アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


本日の東京出張

本日31日は長岡小嶋屋「銀座店」の展示作品入れ替えに。

-DSC_0179.jpg
前にもたしか書いていたのだけど同店の入替作業は開店前の朝イチにおこなっているため、長岡出発は逆算すると未明。夜とても遅くといえばいいのか朝異常に早くといえばいいのか、なんだかわかりづらい時間帯の出発である。
で、今回は、30日の午後11時に仮眠から起き、届いたメールのチェックなどをこなしてからその時間帯に出発したのだけど、いま帰ってきて時計を見たら31日のちょうど午後11時。ピッタシ24時間であった。その間、作業してるか移動してるかがほとんどだから、「24時間戦えますか?」なるCMが昔あったなんてことも、よせばいいのに思い出したりする。

今回の出張では、銀座店の搬入出を終えた後は横浜に向かい、ギャラリーart Truthで今度おこなうコラボレーション企画の打合せを少々、時間も余るだろうから残りは適当にと思っていた。だから事前の想定ではそうたいへんでもなかったのだが、午後からちょっとしたアクシデントというか降って湧いたような「急用」がなぜか出てきてしまい、一転ハードなものに。


さて帰ってきて24時間ぶりにPCを開いてみたら、問合せメールやら連絡メールやら、けっこういただいておりました。さすがに疲れたため今日はこれで終了とし、返信は少し遅れてすみませんが、明日朝から順次おこなうようにします。上の画像は「さくらアンパン」の銀座の木村屋。この日展示をおこなった、銀座「小嶋屋」4月からの戸川淳子展の写真も、整理してからアップします。

橋崎まこ展 at ボントーン

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示、
4月(3日~)と5月、2か月間の展示内容です。
「春の予感」をテーマに描かれた絵画4点を飾ります。

7-812-p.jpg
橋崎まこ展 -春の予感-
会期:4月3日(水)~5月31日(土)/火曜定休
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、徒歩10分程度。駒形十吉記念美術館前
営業時間 朝6:00~19:00

● 橋崎まこ
三条市生まれ。2008年長岡造形大学卒業。「不思議の国のファンタジー」(アート・アラク・アジア/横浜)などに出展。2012年と2013年に、アトリエZen企画「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」(新潟市美術館ほか)に参加出展。
  2-209.jpg


パン屋さんの中での展示です。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。作品のお問い合わせはアトリエZenまでお願いします。

● アトリエZen
メール:atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

アスクルは明日来るのか

7-811p.jpg 消費税増税前。駆け込み需要で物流が混乱していて、アスクルに注文しても、「明日来る」はずが来ないらしい。 ↓
http://matome.naver.jp/odai/
2139593584772884101

アス・コナ~イとかシアサッテクルとか、ソノウチクル~とか言ってられればまだいいが、駆込需要では、「花粉症でティッシュ買いに行ったら(増税前の買い占めで)店頭から消えていた」なんてことも頻発しているようで。 これは「都内をはじめ首都圏ではさまざまな商品が品薄を起こしている」と、J-タウンネット東京に出ていた話。画像もシュールだ。

さて増税前の最終日となる31日は、銀座「小嶋屋」の展示入替で上京することになっている。 特に「増税前に」という意識はなく、単純に他のスケジュールの都合もあってこの日になったのだが、首都圏のそんな「増税前駆込」混乱状況を聞くとちょっと心配ではある。東京往復だとガソリンタンクの容量が足りず、帰路分のガソリンを現地(東京)で追加給油しなくては帰ってこれないのだが、「(増税前の駆け込みで)ガソリンスタンド長蛇の列。品切」なんてことになったら、はてどうしましょうといったところ。

消費税が3%あがるとともに、それに付随するようにいろいろなものが実質値上がりする。ただでさえ税金が多くを占めるガソリン代のなかにはさらに「環境なんとかに使う」なる税金も追加され、消費税増税&円安とのトリプルパンチだし、高速道路の通行料も割引が大幅に縮小され「実質的に4月から大幅値上げ」と、物流関係は深刻になりそうな気配。ソノウチクル~だったらともかく、輸送費の高騰で件の会社も、モウトドケラレナ~イってならなきゃいいんだけどね。

永井愛展 at 長岡小嶋屋CoCoLo長岡店

蕎麦店内をアートで彩る、長岡小嶋屋“蕎麦×アート”、
CoCoLo長岡店の展示案内です。
7-799.jpg
CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.28
永井愛展
会期:4月7日(月)~6月8日(日)
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 
       (長岡駅ビルCoCoLo内、1階)
         11:00~21:30(ラストオーダー21:00)

2013年に長岡造形大を卒業した長岡出身若手版画家の作品、7点を飾ります。



●駅ビル内の人気飲食店のため、ランチ時は特に混みあいます。作品空間にゆっくり浸りたい場合など、少し時間を避けていただけるとよいかと思います。「そばがき」といった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒーなど喫茶メニューもありますので、ティータイム等の喫茶でのご利用も歓迎です(コーヒー、紅茶は315円とリーズナブル、画廊喫茶的にもどうぞ)。
●作品のご購入希望がありましたら、アトリエZenまでお問い合わせください。

アトリエZen・問い合わせメール:
atelierzen99☆yahoo.co.jp (☆を@に)

4月からの展示準備中

7-807.jpg
長岡小嶋屋など展示作品入替が月末から4月早々に掛けて3つ連続していて、さらに別に納品する作品なども重なっていることから、この年度末と来月の頭となんだかえらくハードワークである。
そんななか今日は、来週早々に展示する予定の長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」の戸川淳子作品の写真撮影など、同展の準備作業。いい展示になりそうです。

アオーレ長岡と6photographer展

市役所に用事がありアオーレ長岡に。

西棟1階のホワイエでは、長岡造形大の写真専攻学生が6人展をしていたのでそちらもあわせて。


「6 photographer」
  NID Photo exhibition

会期:3月21日(金)~27日(木)
会場:アオーレ長岡 西棟1階 ホワイエ
7-808_20140326154019457.jpg

蔵まえギャラリー


神奈川県藤沢市にて。
所用で同市を訪問中、昭和4年に建てられた元米穀問屋をギャラリーや(障がいのあるかたの)スタジオに活用しているというので、昨日みてきました。白い蔵の奥の木造建築が、その「蔵まえギャラリー」(元榎本米穀店)。写真奥側にも袖蔵があり、こちら側の蔵もギャラリーになっている。藤沢駅から徒歩6~7分くらい、賑わう駅前の繁華街を歩き、少し小路に入ったところ。
7-802p.jpg

福朗(ふくろう)展 蔵まえ印のお宝展
会期:3月18日(火)~29日(土)
会場:蔵まえギャラリー【神奈川県藤沢市】

「旧東海道藤沢宿まちそだて隊」なるものが出来ていて、昨年春に発行された会報第1号をいただいたので下に。歴史の深い街で、蔵造りの建物(店蔵)や町家もいまなお点在するようだ。
7-804.jpg

アートと人とを結ぶ画商/マイスキップ次号4月号の記事予告

月刊マイスキップは次号4月号の編集中で、下はその校正ゲラから。久々に長文の記事を書いたので、次号「予告」として載せてみました。
7-798.jpg

アートと人とを結ぶ、地元出身の画商」と、横浜市・ギャラリーart Truthの西海さんを取り上げています。また同ギャラリーでは今年7月と10月に、長岡に関係の深い若手作家も交えた展覧会をふたつ予定(アトリエZenも企画協力)していますが、「長岡発の情報紙」ということで、その辺りの長岡との関わりについても触れました。


発行までまだ間もありますが、発行になりましたらどうぞ読んでみてください。

ある日の、注意書きの多い体育館

5-708.jpg 5-707_20140201105506d20.jpg

←が亀田総合体育館、↑が新潟市江南区文化会館。
1月に江南区文化会館での「ウクライナ報告」の講演会に行く機会があったので、その際、通りがかりで撮影したもの。すぐにアップすればいいのに2か月遅れである。その後ウクライナ情勢は大きく変わり、いまだとウクライナ報告と聞けば別の意味にとられそうだから、2か月といえども時の流れは恐るべしである。


さて文化会館に行きながらなぜ体育館の写真もあるかというと、間違えて体育館のほうに着いてしまったから。 この文化会館は初めてで、アスパーク亀田という大きな運動公園のなかにあると聞いて「それならわかりやすい」とよく調べないで向かったら、見事に間違えたというわけ。運動公園内の看板指示にも従った気はしてたんだけど。
5-709_20140201110126263.jpg
まぁ 間違えるひとも多発するようで、体育館入口には「ここは文化会館ではない」とばかり、立看板の注意書き→。
体育館のなかを通り抜けると少し歩くが文化会館に着くと記されていたから、遠回りだったけれども、でもそのおかげでふたつの建築物を見ることが出来た。 ちなみに両建築とも東京の、有名な建築家(建築事務所)の手によるもの。

なかなか格好いい建物だ。建築批評的なものは、このレベルの建物だと建築誌などにもレビューはいろいろ出ているだろうからそちらを見てもらうことにして、別の、気になったことをひとつ。
5-715-p.jpg 東京の大手設計事務所の設計した亀田総合体育館のほうであるが、「落雪するから近づくな」「段差に注意」などと館内外いたるところに注意書きが掲示されていたことで、注意喚起事項は入口の立て看板だけではなかったのである。
この「落雪につき近づくな」は、裏口とかふだん人が通らないところを無理に探し出したのではなく、エントランスの真ん中に堂々とあったもの。導線の真ん中だからそこに近づくなと貼り紙されても困ると思うのだけど、どうなのだろう。そのことがどうにも気になったわけだ。


5-711.jpg
近づかないで入れ、というのは、トンチ一休さんの世界である。
特に探したわけでもないのに、まぁ面白いように「ここも危険、あそこも危険、ここも近づくな」とあった。安全性のところでひたすら貼り紙されるような公共建築は、ここまでくると設計した(させた)側の不見識もあらわれているようで、当の会社もデザインをHPで自慢している場合なのかと思ったりもするが、ものの見方には表と裏とあるということか。それとも新潟市内はそれほどの多雪地域ではないから、降雪時はもうしょうがないとあきらめて、見栄えのよい建築を願ったということなのか。
5-712.jpg

新潟市内滞在のタイミングと前山忠展と

7-787_20140307160448f57.jpg 新潟市内のとあるお店からアートスペース運営の相談にのって欲しいと話があり、他に所用もあったものだから、昨日まで3日間、打ち合わせを兼ねて新潟市内に滞在していた。


この間、いくつか展覧会を観た。
19日から始まった前山忠展には、会場がその日の移動ルート上にあり、タイミングよく初日に伺えた。さらにタイミングのよいことは、お昼すぎに着いたらちょうどギャラリートーク(作家トーク)を開催中だったこと。トーク開催予定を特に把握せず(連絡がきてたかもしれないけど失念していて)、自分の都合だけで動いていたのだけど。
「キャンヴァスを素材にした」新作群。作者のトークを聞きながら、「絵画とは何か」「描くとは何か」と考えされられた有意義なひとときであった。まぁタイミングがよければよいで、それと背中合わせのタイミングの悪さもあるもので、この日は移動途中で時間がややキツキツ。だから作家自身の話が終わった段階で(そのあと座談会的なトークに入っていったが)中途で失礼させていただいた。申し訳ありませんといったところ。
「りゅーとぴあ」でおこなわれていた「会田誠展」も事前にチェックはしていたものの、こちらはタイミングが合わなかったようで、観に行けず。すべて、タイミング。

前山忠展〈同化と異化〉
会期:3月19日(水)~23日(日)
会場:アートサロン環 【新潟市】

他、観た展示 (メモとして)。
橋本直行展:3月12日(水)~20日(木)/新潟絵屋
太田 恵 展 あなたの夢が叶いますように。:3月13日(木)~18日(火)/小羊画廊
PINK~おんなふたり。ともに26歳、春の展覧会:3月20日(木)~25日(火)/NEXT21 6階ミニギャラリー

 | ホーム |  »

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR