作品画集(ミニ冊子)の販売もあります




2-060_20130521111915.jpg
また、CoCoLo長岡店のほうの笠原もなか「対岸の花」展も会期が残り少なくなり、7月5日までとなっています。こちらも約1か月前の記事から展示風景(→)を再掲して。

1-1085.jpg


さて来月は銀座ニューメルサ店の展示入替での上京に始まり、エックス展Ⅳの搬入展示(小羊画廊、新潟市美術館)もすぐあるから、準備だなんだとここのところ重なっている。

月刊にいがたタウン情報7月号

月刊にいがたタウン情報の新号(7月号)が発行になったよう。

ARTコーナーでは「エックス展Ⅳ」が大きく(近代美術館・ルーベンス展の下に)紹介されていましたので、さっそく↓に。掲載されている画像は、西片結花さん、相川恵子さん、菊池都さん、清水琴友さんの4作品です。
番外富士通130624-01 番外富士通130624-02a


エックス展 art show ~若きクリエイターたちの自由表現
オフィシャルサイトhttp://artexhibition-x.jimdo.com/

エックス展Ⅳ 公式webサイトの開設

7月開催のエックス展の、展覧会公式webサイトなるものを作ってみた。今回初めての試みである。 ↓
http://artexhibition-x.jimdo.com/
2-108.jpg



知人作家が何人かJimdoでHPを作成しており、作成がひじょうに簡単(かつ、無料でもOK)と知っていたから、それを使っている。
ただ「作成がひじょうに簡単」というのは、逆にいえば、作成システムがある程度統一されているということだから、細かな自由度はない、というか、デザインなどで凝りだそうとするともろもろ設定をいじったり技を使わないとならず、途端に難しくなる。製作時間もかけられないから、その辺は「いかに早く、わかりやすく作るか」と割り切っての即席制作である。

弥彦グランドホテルと野外アート展御一行様の看板

昨日は弥彦まで。

ついでなので弥彦グランドホテルにも立ち寄って、外観写真を撮ってみた。新潟日報で先日大きく報じられたが、同ホテルは来年1月6日に自主廃業することになっている。経営は黒字だが、売り上げ拡大が見込めない中「築50年となる施設の大規模改修が必要だが、そこまでして続ける経営体力はない」と判断したと、記事にある。



2-099-p.jpg
このホテルには、数年前、2009年「弥彦・野外アート展」のときに宿泊している。展覧会開幕の前日に前夜祭的宿泊宴会をやろうということで、出展作家や関係者で希望者を募り泊まったもので、玄関先にも「弥彦野外アート展御一行様」とデカデカと掲げられた。そんな写真を撮っていたなと思いだし、探し出して貼り付けてみた。
2-107-a-p.jpg
いいホテルだったという印象が残っているから、そのときに客室などもしっかり写真におさめておけばよかったのだが、いま見たらこういうの(←↑)しかないよう。だからまぁ気づいたときにと、取り壊しになるのはまだ少し先のことだけど記念に外観を撮ってみた次第。


ちなみに、その「弥彦・野外アート展」ですが、隔年で開催しており今年は開催年にあたります。弥彦村などとの協議を経て、秋に第7回展を実施することが決定しています。出展作家も確定していますので、それら詳細についてはまたご案内します。

しぶかわ慶子展

長岡小嶋屋“蕎麦×アート”
CoCoLo長岡店の展示案内です。

2013-06-12ブログ-01-pa CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.24
しぶかわ慶子展
会期:7月6日(土)~9月5日(木)
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
       (長岡駅ビルCoCoLo内、1階)
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)


三条市在住のイラストレーター・しぶかわ慶子さんが「幸せや癒し」をテーマに制作した絵画7点を展示。
本展では2か月の会期の間、約2週間毎に展示作品を入替えていく予定(一部)です。




●駅ビル内の人気飲食店のため、ランチ時は特に混みあいます。作品空間にゆっくり浸りたい場合など、少し時間を避けていただけるとよいかと思います。「そばがき」といった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒーなど喫茶メニューもありますので、ティータイム等の喫茶でのご利用も歓迎です(コーヒー、紅茶は315円とリーズナブル)。
●作品のご購入希望がありましたら、アトリエZenまでお問い合わせください。

アトリエZen・問い合わせメール:
atelierzen99☆yahoo.co.jp (☆を@に)

舟見倹二版画展


ギャラリー宮本での舟見倹二展より。
方形のシルクスクリーン版画作品が7点。うち1点は壁ではなく床に、床面から少し浮かせるようにして置かれる。6月28日まで。

坂井亮円展と田中瑞木展とすずカフェable

昨日は浦佐まで。
ここのところ何かウラサづいているようで今年4月くらいから何度か行くことが続いたが、続くときは続くもので、この日は坂井亮円展と田中瑞木展とを観に。方角は反対になるのだけど、いずれも浦佐駅から車で5分くらい。

坂井さんの展示会場は、「往還堂」と名付けられた「お寺」で、地域交流館的な使われ方もされているらしい。2011年第10回新潟県障害者芸術文化祭での県知事賞受賞作品ほか、近作の展示。
田中瑞木さんのほうは社会福祉法人桐鈴会が運営する「工房とんとん」が会場。同工房は様々な障がいを持っている方々の日中活動の場で、すずカフェと名付けられたベーカリーカフェが併設されている。 今年4月にオープン、今回はその開設記念企画となり、 アートビリティ大賞展(2005)でアサヒビール奨励賞を受賞するなど活躍し、新潟やこの施設にも元々縁のあった田中さんの作品で門出を飾ったというわけである。カフェを中心に(敷地裏にあるお堂なども含めて)多数の絵画が並べられ、「これを機に、田中瑞木の世界に浸ると同時に、工房とんとんの生活を皆様にご覧頂けたら」とある。
20130616 ぶろぐー1

20130616 ぶろぐー2
ベーカリー・カフェ・ギャラリーといった体裁だが、この日は日曜でカフェもベーカリーもお休み。だから実際に食べたりは出来ず、いただいた案内チラシをとりあえず↓。
20130616 ぶろぐー4

坂井亮円 第1回個展~さをりと絵画
会期:6月15日~7月15日/金・土・日曜のみの開館
会場:往還堂 【南魚沼市】 萌気園大和通所介護施設「地蔵の湯」の敷地内
田中瑞木展
会期:6月15日(土)~7月28日(日)/月曜休館、日曜は喫茶休業
会場:工房とんとん/すずカフェ・エイブル 【南魚沼市】
主催:社会福祉法人桐鈴会 工房とんとん 

鍵盤ハーモニカと月の砂漠

ピアニカっていえば小学生のとき音楽の授業で使ってたアレ、だけど、別にお子さま用というわけでなく、表現力の高い楽器なんですね。それを駆使した松田昌さんのジャズ演奏がこちら↓。 ちなみにピアニカってのは商品名だから、ライター的には使えない単語で、正しい記述は「鍵盤ハーモニカ」となる。

月の砂漠/ 松田昌(鍵盤ハーモニカ)、佐山雅弘(ピアノ)
http://youtu.be/VDrnPcH8YEw


月の砂漠でジャズといえばリー・モーガンが一番に思い浮かぶけど、こちらも凄くよい。

 | ホーム |  »

カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR