アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

02<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>04

アトリエZen 展覧会案内
infomation

2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記

アトリエZen企画展
エックス展 Ⅹ -若きクリエイターたちの自由表現-
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5200.html

会期:12月12日(木)~12月22日(日)/18日(水)は休廊/ 会場:maison de たびのそら屋(長岡市)

三上喜貴 賀状版画作品展(at WASHIMA TOUT LE MONDE)
http://atelierzen.blog.fc2.com/
blog-entry-5189.html

会期:11月1日~2020年1月26日、休館日にご注意ください/会場:和島トゥー・ル・モンド 2階



長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓終了しました〓
9月24日~12月1日まで:
高木秀俊〓終了しました〓
12月2日~2020年2月2日まで:
角屋 幸〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示宮島朋明(鉛筆画)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展

10th 弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-〓終了しました〓
記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5193.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新潟駅に居る犬と南口ペデストリアンデッキと明日迄の中島尚子展

9-389.jpg
渋谷駅といえば「ハチ公」だけれども、新潟駅にも犬が居て、こちらは「タマ公」というらしい。南口の中央部、大きな玄関口のところに佇み場所的には超一等地ですが、でも急がれてる皆さんはそのまま素通りする(↑)。渋谷のハチ公口みたく、玄関口にその名をしるしてもらえているのかどうか、そちらはよくわからない。 ちなみに隣には、さきごろ移転新装オープンしたばかりの「長岡小嶋屋・CoCoLo新潟店」があります。

下はその「タマ公」口を出て、新潟駅の南口ペデストリアンデッキ。一週前、中島尚子展の搬入時に作家の送迎で新潟駅まで出たので、その際にタマ公とあわせ撮ってみたものになります。
さて、その中島尚子展「宝日誌」(at 新潟絵屋)ですが、会期も残すところ今日・明日の2日間となりました。これまで多くのかたに訪れていただき好評を受け、企画に携わったものとして嬉しい限りです。 最後の二日間、両日とも作家在廊しています。
9-387.jpg

ドカベン銅像の撤去にまつわる雑感

9-395.jpg 新潟市の古町に漫画「ドカベン」の銅像が(作者の水島新司氏の好意で)設置されているが、氏から撤去の申し入れがあり、存続が厳しくなっているとのニュース。新潟では大きく扱われていて、新潟日報では一昨日(27日付)の朝刊社会面(←)で大々的に取り上げられたほか昨日も続報があり、テレビのニュースでも報じていた。
水島氏は撤去の理由を明確にしていないが、でも、最近の「ケツバット」ブームが、氏の創作したキャラクターとは無縁なところで単に「面白ければいい」「それで集客が図れればいい」という論理だけで流行させているところに一種の危うさも感じていたので、理由もその辺にあるのだろうとは考える。創作に関わるものとすれば、著作者の思いを馳せるに痛々しく感じてしまう点があるからで、なぜならそこには山田太郎の存在がない。別にドカベンキャラクターである必要はなく、松井秀喜氏の銅像であってもゲーリー・トマソン氏のダイナミックな空振り銅像でもケツバットにはいいわけで、当然ながら著作者や作品への敬意といったものも見られないわけである。

野外アート展をやっていたりするとたまにあるのだが、野外だとその気安さからか、同じように作品の本質とは関係ないところで茶化したような写真を撮り、面白がって駄洒落のようにネットにあげるひともいる。そういうときの作家自身の反応ははっきり分かれ、面白がる作家もいるが嫌悪する作家も多く、水島氏は後者だろうという想像は容易にできるわけだ。
今回は仕掛け人がいて、著作権的なものを省みずそれが「街の活性化にすばらしいこと」と華々しくテレビで取り上げられ、一大ブームのように扱われるさまをみると、著作者として看過できないというのはよくわかるところだ。看過すれば、おそらく商店街などは「ケツバットガール写真コンテスト大会」「ケツバットセール」なんてものも次々考えるだろうし、何年もかけて創り上げてきたキャラクター(作品)がケツバットに単純化され「女性の尻をバットでたたく男」のイメージで染まってしまうのは、私だったら相当な苦痛である。件の仕掛け人は創作者ではないようで、テレビインタビューを見ていてもそのあたりの心理には疎いようだけど。

だから28日の新潟日報で紹介されていた商店街関係者の談話、「『ケツバットガール』の流行で商店街を訪れる人が増えてきたのに撤去するのはもったいない」というのには、私には違和感しかない。私が水島氏であれば、そういう発言を聞くからもう撤去したいんですよ、と応えるところ。

 | ホーム | 

カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR