アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


赤瀬川原平の全宇宙特集


芸術新潮の2月号は赤瀬川原平追悼大特集。やはりというかなんというか、表紙が「赤」。書店でみかけ、思わず買ってしまった。

故人とゆかりのあった人からの「証言」やインタビュー、対談で記事が構成される。写真図版も多く入っていて、同誌らしいわかりやすい編集。特に小難しい評論的なものはないから、故人を偲びながら眺める分にはちょうどいいが、親しかったひとだと「美学校の帰りに酒を飲んだ」とか何を食べたとか、そういう話のほうが盛り上がるようでそちらに誌面が割かれ、だから総体とすると若干の物足りなさもなくはない。慕われた作家の人柄や一断面を知る貴重な証言、って読めればいいんだろうけども。

多くのひとが賞賛するカニ缶は、私は作品として好きでなかったが、でも掲載されていた写真がとても美しかった。

芸術新潮 2015年 02月号 [雑誌]

絵屋便3月号と中島尚子展

9-281a.jpg 新潟絵屋発行「絵屋便」の3月号の配布が始まり、アトリエにも今朝ほど届きました。

3月は新潟絵屋の展覧会にひとつ関わることになっていて、ギャラリーart Truthとの共同企画で、「中島尚子展」を下旬に開催します。 同画廊の3月の3展のスケジュールをあわせて転記しておくと、

【1】 3月2日~10日/
          平野照子展-垂れる森-
          (企画:井上美雪)
【2】 3月12日~20日/
          はるまち(11人展)
          (企画:井上美雪・大倉宏)
【3】 3月22日~30日/
          中島尚子展「宝日誌」
          (企画:アトリエZen + art Truth)

  です。中島作品は現在、長岡のcafe郭公にも展示中

高木秀俊作品「深呼吸を数える」シリーズの展示リスト

9-279.jpg 笹川眼科・待合室での展示作品は、今月から高木秀俊さんの絵画4点に変わっています

以下、作品リストです。



    高木秀俊 「深呼吸を数える。」
展示作品リスト
 no.
 作 品 名
 素  材
 1
 tutau
木製パネル、画用紙、アクリルガッシュ、モデリングペースト
 2
 totonou
木製パネル、画用紙、アクリルガッシュ、モデリングペースト
 3
 hiraku
木製パネル、画用紙、アクリルガッシュ、モデリングペースト
 4
 minoru
木製パネル、画用紙、アクリルガッシュ、モデリングペースト

 画像をクリックすると大きくなります

栗原淳子ポストカードを販売中

9-211.jpg 9-212.jpg

長岡小嶋屋「銀座ニューメルサ店」で昨年展示された(同店での最終展示企画となった)、新潟市在住イラストレーター・栗原淳子さんの絵ハガキセットを取り扱い中です。

昭和の香り漂う越後の風景を描いた10枚セット、代金は送料込みで1,340円です。ご希望のかたは下記メールフォームにて、「栗原淳子絵ハガキ希望」と書いて連絡ください。折り返しご案内のメールをお送りしますので、それを確認してもらってからのご注文となります。

(※ 絵ハガキセットはクロネコのメール便、または郵送にてお送りいたします)


 【お問い合わせ用 メールフォーム


9-213.jpg

非作品、あるいは焼き鳥ショップのポニー


「今日の作品」なる表題をつけつつ別に今日撮ったわけではない写真を載せてみたが、こちらは作品にもなってない、ただの通りがかりメモ写真。「今日撮ったものではない」ことは、やはり共通。

長岡市内にて。住宅街の一角にある、焼き鳥ショップのポニー。

non-titled 今日の作品


私自身の作品から。

写真作品。一週間前の記事に倣って「non-titled 今日の作品」とタイトルをつけたものの、撮影自体は1990年代で、20年以上前の「ネガフィルム」時代のもの。いま見ても「これはかなりいいなぁ」と思えているが当時もそう思っていたらしく、キャピネ版にわざわざ引き伸ばした紙焼き写真が現存している。
部分的に掘りかえされた工事跡アスファルトは色が違って幾何学的構成になり、「止まれ」は新しく書かれたばかりで施工時の補助線が見え、写真平面上でそれらが一点透視法的パースペクティブで完成している。などと、撮影当時(20年前)は無意識に面白がって撮っていたものを、いまは意識して眺めるわけだ。

スイッチバックのバスターミナル

9-271b.jpg
看板の大きさと本家を凌ぐ目立ち具合からするとまるで県民共済駅みたいなのだが、「新潟駅」の前。
バスターミナルは昔懐かしい(長岡駅も、3代目駅舎が誕生する以前のその昔、この形式だった)、後進で乗り場に入っていくスタイル。
見事な昭和ティストだと思っていたら、いまや全国的にもほとんど現存せず、ひじょうに珍しい形式になっているよう。 「スイッチバック式」という名称までつけられているとは、最近まで知らなかった。

今週の小嶋屋新潟店訪問時に撮影。

笠原もなか展探訪(?)記

古正寺のカフェレストランでの笠原もなか展が今週スタートしている。

9-277.jpg DMの制作にも関わらせてもらったし、なによりもDMの絵柄から今回の作品群をとても楽しみにしていたので、今日の昼、訪れてみた。 食べログだったかどうか出所は忘れたけども、この店は「女性に人気で女性客がほとんど」「ランチ時は混みあう」と聞き、作品を堪能し、落ち着いてその空間で食事するには開店直後の時間帯がベストだろうと読んだ。御洒落系カフェで初めて行くところだと、どうもその辺り深読みしてしまうのだ。

つまり11時ジャストに入り、ランチ客で混みあうまでの時間帯で楽しもう、と考えたわけだが、結果からいえばなかなか思うようにはいかないもの。折からの強風と雪が影響したのかもしれないが、時間をタイトに行ってみたらこの日の開店はだいぶ遅れるとの返事。こうした飲食店にはままあることだから、まぁいたしかたないなと思ったものの、しかし外でこの寒いなか待つわけにも行かず、しょうがないので帰ってきたという次第。ここでのランチも楽しみのひとつだったのだけど。

でも店のひととのやりとりのあいだ、ちゃっかり店内の展示風景と作品を覗いている。 すこぶる出来がいい。夜行って、ワイン片手に眺められればいいんだけどね。


9-196aa.jpg
笠原もなかイラストレーション展
小さな緑の園

会期:2月8日(日)~22日(日)/水曜定休/
11:00~15:00、18:00~23:00
会場:mocha lounge(モカラウンジ)

長岡小嶋屋CoCoLo新潟店の信田俊郎作品


昨日にひきつづき。新潟駅内の長岡小嶋屋、「CoCoLo新潟店」を。

店内に飾っているのは、信田俊郎さんの水彩画です。 水彩の小品といっても色彩の存在感が力強くある作品で、白を基調とした新しい店内に映えています。
9-274b.jpg
9-276.jpg

9-273a.jpg

信田俊郎(しだ・としろう)/ 新潟市在住の画家。新潟市美術館に作品収蔵。1953年新潟県佐渡(旧赤泊村)生まれ。
アトリエZenにて信田俊郎さんの水彩シリーズ を取り扱っております。購入の希望等ありましたらお問い合わせください。
お問い合わせ用 メールフォーム

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR