アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


non-titled 今日の作品

non-titled

口に入れば一緒でしょ?と言われても

昨日記した連続テレビドラマ「徒歩7分」について、Webサイトをみたら次週第6話のあらすじが
トイレ事件を経た依子(田中麗奈)と咲江(菜葉菜)は、徐々に語り合えるようになる。一方、トイレに閉じ込められていた間、世話をしてくれた田中(田中圭)に…」と記されていた。

見てないひとにとっては、トイレ事件ってなんぞや?という以外にも、そもそも「トイレに閉じ込められてたあいだ世話してくれた」って一体なんだ?どんなシチュエーションなのかと、まぁよくわからないはず。でもそこが魅力だったりする。次話のタイトルは「口に入れば一緒でしょ?」。やはり見てないひとにとっては、そう言われても…である。
あと、ここに出てくる菜葉菜さんという、初めて知る女優さんがとても気になっている。「なはな」とストレートに読んでいいのかと思いながらそう読んでいたが、中国人風に「さい・ような」さんではなく、やっぱりそれで正しかったようだ。


ちなみに、嵌まり込みついでに番組blogのバックナンバーを見てみたら、脚本家のコメントとして、「最初は『依子の冒険』という題で書いていた(がボツになった)」とあった。依子の冒険も今ならわかるけども、でもこのタイトルだといくら新聞記者が誉めても見る気はおきなかったと思われる。面白いところである。

長岡造形大学卒展

9-261.jpg 9-259.jpg 9-260.jpg
長岡造形大学の卒展に行く。マイスキップ紙で何人かの作品を紹介するので、その取材も兼ねている。
取材だから掲載予定の作品はいくつか撮影させてもらったがここでは割愛し、で、上の3枚は大学院棟の入口ホール近くにある「円形講義室」。いつもはコンクリート打ちっ放しの無機質な壁に何やら派手な、キラキラとしたストライプ状デコレーションがなされていて目をひいた。これまでの卒展にはなかったものだ。
一瞬、誰の作品なのかと驚いたが、特に卒業制作というわけではなく、円形講義室を映像作品の発表の場とする映像専攻生が会場を目立たせようと試みたものらしい。シンプルな手法で、チープな材料を駆使しているのもいい。画像だとその辺はわかり辛いけども。

9-258.jpg
右はアトリエ棟の入口、吹き抜けのホール部分。
2階レベルに貼られた2点は写真専攻の既知の学生(細貝さん)の写真であるが、彼女の作品は画面に出てこない右手側の壁面のほうに大きくあり、囲むような呈示。だから、これが全体像ではない。
変形の四辺形と光の関係が面白く、さらにはこの位置にこの写真作品が、こういう風にあるのは今だけだからと、要するに個人的趣味で撮影してみた一枚である。こういう幾何学的な構成はけっこう気に入るのだけど、どうだろう。
ちなみにあえて意図的に暗く写しているわけで、実際の展示会場は明るくて作品もちゃんと見やすいので念のため。

徒歩7分

9-256.jpg 「徒歩7分」という、ちょっと風変わりなタイトルのテレビドラマが火曜の深夜に放送されていて、先週から見始めている。

きっかけは先週はじめの新聞テレビ欄のレビューで紹介されていたことで、たぶん読売だったと思うけど、何紙か読むこともあるから媒体名は実はうろ覚え。書かれていた内容もすでにうろ覚えで、ストーリーなどの紹介もあったはずだが覚えてなく、唯一覚えているのは記事の最後に記された「(全8回の放送なのにすでに3回が終わっているから)これからだと全部見れず、これまで見れなかったことが残念」という記者の感想だけ。でも何か妙に魅かれるものがあり、私もこの記者と同様、先週の第4話から見ていたというわけだ。

で、感想はといえば、やはりこの記者とまったく同じで、こんな面白いなら最初から見たかった!であった。カメラアングルとか長回しの多用とか会話のテンポとか、独特のティストがあるから慣れるまで少々時間を要するし、いきなり第4話から見てストーリーもチンプンカンプンだったが、慣れたら見事に嵌ってしまったという次第。 話自体は言葉にしづらいものだが、webの記事(主演の田中麗奈さんインタビュー)では「彼氏なし、友達なし、仕事なし……ないない尽くしの32歳・依子(田中麗奈)のアパートから徒歩7分圏内で起きる小さな出来事をつづる連続ドラマ」と紹介されている。


上の画像は、せっかくなのでアトリエから「徒歩7分」のところを載せようと一瞬思ったものの、そうではなく昨日夕方所用で訪れた笹川眼科。夕暮れに玄関オレンジ色が映えていた。待合室に飾る絵画を前日に入れ替えているが、この日は作者のコメントも小さな紹介パネルで取り付けてきた。

舟見倹二展(長岡小嶋屋CoCoLo長岡店) 後期・展示作品リスト

9-255.jpg 長岡小嶋屋CoCoLo長岡店に飾っている舟身倹二さんの作品を今週一部入れ替えましたので、同展の「後期」として、以下作品リストを。
計7作品の展示となっています。


 舟見倹二展/後期・展示作品リスト
 no.  作 品 タ イ ト ル  技  法 / 制作年
 1  The series of space '13ma-1  シルクスクリーン版画/2013年
 2  The series of space '13ma-2  シルクスクリーン版画/2013年
 3  The series of space '13a-3  シルクスクリーン版画/2013年
 4  The series of space '13a-2  シルクスクリーン版画/2013年
 5  The series of space '14 b-2  シルクスクリーン版画/2014年
 6  The series of space '14 a-1  シルクスクリーン版画/2014年
 7  The series of space '14 a-2  シルクスクリーン版画/2014年
9-104.jpg
 The series of space'14a-1/\20,000(額付)
 作品寸法:22.5cm×22.5cm、額寸法:36.5cm×36.5cm

作品は販売対応しています。
   お問い合わせは、↓のメールフォームでどうぞ。
   [アトリエZenへのお問い合わせ]

高木秀俊作品展示 (笹川眼科/Art Space Bright Light)

長岡市・笹川眼科の院内に飾っている作品を、本日入れ替えてきました。2~4月の約3か月間は長岡在住・高木秀俊さんの絵画作品4点になります。
今回展示した4作品は「深呼吸を数える」というシリーズで、このクリニックに飾ることを目的に描かれた新作です。昨日も少し紹介しましたが、クリニックを訪れる患者のかたを意識し、リラックスして気持ちよく見てもらうことをテーマに制作されました。

9-252.jpg 9-253.jpg
Art Space Bright Light 第6回展示
高木秀俊展

会期:2015年2月4日~4月末まで (予定/展示最終日は多少前後します)
会場:笹川眼科・中待合室 【長岡市】

■高木秀俊/プロフィール
長岡市生まれ。1999年長岡造形大学視覚伝達デザインコース卒業。2006年セツ・モードセミナー美術科夜間部卒業。現在長岡に在住し、イラスト、デザイン、アートと、多岐に活動をすすめている。 2014年「第17回 THE eto イラスト」優秀賞、「@クリエーターズ年賀2015デザインアワード」オリジナルグッズ賞受賞。「春山登山展2014」(新潟市)、「エックス展vol.5(2014)-若きクリエイターたちの自由表現」(新潟市美術館)などに出展。


※ 【注記
本作品展示はクリニック内・待合室のため、検診や通院の患者さんたちに絵を楽しんでもらう趣旨となります。通常のギャラリーのように誰でも自由に入場・閲覧可能ではないことをご了承ください。

高木秀俊さんの新作


今朝は朝イチで長岡小嶋屋(CoCoLo長岡)の作品入替に。昨日はcafe郭公の展示作業で明日の朝は笹川眼科・院内ギャラリーの展示入替の予定だから、三日連続である。
上の画像は、明日飾る予定の高木秀俊さんの作品で、眼科に訪れる患者さんを意識してテーマを設定した「新作」絵画。白地に青。なかなかよいので、思わず斜めから撮ってみた。


実をいうと今日は朝、頭が少々重く、気分としては流行の風邪とかではなさそうだが、なんだか酸素が足りない感じがしていた。酸欠状態というのにはなったことがないので、あくまでイメージだけど。エネルギー不足だらうか。

中島尚子展 展示作品リスト

9-249b.jpg
cafe郭公での中島尚子展「動物図鑑」、今日から始まりました。動物をモチーフにした木版画4点を飾っています。
展示案内

 中島尚子 展示作品リスト
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 技  法
 1
 ネ コ
 木口木版画
 2
 コツメカワウソ
 木口木版画
 3
 タコクラゲ
 木口木版画
 4
 キタイワトビペンギン
 木口木版画

作品販売もしております。来店時に郭公のスタッフにお尋ねいただくか、↓のメールフォームでアトリエZen宛てお問い合わせください。   [アトリエZenへのお問い合わせ]

立入禁止をゆく

      
昨日(1日付)の新潟日報でダントツに興味をひかれたのは、書評欄で取り上げられていた↑の本。「立入禁止をゆく」(評者は建築評論家の五十嵐太郎氏)。
高層ビルの建設現場、地下の下水道、使われていない地下鉄の駅など、都市のなかで「立入禁止」となっている場所に侵入した都市探検家の記録とのことで、これは面白そうだ。新聞評には「現場で撮った美しいアート作品のような写真の数々」が回想とともに収録、とある。
「立入禁止」をゆく -都市の足下・頭上に広がる未開地-
著:ブラッドリー・L・ギャレット/訳:東郷えりか/発行:青土社

「柳政利さんのいた新潟」を語る会

9-246bb.jpg
9-245a_20150201091122009.jpg 昨年12月に急逝したデザイナー・柳さん(反画工房)を「偲ぶ会」が、今日の午後から新潟市内で開かれる。
行くつもりで考えていたが、今日一日空けることがとても難しくなってしまい、長岡から故人を偲ぶようにしたいと思っている。

「柳政利さんのいた新潟」を語る会
 日時:2月1日(日) 14:30~19:00/会場:砂丘館
 詳細:http://niigata-eya.jp/images/
          pdf/2015_2_yanagi_low.pdf

 問い合わせ:新潟絵屋

氏と最後に会ったのは昨年9月「エックス展-若きクリエイターたちの自由表現」の会場で、最後に交わした会話は展覧会の感想とかではなく、「最近やっている、あのタバコ屋の写真すごくいいねぇ。あのシリーズで個展やるといいと思うよ、ぜひ目指してよ。場所はふつうの画廊ではなく、○○みたいなところが合いそう…」だった。らしいところかもしれない。このblogをずっとよく見られていたようで、開設当初からの十年来の読者でもあった。

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR