アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

10<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>12

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


10年前の「作品」と第1回のONE Mart EXPRESS展と第10回展

自作の整理をしている。
平面やインスタレーションなど形態はいろいろだが、創った作品にはいくつかの「シリーズ」がある。なかには長く続けてライフワーク化しつつあるものもあるが、一方で、テーマが決められた展覧会への出展や、誘われた「風変りな企画展」の企画趣旨にあわせた制作など、いわば「単発的に」こしらえるものがある。
で、後者の場合、展覧会が終わると作品はそのまま倉庫の奥に片づけられるから、あまりにイレギュラーなものだと本人もその存在をすっかり忘れてしまうものもあったりする。2003年の年末に「トシワスレ展」という企画をたて、それに自らも出展した作品がまさしくそれ。
ちょうど10年前となる2003年は、運営していたカフェギャラリーを3月末で閉店させた年で、この年末のグループ展では閉店後の活動自体を作品にしようと、4月から企画した6つの展覧会の写真と資料を一冊のアルバムにして、それを「作品」として呈示していたのだった。10年前の作品の写真を探している…なんて前に書いていたが、書いた途端、うっかり忘れていたこんなアルバムが出てくるから、面白いものである。
5-561.jpg

5-562p_20131129061904b23.jpg
2003年は「ONE Mart EXPRESS」展をスタートさせた年で、このころはblogも作っておらず写真等もそう残ってなかったから、美術家のSさんが後々ずっと「あの第1回展はすごかった」と言い続けた展示はちょっと伝説化していたが、きちんと記録しておくことは大事だとあらためて思った次第。
同展についてはメンバーを固定化せず、展のコンセプトも進化させながら回を重ね、昨年のいまごろ第9回展をおこなった。昨年と一昨年とこの11月の終わりくらいにおこなっていたから、「今年は?」とか「またやるんでしょ。楽しみにしてるね」なんて言われることもあるのだけど、今年度はお休みにしました。第10回展は来年に廻す予定で考えてはいます。
このアルバム「作品」には、他に、夏にギャラリー沙蔵でおこなった「蔵・展」など、いま見直しても興味深い展示がありますので、それらは機会を見てまた紹介できればと思います。また、第1ページには新潟日報・美術時評欄に「長岡の画廊喫茶 惜しまれつつ幕」と掲載された4月8日の新聞記事。「終わり=始まり」ということですね。 5-560.jpg

いまおこなっている店内展示

アトリエZenにて、いまおこなっている
5-557.jpg 店内展示はこちら↓
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2175.html



うち、ラ・ボントーンで展示中の大橋絵里奈作品(林檎料理シリーズ4作品)は、今月末までとなります。画像は、長岡小嶋屋・銀座ニューメルサ店から。

5-546_20131123194210c2c.jpg
川端隆行さんのミクストメディア作品を展示中です。

トリプル・ビル at 長岡リリックホール

5-558p.jpg
今日は夕方からリリックホールに。クラシックバレエ&ダンス公演「トリプル・ビル」を観に。スタジオ「JFB+Hかむろ真鶴」の創立35周年の記念公演です。

プログラム(公演解説冊子)制作 by アトリエZen

五十の市のスケッチと街の記憶と野田英世展

5-545p.jpg 長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に現在展示中の「野田英世スケッチ画」作品から。 左は、長岡「五十の市」にたつ“ふくや”を描いたスケッチである。

背景の右側に描かれているのは、取り壊しが云々されている旧長岡現代美術館の建物で、特徴あるデザインの手すりや存在感のあるコンクリート柱とともに、斎藤義重氏制作のレリーフの一端も記されている。先日、作者の野田さんと会った際、「さりげなく描かれたそうした背景も街の記憶というか、記録としての意味がまたあるよね」的な話をした。この旧長岡現代美術館が解体されることを想定して話したのだけど、他の作品(「はなや」だったかな)でたまたま背景に入れた古い木造家屋は、スケッチしてまだ日もそう経ってないのに「取り壊されて更地になってしまった」と野田さん。なんだ、もうすでにそうなのか、といったところ。

5-553.jpg
5-552.jpg
 野田英世スケッチ作品は来年1月末日まで 長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に飾っています
↓        
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2145.html


丸く覗く窓と市内写真館


長岡市内にて。
おそらく閉館となった、写真館。2階窓ガラスをわざわざ円形にくり抜くところがいい、と思う。

分厚い美術手帖と完全限定版フィギュア

10年前が云々カンヌンと最近少し古いことを備忘録的に書き出しているのだが、こちらは10年前の「美術手帖」。2003年10月号である。

5-556.jpg
創刊55周年記念として、海洋堂制作の村上隆完全限定版フィギュアが特別付録でついてきたので、保存していた。付録といいながらも、本体の美術手帖よりも分厚く、あわせて約3倍。エディショナルナンバーまでついている。
まだ未開封のままだけど、プレミアがつくのかどうか。

トリプル・ビル 公演プログラム

今度の日曜日、長岡リリックホールでおこなわれるバレエ&ダンス公演「トリプル・ビル」の公演カタログ(プログラム)です。オールカラーの22ページ、編集と制作をアトリエZenにて担当させていただきました。
5-536.jpg

5-537a.jpg

三上祥司展

5-550.jpg 渚の住人たち  三上祥司展
会期:12月5日(木)~17日(火)/
11日と15日は休廊
会場:ギャラリーゆうむ 【新潟市中央区】


三上さんは先般の弥彦・野外アート展にも出展。アトリエZenの企画においても、一昨年の新潟市美術館「contemporary art 4人の風景」展など、多数参加しています。

事前指導と描く行為と昨日の思考

大学生のころ、横浜市内の画材店でアルバイトをしていた。画材店といっても店頭で油絵具やキャンヴァスを売ったりするのではなく、まぁそれもやるのだけど、公募団体展のシーズンは神奈川県内の顧客(画家)宅にトラックで廻り、100号の絵画を集めてはそれを東京都美術館に搬入するというのが大きな仕事であった。首都圏は画家の数も多いから、ひとつの公募展でトラックが満載になったりする。

で、なんでこんな昔の話を書きだしたかというと、 要は絵の運搬業であって、だから要望されればどこでも運んでいたということを言いたかったのだった。つまり、最近なにかと話題になり、昨日も朝日新聞一面トップ(↓)で報じられた「事前指導の会」なんてのにも運んだことがある。私が行ったのは日展ではなく、別の、やはり名の知れた公募団体だったけど。

そこでは「下見会」と呼ばれていたが、内容は同じ「事前指導」である。運ぶついでに会のようすも第三者的立場で見て「ひぇ~」なんて思ったし、さらにいえば、お偉方は少し見ただけでどう「指導」してそれが本番でどう直されてくるのか、そんなのもつぶさに見ていた。かなり大胆に、まったく違う絵になるほど変えさせられるケースも多々あったから、傍観者にはけっこう可笑しい。経緯も知ると、結局誰が描いた絵なのかとみてしまうしね。

そんなのを傍目に、「描く」行為というのはいったいなんだろう?なぞと哲学的に思考した、ということもないのだが、「キャンヴァスを裏返して表には描かない」ことを始めたのもこのころだから、どこか無意識の深層心理的なところでは、いろいろ思考していたのかもしれない。と、昨日は朝日新聞みながら、そんなことを考えていた。

変わる5人展と見つけることのできない作品

5-547.jpg


栃尾美術館の入口脇にある市民ギャラリーで「変わる」と題した5人展が開催されていて、案内をいただいていた。マイスキップ紙で最終面のミニ写真欄(今月の写真)を担当してもらっている海津さんも出展しており、今月のタイトなスケジュールぶりに栃尾まで行けるかどうかと思っていたが、昨日(天気予報はよくないのに)見事に晴れていたのを幸いと、予定を変えて急きょ行ってみた。この季節、栃尾方面は雪になると行き辛いからね。

案内には5人の出展者名が記されていたが、会場を見渡したところ4人の作品しか見つけられず。はて?と、大学生のときのグループ展で「見つけることのできない作品」という傑作をこしらえたメンバー(一級先輩のMさん)がいたことを思い出してみたが、こちらもなにか理由があるのか、それとも特殊な展示形態で私がうっかり見過ごしてしまったか、あるいは単にリタイヤなのか、確認もしなかったのでよくわからず。 海津さんのお弁当箱みたいな手製の額装は、雰囲気もそれなりに出ていていいんじゃないかと思う。

変わる展
会期:10月29日~11月24日/最終日は14時まで
会場:栃尾美術館市民ギャラリー

 | ホーム |  »

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR