アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

07<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>09

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


展覧会の案内

8-137_20140812052548a3c.jpg 8-152ss.jpg
8-156.jpeg 8-160.jpg 8-161.jpg


今年はいろいろ仕事が重なっていると思っていたら、突発的な仕事もいくつか入り込み、夏休みをとるのを延期(返上?)しての作業中。
時間がないなんて言ってては何もできないので、そんななか、来月から連続する4展のロゴ風「タイトル帯」を合間に作ってみました。 各展のところをクリックすると詳細案内にリンクするようになっています。(が、下段の2展についてはリンク先をまだ未制作)


● 現在開催中の店舗内展示はこちら↓
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2573.html

ナガオカナ夜に

15年前、1999年のこの時期に(故)五十嵐祥一さんの作品展を企画開催した。コソボ紛争でNATOによる空爆があった年で、展覧会コメントにもそれが触れられていた。「傷は相変わらずガーゼで包まれるだけ」なのは、ウクライナ情勢やイスラエル問題など見るにつけ、15年後のいまも変わらない。
氏は「悲惨な時代の対極にかろうじてバランスをとろうと」ガーゼを作品素材にしたが、さて今だと、あるいは今なら、どうバランスをとればいいのだろう。そんなことを考えていた。そもそも時代がそれを可能にさせるかどうか、そんなここ数年のいささか危うすぎる前提状況がある。ナゴヤカに乾杯が出来る朝、という志向(思考)は果たして可能だろうか。

(2014.8.15)




ナガオカナ夜に1999
会期:1999年8月17日~9月4日/ 会場:カフェ&ギャラリーZen

8-103p.jpg …【前略】…
(今回の個展作品は)妻とのコラボレーションにした。作品作りは会場とのコラボレーションでもあり、その2×2の刺激合いがどんなかたちになるか、愉しい作業だ。若い頃(?)は俺が俺がと自分の中心に真実があるとばかりに、下手をすればコミュニケーション不能の袋小路にはまりがちだった。こんなふうにコラボレーションを愉しんでいるには、少しは成長したのかもしれない。
作品にはガーゼを使うことが多かった。ちょうどコソボ問題でNATOによる空爆が始まっていた。多くの人々が最新兵器にやられ、傷つき死んでいった。殺す技術は発展するが、傷は相変わらずガーゼで包まれるだけだ。そして、このやりきれない心の痛みも、せめてガーゼを当てるしかない。もちろん作品で戦争を止めさせることなどできはしないが、悲惨な時代の対極にかろうじてバランスをとろうとしている。
なごやかな、ナガオカナ夜に乾杯をしよう。

(五十嵐祥一)



8-163.jpg
8月7日 朝日新聞より

 | ホーム | 

カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR