アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


長岡地区高等学校美術・書道展

9-091.jpg
9-092.jpg
高美展と赤字で大きく掲げられている。正式名称は「平成26年度長岡地区高等学校美術・書道展」で、高校生の作品展。本日はそちらに。

平成26年度 長岡地区高等学校
美術・書道展

会期:12月5日(金)~7日(日)
会場:長岡市立中央図書館2階 美術センター
参加高校:
中越高校、長岡工業、向陵高校、長岡商業、長岡高校、見附高校、長岡大手、長岡高専、明徳高校、長岡農業、栃尾高校。

ザハ・ハディド展 雑感

9-072_20141203171503979.jpg9-090.jpg
先週行ったザハ・ハディド展についてなにか記そうと思っていたが、気づいたら1週間。早いものである。

ギャラリーや美術館での「建築展」で図面や模型のオンパレードに接するのは、それが好きなひとにはいいが、案外と面白くなかったりもするし、さらにハディドは脱構築の建築家。脱構築主義自体、建築としたらそう好きではないので、行く前は「さてどうなるか??」と思っていた。でも、これが図抜けて面白い展覧会だった。

ただ、好き嫌いは明確に分かれそうだ。
会場内にはキャプションボードや説明の類いは掲示されない。 模型を置く什器もふつうに直方体というものは嫌なようで、とんがっていたり、妙に角度をつけたりしていてこういったところにも脱構築ティスト。他展に今後の転用も不能な特別製を大々的にこしらえていて、会場全体を作家の美学に徹したという感覚か。だからインスタレーション展として刺激的で楽しめたというわけだ。
図と模型の類がひたすら並ぶものの、「北京商業中心区コアエリアのリサーチ」はインスタレーション呈示にと昇華され、(係員に確認はしなかったが)「フィールド・オブ・シェルズ」というリサーチ作品は、おそらく本展のためのインスタレーションと思われる。
図や模型といっても、完成予想図らしきスケッチはもはや抽象画だったりするし、ドバイのオーパス・タワーの模型はまるで堀内正和の抽象彫刻の世界。一筋縄ではいかない。 メインは二部屋を使っての展示で、最初の部屋の冒頭に置かれたソファは1980年代後半、札幌のレストランの内装を手がけたときに設計されたもの。実現せずにプランのみのものも多い「アンビルドの建築家」としてはその頃の日本で実現された稀有な例だが、当のレストランはすでに閉店されそのソファも(廃棄されたのか?)行方不明ということで、展示品は今回用に再製作されたものだ。 展覧会終了後の行き先も決まっている「作品」だから、フカフカしていて座りたくなるものの「座ってはいけない」と係員から固く注意がある。一方、もうひとつの部屋にインスタレーションの一環として作られた「ベンチ型のもの」は逆に「ぜひ座ってください」と書いてあるが、その文字は小さくてわかりづらいし、そもそも見るからに硬い素材。座ることを躊躇させるのを対比させるかのようで、面白くみえた。

飯島洋一著の“「らしい」建築批判”では、ハディドの新国立競技場の設計案を批判するなかで三つの理由を挙げていて、「構造的に抱える、かなり深刻な問題」が一番大きいとしているが、他のひとつに「これまでのハディドの作品と比較して(この案は)決して出来がよくない」という指摘がある。 なるほど、実に逆説的だけどもそれがよくわかる展覧会であった。
チラシによれば、本展は4つの柱で構成したとのこと。それは、「アンビルドの時代/日本とのかかわり」 「三次元を操る/形にこめられた意志」 「シームレスな思考/プロダクトから都市計画まで」 「<新国立競技場>で目指すもの」 の4つであるが、しかし、最後の新国立競技場については会場の末尾、ほとんど「廊下」みたいなところに付け足すように置かれていて、他の三つとは区別されている感。なにかしら暗示しているかのようで、新国立競技場ハディド原案は日本側でその後改定されているが、「列島の水没を待つ亀のような鈍重な姿に(改定されて)いたく失望」という磯崎新氏の発言も、妙にわかる気がする。ハディド原案を私自身は好きでないにしても。


面白すぎたので展覧会カタログを買おうと思ったが、当日の暴風雨に帰路の荷物にしたくなく、アマゾン等でも買えることを知っていたので後からとした。でも「後から」というのも勢いがなくなるようで、1週間経ってもまだ入手していない。
著:二川由夫/出版:ADAエディタトーキョー/発行:2014/9/26

 | ホーム | 

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR