アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


朝日新聞のスクープとデンカセメント


ビッグスワンスタジアムのネーミングライツ(命名権)。
東北電力撤退後、来年以降のスポンサーがどうなるかという問題で、今朝の朝日新聞である。(応募する企業があるのかと不安視もされていたが)電気化学工業が応募していたとのこと。まだ締切前の段階での話だから、そうと決まったわけではないけども、他紙には出てなかったようなのでちょっとしたスクープなのかも。
電気化学工業は略称「デンカ」で、個人的にはデンカセメントと真っ先に浮かぶ。 スタジアム名がどうなるかわからないが、ひょっとするとブランド名を使って「デンカセメントスタジアム」だらうか。サッカー・アルビレックスの本拠地であることからすれば、 バカうけスタジアムとなるよりは確実に強そうでなによりではある。固そうだけど。

そういえばデンカセメントのプラントはかつて長岡にもあった。廃線となった越後交通・長岡鉄道の沿線で、同鉄道を最後まで貨物利用していたはず。

Avant garde In Kashiwazaki


県内外15作家が出展し開催中の「Avant garde In Kashiwazaki 2013」より。at 柏崎・十三代目長兵衛。

ブカツの時間~長岡高専デザイン部



もうひとつ、本日の新潟日報から。
不定期なのか月1とかの掲載周期があるのかよく把握はしてないが、県内高校の文化系クラブの活動を紹介する「ブカツの時間」というコーナーがあり、楽しみにしている。大きく1ページを使っての紹介記事である。
今回は、長岡高専のデザイン部が取り上げられていた。前にマイスキップで取材するなどで知っている学生も居たので、より楽しく読んだといったところ。「美しさと強さ求め」と、ちょっと工科っぽいところもいいと思う。

新基準とムチャぶり

2-279.jpg
上は、今朝届いたばかりの新潟日報。
原発の再稼働の新基準に関しては、ちょうどおしどりのマコさんが実際に作業されているかたの意見を紹介していたので、少し長いが以下抜粋してみる。

作業員の方々は「福島原発事故の原因が解明されてないのに、教訓として生かされてないのに、新基準作っちゃって大丈夫?」とおっしゃる方が多いです。 「ハード面じゃなくて、ソフト面が全然なってないよ。シビアアクシデントになったとき、誰が対応するの?福島ではさ、みんな責任感や正義感や良心で現場が動いた。『行ってくれるか…?』と言われ、こちらに主導権があったんだよ。でも、どれだけ責任感で(大量に被ばくし)事故の収束作業にあたっても、結局切り捨てられちゃうんだもん。もう今回の事故で、業界の現場の人間はそれがわかっちゃったんだよね。 もう一度、どこかで事故があったとき、『行ってくれるか…?』と言われたら、みんな、イヤだ! と遠慮なく逃げ出すよ。今回の事故は、事故のときに、誰が動くか、ということをあぶりだした一面もあるんだよね、通常時と、事故時は全く条件が違うよ。」
(で、それをふまえて規制庁に質問)
――シビアアクシデントのときは、誰が対応するんですか? 自衛隊や警察、消防に原子力の教育、防護はいりませんか?
規制庁「基本的に事業者が対応することになっています」
――9・11のようなテロの状況のときでも、事業者が対応するんですか?
規制庁「はい、基本的にはそのようになっております」
――資料には原発のシビアアクシデントのときの「国民の安全、保障…」などなど書いておられますが、これも結局は事業者が…。
規制庁「はい、事業者が対応するようになっております」



とまぁ、どんな事故でも事業者がすべて対応するようである。それは「自分たちの責任回避、お金を使いたくないという考えで東電にすべてを押し付けて、東電は営利企業体としてふつうのことを続ける」という現在の構図そのままで、金かけず に作ったタンクで大量&高濃度の汚染水が漏れて、「海外では連日深刻な危機として報じられている」ことなどどこふく風といった感。不十分と県知事が批判する新基準は、マコさんも書いているように「なんだ!このムチャぶり!! 」である。

2-271.jpg

長岡小嶋屋でのしぶかわ慶子展


長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に飾っているしぶかわ慶子作品を明日、4点ほど入れ替える予定です。本日、作家から新しい作品が届きました。
きわめて簡略的な撮影なのですが、上はその届いた作品から。


2-252_20130812152450998.jpg CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.24
しぶかわ慶子展
会期:7月6日(土)~9月5日(木)
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
       (長岡駅ビルCoCoLo内、1階)
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-1931.html


作品の購入希望、問い合わせはアトリエZenまでお願いします。

地元作家を身近に/ラ・ボントーンとのコラボレーション

今朝の新潟日報に掲載された、ラ・ボントーンとのコラボレーション(パン屋さんのなかでのアート展示)の紹介記事です。
   

Niigata News Networkのコーナー。
「地元作家を身近に」と見出しがつき、『今朝白3のパン屋「ラ・ボントーン」の壁面を利用し、県内作家の作品を紹介するコーナーが好評だ。時折、立ち止まって作品を見詰める客もおり、人気を集めている』と書かれています。現在は、長岡在住版画家たかだみつみさんの作品を5点ほど展示しており、記事にもあるように、今後、2か月おきに作家と作品を入れ替える予定としています。



■ボントーン関係・過去ログ
アイスパンでなくブレッツェル  /  企画案内

3つの店内展示

現在おこなっている店内展示です。過去ログと一緒にindexとして。
画像は上から長岡小嶋屋銀座ニューメルサ店、同・CoCoLo長岡店、ラ・ボントーン。
2-134.jpg
2-252_20130812152450998.jpg
2-253_201308211855113fb.jpg

■長岡小嶋屋銀座ニューメルサ店
松川ヒサシ展(洋画を7点、蕎麦店内に展示)/9月29日(日)まで
五泉市在住画家
展示案内(展概要) / 展示作品リスト / 展示風景
■長岡小嶋屋CoCoLo長岡店
しぶかわ慶子展(イラスト画を7点、蕎麦店内に展示)/9月5日(木)まで
三条市在住イラストレーター
展示案内(概要) /  展示風景(part-1展) /  展示風景(part-2展)
■ラ・ボントーン
たかだみつみ展(木版画を5点、ベーカリーショップ内に展示)/
長岡市在住版画家/9月30日(月)まで、火曜定休
展示案内(概要) / 展示作品リスト

街中でみつけた和同祭ポスター

街中でみつけた、長岡高校「和同祭」のポスター。

ポスターの雰囲気はかつてのバンカラな校風の名残はなくイマ風という感じだけど、昔からおこなっている「市内パレード」は今も健在のよう。


和同祭 2013
会期:8月31日(土)、9月1日(日)/会場: 長岡高校

長岡市内


長岡市内・某所にて。(先月の撮影)

第43回世界児童画展とわたくし事

2-265_20130816124325127.jpg 第43回 世界児童画展   新潟県展
会期:8月13日~18日
会場:新潟県立近代美術館 2階ギャラリー

美術館のギャラリーに「世界児童画展」がきていたから、観に行く。数日前のルーベンス展とはうってかわり、館内はそう人も居なくて閑散気味。私自身の興味としては、ルーベンスと同じ程度には楽しみにして行ったのだけどね。
こうした児童画展は、展示された(入選した)子どもの家族親戚関係者が観に来るというのが相場なのだろうけど、特に縁故関係なく展覧会として見るには、説明等がちょっと無愛想な感じも。まぁ余計な解説などなくても、特に海外からの出展作品はなかなか楽しめたから、よいといえばよいのだけど。


わたくし事で
余談だけど、小学校の3年か4年のとき国際的な絵画展で入賞したことがある。展覧会の正式名称はウロ覚えだが、ぺんてるの画材セットを副賞でもらったことはしっかり覚えているから、今展の「ぺんてる協賛」というのを見て、おそらくこの「世界児童画展」だったんだろうかと思った。入選は全校でひとりだけだったから、その頃の田舎の学校としては相当な快挙だったのかもしれないね。

 | ホーム |  »

カレンダー

07 | 2013/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR