アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

12<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>02

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


展覧会予告/三上喜貴展と中島尚子展

約2か月後と開催はまだ少し先にはなりますが、ここ数日その3月の展覧会の準備に明け暮れている感がありますので、その展示予告を。 簡単に。

昨年の暮れにギャラリーart Truthとコラボレーションした企画を今年もおこなうと記していましたが、その二展です。横浜と新潟でそれぞれ開催のほか、新潟絵屋の中島尚子展については長岡でも、cafe郭公にてタイアップ展示をおこないます。横浜在住作家の新潟県内初展示です。


■  アトリエZen+art Truth コラボレーション企画 vol.03
三上喜貴 版画展
会期: 2015年3月18日(水)~23日(月)
11:00~19:00(最終日は17:00まで)
会場: ギャラリーart Truth
横浜市中区山下町112-5 日絹パークビル1F
■  アトリエZen+art Truth コラボレーション企画 vol.04
中島尚子個展 「宝日誌」
会期: 3月22日(日)~3月30日(月)/会期中無休
11時~18時(最終日は17:00終了)
会場: 新潟絵屋
新潟市中央区上大川前通10番町1864
タイアップ展示/中島尚子木口木版画展 at 長岡・cafe郭公
会期: 2月2日(月)~3月27日(金)/不定休。日曜は休みの場合あり。
会場: CAFE&JAZZNACK郭公
長岡市東坂之上2-3-1磯部ビル2階
/tel. 0258-36-4453

柾谷小路のアーケード

新潟市・古町近辺、柾谷小路のアーケード。

二年前、工事中のときに写真におさめてもいたが、新潟三越に行ったついでに周辺を歩いていたらようやく「片持ち柱」式なのだと気づいた。建物側にふつうはあるはずの柱は、ない。この角度から撮ると妙にアクロバチック。

新潟三越と猪熊弦一郎の包装紙

新潟三越にとある工芸作家の個展を見に行った。三越に行ったからにはということで、帰路は館内で買い物をするのだが、今回の目的は案外そちらにもある。さらにいえばその目的は「買う」ことではなく、猪熊弦一郎が65年前にデザインした「包装紙」だったりする。
9-201.jpg
あまり知られてないかもしれないが、この白地に赤のもようの包装紙の絵は猪熊弦一郎である。特に猪熊画伯の熱烈なファンというわけではないが、そういえば昨年暮れに氏が手掛けた上野駅の壁画についても記していた。偶然である。
この日は、タイミングのよいことに物産フェア的に全国各地のお菓子が売られていたので、それではと遠く九州の、ネーミングがなんだかストレートな「ざびえる」という銘菓を買い求めてみた。 目的が包装紙とすれば珍しいお菓子みたいな、食べてなくなるものを買って帰るのがよいと思っていたらドンピシャである。近年、三越には別の作家がデザインした新しい紙袋がお目見えしているから、「むかしの包装紙に入れてもらっていいですかぁ?」とリクエストしたのは言うまでもない。

ちなみにこの包装紙、ローマ字の「mitsukoshi」を筆記体レタリングで入れたのは、アンパンマン作者のやなせたかし。当時三越宣伝部に勤務していた。
9-200.jpg

エックス展の本年度展のお知らせ

エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」の2015年度展を、6月の開催で計画しています。
出展者もここにきてようやく、概ねのところは決まりつつありますが、もし参加したいというかた、出展に興味があるというかたがおられたら下記に問い合わせください。要項をお送りします。(作品搬入出に宅急便も使用OKですので、遠方在住のかたでも出展可能です)
ほか、参加打診をうけていたかたで、出展意志をまだ表明していなかったが出展したい!というかたもおられれば、どうぞお知らせください。ただ、残る出展者枠の関係で、定員に達した段階で締め切りとなりますのでご了解のほど。
9-168.jpg
ちなみに会場はここ数年使用してきた新潟市美術館ではなく、新潟市万代の「ギャラリーゆうむ」になります。画廊での小空間の展示はエックス展的には珍しく、一昨年の小羊画廊展以来2度目になりますが、美術館では対応出来なかった作品販売にも対応可能です。

問い合わせは↓から。
    アトリエZen

 エックス展-若きクリエイターたちの自由表現- 2015
    HANGEN ART

    会期:2015年6月8日(月)~20日(土)/水曜休廊
    会場:ギャラリーゆうむ (新潟市中央区万代)




エックス展では毎回「X」の文字を加工してDMのデザインに使っていますが、右上は、とりあえずなんでもいいからと極めていい加減にこしらえた「X」。なので今回のテーマ画像というわけではありません。草間彌生が浮世絵版画とコラボレーションするさまを紹介したNHKスペシャルを録画していたのですが、それを見ながら作ってたりすると、中途半端に水玉が出現したりする。

342a.jpg   341a.jpg
   ← 第1回展(2010)DM   ↑ 第2回展(2011)DM
   第2回展・新聞掲載記事
 エックス展  これまでの開催経過
第1回展:2010年3月、会場:gt.moo gallery(県内18人出展)
第2回展:2011年3月、会場:新潟市美術館ギャラリー(県内13人出展)
第3回展:2012年7月、会場:新潟市美術館ギャラリー(県内13人出展)
第4回展:2013年7月、新潟市美術館ギャラリーと
小羊画廊の2会場開催
(県内外18人出展)
第5回展:2014年9月、会場:新潟市美術館ギャラリー(県内外18人出展)

中嶋渚作品とラ・ボントーンの店内風景

9-193b.jpg 9-194_20150116160357558.jpg

店内に飾る作品を昨日入れ替えた、「ラ・ボントーン」の店内風景です。
中嶋渚さんのイラストレーション4点を、3月25日まで飾っています。↓
http://atelierzen.blog.
   fc2.com/blog-
   entry-2847.html


9-195.jpg


店頭のお薦めボード(↓)には、抹茶チーズケーキのほか、ショコラ系が。近く、また新作パンも出るような気配。
9-191.jpg

国立公園のネーミングとナイツのジュゲム

9-189.jpg 右の画像は今朝(16日付)の新潟日報から。

現在の上信越高原国立公園から妙高・戸隠地域が分離独立することにより、さてそのネーミングをどうするかという問題である。「妙高戸隠」国立公園と名付けられるのか、あるいはこの種のネーミングは単語がだんだん付け重ねられていくのが常道のようだから、「妙高黒姫戸隠高原」国立公園なんていう文字倍増案もあるらしい。「こちらの地域名も入れろ!」との声に押されるのはわかるけども、まるで落語の寿限無のようだ。


と寿限無を思い出してみたのは、ちょうど昨晩、ユーチューブで寿限無をネタに生かした漫才をたまたま見つけ(↓)、楽しんでいたから。昨晩の今朝だから奇遇ではある。
http://youtu.be/wASfqiHiOfQ
ナイツによる9分間の漫才。 ネタの内容からすると数年前の古いものであるが、これがなかなかのものだった。

テレビで見るナイツ漫才の安定ぶりからすると異色。最初はナイツらしい小ネタで笑いをとるものの、途中から、あまりにマニアックなプロ野球選手の話を延々と続ける。巨人に角三男という投手がいたとか、二軍にはこういう選手が居たとか、阪神のグリーンウェルやら中日の大豊ら。ただそういう選手が居たというだけで、オチどころか意味も何もないつまらない話が数分にわたり続いていく。 だから当初すごく反応のよかった観衆からも笑い声が消えてとんでもないグダグダに陥るが、それは実は長い前ぶりの伏線であって、最後の最後で意味をつなげて大きな笑いにと一転昇華させるという技。
あまりの面白さにblogで書き起こしたひとがいるのもわかる気がしたが、このかたがいうように、書いてあるのを見てもそう面白くない。つまり、まさに話芸である。

中嶋渚作品展示 at ラ・ボントーン

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示、明日17日(土)からの内容です。 今回飾るのは新潟市在住・中嶋渚さんのイラストレーション4点で、約2か月間、展示します。
下の画像は展示作品から、左が「どうしてみんなそんなに速いの」、右が「午前2時45分、月が綺麗で泣きたい」です。
9-187.jpg 9-188.jpg
中嶋 渚  展
会期:2015年1月17日(土)~3月25日(水)/火曜定休。(他、休業日は店カレンダーによる)
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、あるいは徒歩で10分程度。駒形十吉記念美術館前。駐車場有/
営業時間 朝7:00(6:00)~19:00(※2月中までは冬期間のため7時開店、3月から通常の6時開店に変わります)

中嶋渚/
上越市生まれ、長岡造形大学卒業。2013年デザインフェスタ出展。2014年長岡造形大学卒展にて視覚デザイン学科優秀賞を受賞。日々積み上げられる感情をイラストレーションに表現する。新潟市在住。

  2-209.jpg


パン屋さんの中での展示です。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。作品のお問い合わせはアトリエZenまでお願いします。

アトリエZenへの問い合わせは、こちらのメールフォームにて。
        ↑ 地図/クリックすると大きくなります

極小キャンヴァスの記録更新とモナリザのマッチ箱


私のところで今年展覧会をする画家に「マッチ箱くらいの大きさでミニチュア作品作るといいよ」と勧めたら、じゃあそれ用のキャンヴァス作ってくれというので、今日製作していたのが↑の超ミニ・手製キャンヴァス。
学生のころ首都圏の画材店で働いていて、100号の大きなキャンヴァスもひたすら張っていたし近年は自分の作品用に小さなキャンヴァスも作っているから、大小かんけいなく注文あればいくらでも張れるのだけど、今回のマッチ箱サイズはこれまでの極小記録をダントツに更新である。

写真におさめるときに大きさの比較として展案内ハガキを持ち出してきたが、いまいち大きさ感が伝わらず、マッチ箱も最近は社会から消えているようで見当たらず、しょうがないのでこちらも手製なのだが、昔作っていた「モナリザ柄のマッチ箱」を左隣に置いてみた。売れ残ってまだ手元にあった、在庫品。ストライプカラーである。

長岡でも健在だけど近くによれず


作品の材料を買いにホームセンターに行ったら、大きな駐車場の一角にポツリとたたずむ不二家を見つけた。着せ替えペコちゃんはここでも健在だからと癖で写真におさめてみたものの、銀座店で撮っていたようには面白くいかない。

ティルームのある前面の大きな窓ガラスにまず気後れし、銀座みたいに人ごみに隠れることもできないから、近くまでよってはとても撮れず。ゆえに様相は豆つぶ。

ラ・ボントーンの羊

9-179.jpg




ベーカリーショップ「ラ・ボントーン」に現在展示中の
「ひつじ」。吉田尚子さんの作品です。
他3作品とあわせて、15日(木)まで展示中。
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-2731.html


9-178.jpg
9-180 9-023wo-a
作品の販売対応もいたします。お問い合わせは、こちらのメールフォーム(アトリエZen)へどうぞ。

«  | ホーム |  »

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR