アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


銀座松坂屋跡地の再開発と10年間の記録

昨日の新潟日報紙、書評欄。そこで目に入った、銀座にはなぜ超高層ビルがないのか、である。


銀座の松坂屋が今年閉店し、写真にも撮っていたが、その松坂屋の跡地再開発計画に関して書かれた本のよう。個人的にまず目をひいたのは、その当初の再開発計画が「(ほぼ31メートルの高さでそろった銀座の目抜き通りにある建物を)高さ200メートルの超高層ビルに建て替える」という「なんだ、それは?」的なことではなく、その建替計画が発表されたのが2003年でちょうど「10年前」だったということ。最近、この「10年」とかいうキーワードにとても凝っているのである。だから、つい目についてしまう。
でもこの10年という言葉は本のうえでも意味があるようだ。レビューによれば「これまでの街並みとは不釣り合い(だけど、合法的)な計画に端を発し地元で街づくり会議が設立され、“銀座らしさ”とは何かと問い続けた結果、超高層ビル計画が白紙に戻った」10年間の記録である、とのこと。


銀座にはなぜ超高層ビルがないのか
~まちがつくった地域のルール
(平凡社新書)
著:竹沢えり子

若井宣雄展の準備中

三連休の真最中。
でもこの年末の押し迫っての連休だと、なかなか休みってわけにもいかず、今年は三日間とも仕事である。

連休にはいる前、新年に銀座でスタートする「若井宣雄遺作展」の作品を手元に運んできていて、さらに一部新調した額装や店内フライヤーも出来上がってきたから、今日は同展の準備作業を。

若井宣雄遺作展/2014年1月5日(日)~、長岡小嶋屋・銀座ニューメルサ店にて
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2232.html

A bit of happiness展

先日訪れた横浜・ギャラリーart Truthで、2014年新春第一弾企画のDMをいただいていた。
「あたらしい年のはじめ、ギャラリーに訪れたみなさまが、素敵な幸せの欠片(かけら)をみつけられますように…」とのこと。同画廊に縁の深い3作家の展覧会のようであるが、知っている(アトリエZenの企画にも一回参加されたことのある)作家もおひとり。世の中、何か繋がっているようで。
5-621.jpg
 A bit of happiness -幸せの欠片展2014-
 会期:1月8日(水)~19日(日)/火曜定休
 会場:ギャラリー art Truth【横浜市】
 出展:菅野由貴子、井上奈奈、ツリタニユリコ

新潟市内のギャラリー&ミュージアムマップ

5-619.jpg新潟絵屋が月刊で発行し、無料配布している「新潟島とその周辺/ギャラリー&ミュージアムマップ」の、2014年1月号が刷り上がったもよう。


10日くらい前に『とある月刊の、新潟で発行されているフリーペーパー的な媒体で、ミニコラムの連載を1年間することになった』と書いておりましたが、それがこれで、その第1回が掲載されています。 ただ、コラムとはいっても、先にも書いたように極小スペースの超ミニサイズ版。さらに広告にも埋もれたりもするから、言わないと(というより、注意してよくみないと)気づかないかもです。
たいしたことを書くわけでもないけど、誰も気づかないというのもまたアレなので、いちおう「言って」おくことに。気づいたひとは、毎回どうぞ気にしてみてください。



ちなみにこのフリーペーパー、折りたたむとハガキ大でポケットサイズ、広げるとA3版。新潟市内ギャラリーや美術館の展示情報カレンダーが掲載され、市内散策時のお役立ち地図でもあります。
5-620.jpg

155回目の異彩世代図鑑とハイブリッド

5-617p.jpg マイスキップの新春号の校正が終わり、印刷会社に本日無事入稿となりました。

年内に刷り上がる予定ではあるが、一足先に“校正用ゲラ”を左に一枚。最終頁で連載の「異彩世代図鑑」のコーナーである。連載155回目となった長期連載で、取材と執筆担当は私ではなくWさん。

このコーナーでは、20代くらいの長岡の若者を毎回とりあげて紹介しているが、今回はいまラ・ボントーンで作品展示をしている菊池都さんが登場。「テーマはハイブリッド」と、なんだか興味深そうなことが書いてある。
まだ発行前だから、こう掲載するのも「フライング」かもだけど、まぁ予告編として。興味を持たれたかたは、発行されたら(どこかで入手して)読んでみてください。

■ラ・ボントーンでの菊池さんの作品展示は来年1月末までの予定です。小品4点を店内に点在させて飾っています。

茗荷谷駅のアートとあたった予感

18日の出張は実に久々の横浜・中華街周辺だったので、画廊での打合せを終えたあとは大学生のときによく歩いたこの界隈、山下公園~桜木町あたりをカメラ片手に散策して楽しもうと思っていて、その時間もちゃっかり確保していた。
でもこの日は、「次第に天気が悪くなり、夜は東京も雪かも」と天気予報で注意をさかんに喚起していた通り、画廊を出る頃は強風で雨も降り出し、散策どころではなくなった。あえなく中止である。

帰路は池袋から出ている夕刻の高速バスを予約していたが、そうすると予定よりだいぶ早く池袋に着いてしまい、じゃあどこか近くに画廊喫茶みたいなところがあれば…と、たしか近かったかも?と茗荷谷のCaffe e bar U_Uが頭に浮かんだ。
記憶はあたっていて、地下鉄路線図を見たら池袋からふたつ目。事前に展示内容など調べてないし、水曜日ってのは割と定休のところあるよなぁと悪い予感もしたけれど、まぁ駅前だしと向かって見たのだが、悪い予感もあたるもの。見事に定休日。 ということで茗荷谷はすごすごと引き返し、単なる時間つぶしになってしまったのだが、転んでもタダでは起きないぞの如く駅ホームの「アート壁」なるものを見つけて写真におさめてきた。下の絵は林久美子さん作。こうした作品がホーム内に点在されているよう。

さて二度も「あたった」から、二度あることは三度目もあるかもしれないと、池袋駅前でちょうど売っていた年末ジャンボ宝くじも買い求めてみた。こちらのほうは、格言通りにさて、いきますかどうか。
5-618.jpg

横浜出張とギャラリーart Truthの乙辺敦子展

昨日は県外出張、横浜まで。
縁があって来年から、横浜の「art Truth」というギャラリーにアトリエZenの企画を持ち込み、画廊とのコラポレーション企画展としていくつかすすめることとなっています。昨日はその打合せ。
わたし自身「エックス展~若きクリエイターたちの自由表現」をはじめ、大学生や新潟の若いクリエイターの作品に接する機会が多くありますが、「首都圏でも作品発表したらどうだろう」と思えたり、あるいは作者自ら「首都圏で個展をしたい」と意欲をみせるひともいますので、そうしたなかからも面白い提案が出来るのではないかと考えています。現在は企画提案の調整・打合せ中で、来年の初っ端からすぐに展覧会というわけではありませんが、最低ひとつは来年度におこなうこととなりました。具体的なことは、また後日、続報させていただきます。

画廊は横浜・山下公園にほど近く、中華街のすぐ脇に位置します。神奈川県民ギャラリーなどこの界隈で学生時代によく展覧会をし馴染み深い土地というのも、私にはまた縁。



5-613p.jpg

昨日の同画廊は、この日から始まったばかりの今年度最終企画。乙辺敦子さんの絵画、約20点ほど。


5-615a_20131219084454c8e.jpg

境界~乙辺敦子個展
会期:12月18日(水)~23日(月・祝)
会場:ギャラリーart Truth【横浜市中区山下町】

長岡に生きた画家~若井宣雄遺作展

銀座「長岡小嶋屋」の店内展示、2014年企画第一弾のご案内です。

  1-358.jpg

銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.08
遺作展・長岡に生きた画家 
若井宣雄 展

会 期:2014年1月5日(日)~3月30日(日)/
休館日:2月17日(月)~18日(火)、館内メンテナンスのため連休となります
営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:30)
会 場:長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店
           (銀座中央通りのショッピングビル「ニューメルサ」8階)

花や静物を描いた油彩と水彩を中心に、7点展示します。
  ■ 作家略歴/若井宣雄(わかい・のぶお)
1905年新潟県柏崎市に生まれ、のちに長岡市に移る。1989年1月1日に亡くなるまで他に職業はもたず、画家として描くことにこだわり続けた。1940年(昭和15)の紀元二千六百年「奉祝美術展」では全国1,600点あまりの中から72点の厳選入選を果たす。また、1957年新潟県美術家連盟創立に参画、1960年長岡市展の開始に尽力等々、新潟の美術界の発展にも大きく関わる。
2012年長岡市立栃尾美術館にて回顧展「希望と喜び-若井宣雄の世界」が企画開催。同美術館に作品収蔵。

  ※ 「若井宣雄の世界」と題した動画がユーチューブにアップされています。
        http://www.youtube.com/watch?v=CcqlwhDXGVQ


●新潟の「蕎麦と食」の店内を新潟に関係した作家の作品で彩るという企画です。小品7点ほどのささやかな展示となりますが、アートのある時間と空間を、美味しいお蕎麦などとともにどうぞ。 新潟名産「へぎ蕎麦」だけでなく、新潟にちなんだオリジナルカクテルや地酒、あわせて新潟の食材を使った肴などもあります。
●ぐるなび(長岡小嶋屋の紹介ページ):http://r.gnavi.co.jp/gc1s500/
 【展示作品の販売、お問い合わせ】
●作品の購入のご希望がありましたらアトリエZenまでお問い合わせください。

アトリエZen  mail
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

アトリエZenの業務内容について




問い合わせを受けることも最近多いので、新調した名刺は両面印刷にして、裏に主な業務内容を記載して作りました。それが↑です。

一番下段のライター業については、ここ数年は控え目だったのですが、アート系とは違った分野でも、例えば飲食店ガイド本の執筆に参画するなど過去にあります。またいろいろと書ける体制にしつつありますので、仕事依頼があればお問い合わせください。

長岡小嶋屋銀座店の川端隆行展から

5-606.jpg
5-609.jpg
5-607.jpg

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」での川端隆行展から。

“新潟の蕎麦”の店内を“新潟の作家”の作品で彩り、新潟をよりアピールしようという「蕎麦×アート」と題した企画の一環(第7弾)です。
川端さんは新潟県阿賀野市在住作家。氏の作品の展示は今月29日(日)までとなります。

展示作品リスト】  


«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR