アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


今日からエックス展vol.5

8-189.jpeg 今日から「エックス展」の第5回展、スタートです。

昨日は長岡造形大学のblogでも、本展が紹介されましたので、リンクを貼ってみました。

http://www.nagaoka-
id.ac.jp/blog-nyushi/2014/09/22/1354/


朝イチから展準備(展示作業)ですので、このあと美術館に向かいます。会場風景なども追って掲載したいと思います。

(2014.9.23 am6:00記)



エックス展Ⅴ-若きクリエイターたちの自由表現
9月23日~28日(初日は13時スタート、24日は休館)、新潟市美術館ギャラリー
http://art-x5.jimdo.com/

中1日での展覧会と行けなかった旧長岡現代美術館会場

イワタート展が昨日終わり、中1日で明日からエックス展

8-253-p.jpg 甲子園の高校生ピッチャー(日本文理のいいづかくん)はあの暑いなか「中1日」でよく投げれるなぁ、なんて1か月前に眺めていたと思い出した。でも中1日はさすがに少々きついよね。高校生はどうか知らんのだけど。

とある著名な日本画家のかたが長岡現代美術館跡地(現在の美術文化ホール)で個展開催中と聞いていて、行くならスケジュール的に今日しかないところであった。出来るだけ今日は他の予定を入れ込まずにいて、あわよくばそちらにもと(というより、行く気マンマンで)考えてみたものの、とてもではないが展覧会準備その他、等々めまぐるしく過ぎてしまい、そんな時間はまったくとれず。長岡現代美術館跡地を堪能する最後の機会なのかもと思ってはいたけれど。

右の画像は、明日からの「エックス展」で出番を待つキャプションボード。今日制作していたもの。「はじまりの気分」という作品があったので、そこにピントをあわせてみた。

未知数の可能性を見つける試み


昨日の新潟日報文化欄「ギャラリーコーナー」です。
エックス展の紹介記事が出ていました。ここにも記されているように、「未知数の可能性(=エックス)を見つけたい」とする試み。23日(火・祝)の午前中に作品搬入と展示作業をおこない、同日午後1時のスタートです。

イワタート9展と茶室での舟見倹二インスタレーション

8-238.jpg


イワタート9展、今日と明日(21日午後3時)迄の開催です。
各作家の作品配置図を作ったと1週間前に書きましたが、それぞれの展示場所を簡単にここでも書いておきますと、
玄関:吉川弘[ミクストメディア]
和室:佐藤裕子[インスタレーション]
廊下:戸川淳子[絵画]
大広間:川端隆行[ミクストメディア]/倉島光[日本画]/吉野榮子(Ren)[紙に染料での絵画]/大瀧洋平[油彩画]
床の間:monge[立体作品]
茶室:舟見倹二[版/インスタレーション]
となります。

下は、茶室での舟見倹二作品より。
    8-247.jpg

    8-249.jpg

新潟日報の話かごと約15年前の野外アート作品

知人からのメールで、昨日の新潟日報の「話かご」というコーナーに今回のイワタート展が取り上げられていたと知った。取材を受けていたものの、「地域の話題」的ネタの記事になるのかと早合点していて、社会面の当該欄にすっかり気付かないでいた。写真も入って割と目立ちそうなコーナーだから、灯台下暗しといったところか。

「街の話題」欄でもなく文化欄でもなく社会面だというのは、記者が記したように「和風建築のたたずまいと美術作品が織りなす独特の空間が広がっている」ためだろうか。社会面であるから、なにより「社会」的な観点から捉えられたということでは、新鮮ではある。

そういえば前に1回、この「話かご」欄に私の作品が載ったことがある。懐かしついでに資料を取り出してみたら1998年のことで、糸魚川市の日光寺での野外アート展の出展作。たしかに傑作とはいえるが「社会」部記者の観点にもピタリとあったらしく、『キンポウゲの黄色い花が咲き乱れる糸魚川市の日光寺観音堂周辺に何とも不思議な光景が出現した』と取り上げられていた。同欄の記事としては当時、異色だったと思う。

ちなみにこのときの作品は「真っ赤」な多数のオブジェによる野外インスタレーションで、文中のキンポウゲの「黄色」は、それに対比させられる役回り。

霜鳥健二展‐1.6mm‐

8-245s_201409200648501d9.jpg
DMの作家コメントには、「普段あまり使わない1.6mmの薄い鉄板。その鉄板とバーナーの炎が創り出す危うい形に惹かれた」とあった。

霜鳥健二展 -1.6mm-
会期:10月15日(水)~10月30日(木)/月曜休廊
会場:ギャラリーmu-an 【長岡市】

ZUSHI ART SITE 2014

先日横浜で知り合ったインスタレーション作家から、「日本家屋で展示する」と案内が届いた。新潟でいま開催中のイワタート展も日本家屋だから、日本家屋つながりである。
案内には「ZUSHI ART SITE」と書いてあり、22組のアーティストが参加するらしい。


ZUSHI ART SITE-語りはじめる都市
会期:9月20日(土)~10月13日(月)/ 会場:神奈川県逗子市内の4エリア



8-137_20140812052548a3c.jpg 8-152ss.jpg
8-156.jpeg 8-182.jpg 8-160.jpg

エックス展の紹介ふたつ

今朝の読売新聞に23日からのエックス展のことが掲載されていたので、右に。

下はちょうど昨日手元に届いた、月刊「ギャラリー&ミュージアムマップ」の新号。こちらの200字連載のほうもエックス展についてで、今回は単に出展者名の羅列としてみた。
8-244.jpg

エックス展vol.5-若きクリエイターたちの自由表現-
会期:9月23日~28日(初日は13時スタート、24日休館)/会場:新潟市美術館ギャラリー
http://art-x5.jimdo.com/

栗原淳子展 at 長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」

銀座「長岡小嶋屋」の店内展示のご案内です。10月からは新潟市在住イラストレーター・栗原淳子さんの作品にと替わります。
栗原さんは、「新潟の四季と子供たち」「幼い頃の原風景」などをテーマに、昔なつかしい風景を優しい色合いで表現している作家です。
8-235.jpeg    1-358.jpg ← 地図

銀座ニューメルサ店“蕎麦×アート” vol.11
栗原淳子 展

会期:※チラシでは12月28日までとご案内しておりますが、12月20日(土)までと変更になりました。(2014.10.08)
長岡小嶋屋 銀座ニューメルサ店/営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:30)、17:00~22:00(ラストオーダー21:15)/銀座中央通りのショッピングビル「ニューメルサ」の8階です
(上に掲載した地図は、クリックすると大きくなります)

新潟の「蕎麦と食」の店内を新潟の作家(新潟にゆかりのある作家)の作品で彩るという企画です。小品7点ほどのささやかな展示となりますが、アートのある時間と空間を、美味しいお蕎麦などとともにお楽しみください。 新潟名産「へぎ蕎麦」だけでなく、新潟にちなんだオリジナルカクテルや地酒、あわせて新潟の食材を使った肴などもあります。
ぐるなび(長岡小嶋屋の紹介ページ):http://r.gnavi.co.jp/gc1s500/
 【展示作品の販売、お問い合わせ】
作品の購入のご希望がありましたらアトリエZenまでお問い合わせください。


アトリエZen  mail
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)

7-990.jpg


イワタート展から


イワタート展から。
大広間の和室・床の間には、mongeさん(クラフト作家2人のユニットです)の立体作品を置き、その隣のスペースに大瀧洋平さんの油彩画をインスタレーション的に並べているが、上の画像は大瀧作品を翳めて横からmonge作品を眺めた図。床の間の生け花を想起させるかのような、ミクストメディア。素材は木と、電気配線。

展覧会は反響をよんでいるようで、昨日は某新聞から取材を受けた。また、某ラジオ局からは「30秒のPRタイム」で話さないかと打診もあった。でも、こちらは丁重にお断りさせていただいた。30秒といってもその背後で拘束時間もあるし、仕事の納期や展覧会もたて続いて今月は時間的に相当シビアになっているから、クイズに答えて(正解したら)PRタイムというのには、さすがに対応できそうにない。これがインタビュー番組だったら迷ったりなんとか時間つくろうとして深みに嵌ったりするのだけど、迷いようがないのは逆に救いだったかも。まぁ、こういう軽いノリのほうを好むひとも多いんだろうけどね。

«  | ホーム |  »

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR