アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

08<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>10

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


B級建物散歩個展


埼玉県B級建物散歩、と名付けられた個展案内がオーライタローさんから届いた。

B級建物散歩って何だ?と思って裏を見たら、宛名面の狭いところに「B級建物とは」とプリントされていた。昔から町になじみ、さりとて文化財になるわけでもなく、ある日あっさりと取り壊されてしまうような古ぼけた愛すべき建物のこと、のよう(造語)。9月19日~30日、埼玉県飯能市わたなべ画廊。24、25日休廊。

イワタート9展の掲載記事と写真の選択と

本日の新潟日報・文化欄です。イワタート9展の紹介がなされていました。

8-214.jpg
掲載画像は、大瀧洋平さんの油彩画「堀之内の家」です。
9作家が参加しての展覧会ですので1点だけ作品が掲載される場合は気を使いますが、新聞社からの求めに応じてこの画像を提出したのは、締切が近いなかでたまたま手元に画像が来ていたということがまずありますが、出展作家のなかで一番最年少の若手で(たいてい重鎮のかた、一番著名なかたの作品が掲載されがちななかで)それもいいんじゃないかという、そんな理由でした。でも、新聞のザラついた白黒印刷になったこの作品を見ると、ちょっとレトロな雰囲気が際立つようによく見えて、なにやら今回の日本家屋展を想起させるようなところもあるようです。多様な作家が集まるなか「展覧会を代表しての作品」を選ぶというのは実に難問ですが、このやり方は案外とよかったかもしれないと、朝刊を見ながら思った次第です。



さて、会場となる岩田ギャラリーに関してのお知らせがひとつ。
このスペースは、ギャラリー活用化計画をすすめたいとの依頼を受け、今年一年だけでなく来年以降も継続してギャラリー運営の協力をおこなうという方向で準備や計画、提案をすすめておりました。所有者のかたの了解もえられたことからBlogその他でそうした立場で発言してきましたが、店側の事情やその後の情勢の変化等もあったことから昨日急きょ打ち合わせを持ち、アトリエZenの関わりは今年度のみということにさせてもらいました。年内のコラボレート企画展示3展でひとまず終了ということで、調整をしています。 来年の企画その他でも各方面に話をしていましたし、楽しみにしていたかたもいたとは思いますが、諸事情あることですのでご理解いただけると幸いです。
イワタート展から始まる今秋3つの展覧会は当初(今後につなげる)「序章」的なイメージをもって着想した部分がありましたが、面白いもので反転し「締め」の展示となったようです。

 | ホーム | 

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR