アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

09<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>11

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


明日からボントーンの展示も再スタート

3-428p_20131029212936db4.jpg 明日のオープンを控え、今日はラ・ボントーンの展示作業に。大橋絵里奈さんの「林檎料理」と題した連作4点を飾りました。内装がだいぶ変わった為、展示位置など以前とは少し変え、調整しています。

そうした設置場所の調整から始まり壁面への金具の取付等々と、さすがに時間はかかりましたが、いい感じにはなったと思います。明日から6日間、オープンセールをやるとのことなので、近くに来られたかたはどうぞお立ち寄りください。
3-430.jpg

パンを置く棚も今回新調されました。→
パンそのものは明日朝に焼きあがるため、まだ姿がありませんが、袖壁には先に絵を一枚。

3-431.jpg

     2-209.jpg

リニューアルオープン準備中のラ・ボントーン

ボントーン改装-01-p21日から改装工事をおこなっている「ラ・ボントーン」へ、今日は打合せを兼ねて。

工事はほぼ終了し、あさってのリニューアルオープンに向け、お店のスタッフ総出で準備中でした。 新しい店内は、今までより広く(かつ、明るく)感じさせます。明日、「絵画の店内展示」のほうの作業をおこないますので、展示を済ませてからまた店内の写真等もアップしたいと思います。


■改装前からひきつづいて、
大橋絵里奈さんの作品4点を飾ります
  外観も若干改修され、明るいイメージに変わりました。

ボントーン改装-04
10月30日~11月4日で、オープンセールを兼ねての「創業祭」がおこなわれます。

弥彦・野外アート展から/FM-Portの放送予定(前山忠さん出演)

開催中の「弥彦・野外アート展2013」から。
3-424.jpg
3-425-p.jpg
今回の野外展では、先般のTeNYをはじめ各メディアから積極的に取り上げられていますが、今週はもうひとつ、FM-Portでも紹介されます。火曜日の15時15分から。こちらでは、出展作家の前山忠さんが出演することになっています。

FM PORT 79.0MHz
10月29日(火)15:15~15:30/「four seasons」という番組内、KEY OF LIFEのコーナーで紹介予定です

川端隆行展から

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」で現在おこなっている、川端隆行展から。
(12月29日までの店内展示です)


3-406.jpg

  過去ログ
  ・展示案内
  ・作品リスト
  ・展示風景

  おまけ;   メニュー情報
(にいがた和牛ステーキ重セット)

ラジオ生出演の余談と変遷の面白さと宮下智の冴え

3-415-p.jpg 弥彦・野外アート展の話で先日出演したラジオ番組では、あらかじめ「放送のなかで弥彦野外展のこれまでの歴史も聞きたい」と言われていた。1時間もの番組となれば話すネタの整理もそこそこ要るだろうと、少し振り返っておこうと棚から取り出したのが、→。
2003年、第2回展の記録冊子で、放送の前夜に久々に目を通していた。

冊子は 1頁ずつ出展18作家の作品写真とコメントが収録され、他に美術評論家、弥彦村教育長や温泉旅館の組合長ら協力関係者の寄稿等で構成された全26ページ。
ちょうど10年前となる展の記録誌を見て改めて思ったことがふたつあり、ひとつは、10年前はふだんから大型彫刻を手がける彫刻家の出展も多く、木彫や石彫などの大型彫刻が多数点在していたこと。
作品自体の存在感も目立ち、もちろん、10年前といまとでは美術を巡る状況も変わっているし作品へのアプローチもより多様化しているから、単純に現状をネガティブに捉えるばかりではないけれど、この辺りの変遷は思考を深めるに面白い視点かなと。そんなことをまず思ってはみたのだが、もうひとつは、掲載されていた私自身の作品に関して。

私自身は第1回の2001年展には参加してなく、この第2回展が初出展となる。その経緯はラジオのなかで聞かれもしたので、「第1回展を観て、階段の踊り場を使う斬新さ、一段登るごとに次々に作品が視界に現れ、更に振り返ればこれまで見てきた作品が眼下に違う角度で臨める。こんな面白い空間体験があるのかと、自分も出展したいと感じた。次回第2回展でちょうど出展要請を受け、快諾した」と答えたのだが、「第1回展を見たときに、すでに(この場を活かすべく)作品プランはいくつか頭に浮かんだ」ことも、つい聞かれるまま喋っていた。
そうなのだ、このときは作品プランの発想なりアイディアをかなり持っていたのだった。だから2003年の作品はいくつかの案から選りすぐったはずなのに、いま改めて見てみると、それにしては出来が今ひとつ。構成の仕方も甘すぎていやはや駄作だと、そんなことを思っていたのだった。
でも、このときの作品の発想は翌2004年の東京都美術館でのインスタレーションにつながり、それは高く評価されたから、個人的な10年スパンでみれば、あながち悪いだけのことでもないかもしれない。そうした変遷も面白いといえば面白いのかも。


さて、当のラジオ番組では、リクエスト曲を求められたので、頭に浮かんだ順3つをリクエストさせてもらった。ロッド・スチュワート「it's not the spotlight」、太田裕美「Good bye season」、Chaka「Ninjin娘」である。
太田裕美はテクノポップ期のマニアックなものをと思いつつ「今年も空が高い~、学園祭の季節さ」と唄う季節感のフィットさが急に浮かび、アイドル期終盤のこちらに。テクノポップ期の「パスしな!」とか「お墓どおり」とかいう曲では、展覧会のPRしている脇で縁起でもないもんね。
ちなみに「Ninjin娘」の原曲は、30年以上も前、当時アイドル歌手だった田原俊彦(トシちゃん)が歌っていたもの。トシちゃんバージョンはコミカルタッチな軽い印象だったけれど、Chakaはホーンセクションをしたがえパワフルに歌い上げてすごいからリクエストしてみたが、あまりのマニアックさに局のほうで曲の用意が出来ず、生放送では差し替えられ本家のトシちゃんバージョンが。
残念ではあったけれど、ボーカルが下手とかどうとかいろいろ言われた当時の曲も改めていま聞くと、けっこういい。作詩作曲はいまや伝説化している謎めいた女性音楽家・宮下智で、その冴えがあるようで。

最後の、Gallery artbookchair at 長岡新産

3-391_201310261951079b1.jpg
上の画像は、11日に撮影したGallery artbookchairの一角。
同ギャラリーは今月に閉店を控えていて、弥彦野外展が始まる下旬以降は行けない可能性も高いだろうと、最後かもと思って撮ったなかの1枚である。
3-421-p.jpg
でも今日は新産の取引先に用事が出来たのをいいことに、再度ちょっと立ち寄ることが出来た。聞いていた通り店内の片づけはほとんど済んでいて、本棚にはこの日の来客用にと少しだけ残されていたが書籍の梱包もすすみ、事実上、今日が最終日となるようか。しばしお別れの、数ショットである。
  3-423.jpg

    3-416.jpg

■ Gallery artbookchair(at長岡新産)の主な過去ログ
・2013.3.20
    オープンとマイスキップの原稿
3-420.jpg・2013.9.21 鉄のオブジェ
・2013.9.22 閉廊に関して/店内風景
・2013.10.07
    Gallery artbookchairの入口



TeNYとFMラヂオはーとの現地生放送

今朝のblogにも予告的に書きましたが、今日は「FMラヂオはーと」とTeNY(テレビ新潟)が弥彦・野外アート展の取材(現地生放送)に来られました。
FMのほうは私も出演者の立場で、それが14時~15時。そのあと15時50分からTeNY生放送となり、その間に打合せやリハーサル時間と考慮すると、まるで計ったかのようなタイムスケジュールでした。

ラヂオのほうは本番中に写真が撮れるわけもなく、画像はTeNYのほうから。「夕方ワイド新潟一番」という、夕方の人気番組内での紹介です。
  
同番組の看板アナ、諸橋アナがレポーターとして来られており、番組のオープニングから同アナの登場。 上がその場面で、前山忠さんの作品の前(中?)に立ち、弥彦の景観を背景に話しているところです。このあと番組のなかでは展事務局長Sさんも登場し、2人で下から階段をあがりながら、順番に4作品を紹介していきました。

3-414.jpg

3-413.jpg
小雨のなか、作品の前で話す事務局長と諸橋アナ。&カメラクルー。

弥彦の景観彩るアート/新聞・ラジオ・テレビの三報道

今朝の新潟日報から。弥彦野外アート展の記事が掲載されていました。



「弥彦の景観彩るアート」として、先日の開会式&作家トークの様子を含めて報じられています。他、今日はいくつかのメディアでも紹介されることになっていて、県央地域のFM放送「FMラヂオはーと」では午後2時から1時間の特集(現地生放送)、テレビ新潟でも夕方のニュース番組内で取り上げられる予定です。

展示作業風景と冥加屋からの風景

弥彦・野外アート展の作品設置作業(19日)の写真です。3枚ほど。

3-400.jpg  3-401.jpg
左は2人のユニット「monge」さん。ステンレススチールの作品を設置しています。すでに設置完了していた前山さんの作品越しに。
3-402.jpg  下のほうの段ではまた別の作家が作業中



3-403.jpg


この日の宿泊先は、旅館業を始めて300年あまりという、由緒ある純和風旅館の「冥加屋」。弥彦神社のすぐ近くにあります。右は、2階の部屋から、窓の欄干に腰かけて撮った1枚。

■ 展覧会公式サイト  http://www22.atpages.jp/g1313/2013yahiko.htm

弥彦野外アート展、スタートしました/冷たい雨のなかでのオープニング

弥彦・野外アート展、20日に開幕し、約2週間の会期がスタートしました。
作品の一斉設置日は前日19日(土)でしたが、私自身の作品は現地組み立て型のインスタレーションで、(いったん出来てしまえば作品自体はシンプルなものの)設置から完成まで時間も思いのほか要すること、作品部材の運搬も事前に済ませたかったことから、弥彦には前々日の18日から行っていました。

現地組立作品なので、雨天荒天だと電動工具も使い辛いし、現場作業はたいへんさを増します。だから18と19両日の天気はずっと気にして、予報だの気象図だので「晴れ」の確信を得ていました。実際その通りになったのだけど、開幕の20日については少し前の週間予報で見た“好予報”の記憶をよいことに、以降それほど気にしていなかったら結果は雨。弥彦の高台という気象条件もあるのか、前日から一転、気温もすごく下がりました。冷たい雨のなかでのオープニングです。

3-398.jpg


野外展なのでそれはそれでいたしかたないし、雨のなかでの作品というのも見え方がまた変わって面白いもの。だから一概に悪いことでもないのですが、寒さもあるなか雨に少し濡れながら1時間ほどの作品解説会は、わたし的には折りからの体調不良を噴出させてしまったようで、そのあとに予定されていた「作家を囲む会(昼食会)」の出席は急きょ見合わさせてもらいました。ちょっとした風邪っぽさも元々あったのだと思いますが、作品制作も含めここのところ根を詰めた作業を続けていたので、無意識のうちに体力(抵抗力)も相当落ちていたのかもしれません。
知りあいの県外作家や大学生など、開会式には知人も多く来られていて昼食会にも多くが参加されたようですが、そんなかんなで私は不参加になり、残念でありました。20数年前の新潟市内某美術館でお世話になったOさんも来られると前日に情報を得て楽しみにしていたのですが。また、当日のそんな体調で気も配れず、あいさつをきちんと出来なかったかたには申し訳ありません。


初日は雨と急激な寒さとで、野外の過酷さもありましたが、いい作品もそろったと思います。画像は開会式のあとにおこなわれた、出展作家の作品解説のヒトコマ。左の、ピンク色の屋根の小屋のような立体は、三上祥司さんの作品「八一九の手前」です。八一九は「やひこ」と読みます。

 | ホーム |  »

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR