アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

小林真弓個展「霧のすきま」
11月18日(土)~25日(土)、会期中無休/ 会場:CoZAの間(コザノマ) 横浜市港南区港南台5-22-15/tel.045-831-5127/




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


掃除の最中とちょうど20年前のカフェギャラリー

年末の掃除をしていたら、ちょうど20年前の「ギャルリ・ド・カフェ伝(Den)」の写真が出てきた。東京の世田谷、小田急線・経堂駅の近く。経堂の同スペースは好きな空間だったが今はもうなくなっているからと、(掃除の最中だったのに)スキャンして掲げてみた。
den02a.jpg den01a.jpg den05a.jpg den06a.jpg
壁面には外山文彦作品、連作。現在でいう「CANVASシリーズ」の初期作品だけれど、このときの作品タイトルは違うものだったはず。
den03aa.jpg
カウンターには「ピンク電話」。ピンク電話って言っても、いまの若い世代だともう、わかんないよね。
den04a.jpg
なぜか経堂駅のホームの写真も残っていた。当時はデジタルではなくネガフィルムだから、こういう無造作な撮影は逆に貴重かも。このホームは作り直されたから、こちらも今はもうなくなっている。

2014年回顧-03 日本家屋でのアート展

2014年におこなった展示企画の回顧「その3」は、新潟市の味噌屋さんの「数奇屋造りの日本家屋」を使ったアート展示のこと。9~11月の3か月に、毎月1つずつ、計3つの展覧会を仕掛けました。

3展ですので起承転結というには数がひとつ足りませんが、同じような意味合いはあり、「シリーズ」としてみても意義深く面白いものに仕上げられたと思います。3展それぞれで空間への意図を大胆に、かつさりげなく変化させ、「流れ」を意識しての企画でした。
9月と11月は出展作家や構成は異なるものの「9作家による多彩なアート作品」という点を共通させ、そこに近藤さんの初めての個展を挟んだところにひとつのポイントがあります。近藤さんは昨年から拙企画「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」に参加されていて、個展をさせてみたかったクリエイターのひとり。初個展の打診にその後の打合せも面白く展開し、見込み通りシリーズ全体の企画もふくらみました。

 
アトリエZen+岩田商店コラボレート 企画:アトリエZen
■  vol.1 【9月-eptember】
9月14日(日)~21日(日)
IWATART9-日本家屋でのアート展-
出展作家と展示場所
■玄関:吉川弘[ミクストメディア]
■和室:佐藤裕子[インスタレーション]
■廊下:戸川淳子[絵画]
■大広間:川端隆行[ミクストメディア]/倉島光[日本画]/吉野榮子(Ren)[紙に染料での絵画]/大瀧洋平[油彩画]
■床の間:monge[立体作品]
■茶室:舟見倹二[版/インスタレーション]

展示案内

■  vol.2 【10月-ctober】
10月12日(日)~19日(日)
8-157p.jpg
近藤武弘「描き手冥利」絵画展
見えるモノと魅せないもの

展示案内

作者コメント】【会場風景
■  vol.3 【11月-ovember】
11月9日(日)~16日(日)
ONE Mart EXPRESS Vol.X
出展作家と展示場所
■玄関:茅原登喜子 [インスタレーション]
■和室・床の間:柴山明子 [墨彩画]
■和室の引き戸&廊下壁:高橋トオル [映像作品]
■大広間:ヤマクラコウジ [写真作品]/中田歩 [屏風画]/外山文彦 [壁面インスタレーション]
■庭に面した廊下:笠原賢悟 [立体作品]
■庭:児玉瑞子 [ミクストメディア/野外展示]
■茶室:佐藤郷子 [体験型インスタレーション]

展示案内

展示作品リスト

2014年回顧-02 長岡小嶋屋での店内展示企画“蕎麦×アート”

279.jpg
2014年におこなった展示企画の回顧、パート2である。先日記したart Truthに続き、今回は長岡小嶋屋について。
ここでのトップニュースは、やはり銀座店が暮れに閉店になったことが挙げられるけども、今年度に展示した内容を一覧で下に。上の画像は昨年もこの時期にblogで使ったCoCoLo長岡店店頭の幟で、新たに撮ることはせず、昨年と同じ写真の転用です。

さてこれまでの例だと、新年は明けたら早々に銀座店への作品搬入をしていてそれが初仕事だったのだけど、2015年は少し勝手が変わった。CoCoLo長岡店のほうの2015年最初の展示は舟見倹二さんの新作版画で、こちらはすでに展示作業を済ませている。     


長岡小嶋屋 “蕎麦×アート” 2014
■  CoCoLo長岡店
2013年11月6日~20
14年1月31日
 
vol.26:野田英世スケッチ展「い・ち・ば」
2月1日~4月6日vol.27:さいとうようこ展
4月7日~6月8日vol.28:永井愛展
6月9日~8月19日vol.29:三上喜貴版画展
8月20日~10月22日vol.30:小林真弓展
10月23日~12月25日vol.31:吉田勝幸写真展
  7-902b_20140505121149b90.jpeg
■  銀座ニューメルサ店
1月5日~3月30日  vol.08:遺作展・長岡に生きた画家
             若井宣雄 展
4月2日~6月29日  vol.09:戸川淳子 展
7月2日~9月28日  vol.10:さいとうようこ 展
10月2日~12月20日  vol.11:栗原淳子 展
銀座ニューメルサ店 “蕎麦×アート”履歴
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2757.html
5-659.jpg 5-648.jpg
5-649.jpg 若井宣雄遺作展(1月~3月)より

外山文彦展 at cafe郭公

昨日記していたとおり、今朝はcafe郭公の展示入替に。2014年最後の展示作業です。
「白い絵画」と題した現代アート小品の新作シリーズを飾りました。喫茶等ご利用の際には、どうぞお楽しみください。

9-150.jpg
外山文彦 現代アート・ミニ展示 at 郭公
白い絵画シリーズ
展示期間:2014年12月29日~2015年1月末日
会場:CAFE&JAZZNACK 郭公
長岡市東坂之上2-3-1磯部ビル2階/tel.0258-36-4453
※夜は23時まで営業。不定休です。日曜は休みのこともあります。詳しくはお店のほうに直接お問い合わせください。
●展示企画:アトリエZen

作品は販売対応OKです。来店時に郭公のスタッフにお尋ねいただくか、下記のメールフォーム(↓)でアトリエZen宛てお問い合わせください。
[アトリエZenへのお問い合わせ]
9-153.jpg
9-152.jpg

↑ 月刊マイスキップ 2015年1月号   


daisy

9-148.jpg9-147.jpg
昨夜はdaisyにて忘年会。「デイジーの会」は久しぶり。

マイスキップ新春号の発行と外山文彦展と殿町周辺の変遷と


上は発行されたばかりの「月刊マイスキップ」新春号のP.6、イベント・インフォメーションコーナーより。「外山文彦 現代アート・ミニ展示 at 郭公」です。Cafe郭公の壁での4点ほどの展示、明日の午前中に展示をおこなう予定で来年1月いっぱい飾ります。


さて、同・新春号の企画特集面を紹介しますと
今回は「長岡の繁華街“殿町”周辺の変遷」となっています。
9-145.jpg ・殿町 文字通り繁華街だったころ
・昭和元禄 キャバレーの時代
・殿町の盛衰
・風俗を記録する意味
の4章仕立て。参考図版として1974年の、ちょうど40年前となる「大手通り&殿町マップ」の記載もあります。

他、今回号では赤瀬川原平氏への追悼エッセイを、生前接点のあった長岡在住美術家Sさんから寄稿してもらっています。掲題は「千円札裁判をめぐって」。

「もうひとつ」のほかに惜しまれることをもうひとつ

9-141.jpg 9-142.jpg
小嶋屋の銀座店の閉店で、実際の店舗企画のほかに「惜しまれることがもうひとつ」として、「搬入出で訪れる度にしていた“銀座の街並み、定点観測撮影”が打ち止めになること」なんて前に挙げていたが、さらに「もうひとつ」記しておくと、自分自身の作品展示が出来なかったこと。
CoCoLo長岡店もそうなのだけど、この銀座ニューメルサ店も展示空間的に気に入っていたから、自作品もぜひ飾りたいと思っていた。空間的にもかなり映えるだろうとふんでいたが、しかし間に合わなかったといったところか。年間計画の中に入れて考えていた時期もあったが、他の作家の展示を優先させ、(空間に合わせた新作をこしらえる時間を確保したいなどといいながら)後に延ばしていたのだった。

上の画像は、その定点観測地点のひとつにいつのまにやら昇格していた、銀座ペコちゃん。20日の撮影なので、まだサンタクロース姿である。

暦の上では

今年は「暦の具合」がいいようで、昨日で仕事納めになったところも多いらしい。そんなニュースを聞いていたら、ふと伊勢正三の「暦の上では」という曲を思い出した。
↓のユーチューブは、「」時代の、もうひょっとすると40年前くらいになるものだが、正やんのこのころのボーカルは今とは違って、(淡々としている分、詩の意味が浮かび上がって)とても好きなのである。
http://youtu.be/WoXPDa2Bnv0

さて「暦の上では」もう年末休暇かもしれないが、頼まれた急ぎのデザインの仕上げやら何やらと、私のほうはまだまだ仕事中。新年早々から都内カフェギャラリーに小品2点を飾ることになっているが、その作品発送を合間にようやく済ませた。

 | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR