アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

弥彦・野外アート展2017
〓開催中〓
10月29日(日)午後2時迄

http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



アトリエZen 展覧会案内
infomation

-Canvas- 外山文彦展
6月10日(土)~7月9日(日)/ギャラリー空華 〓終了しました〓

<記事index>




長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~3月5日:吉田勝幸写真展-フユノキセキ
2017年3月6日~5月14日:
animals-木口木版画とイラスト画(中島尚子&外山文彦)
5月15日~7月17日:
中村文美・モノタイプにドローイング
7月18日~9月20日:
野田英世スケッチ画展 ふつうの瞬間-アンチ・ドラマチック-  〓終了しました〓
9月21日~12月3日:
星奈緒パステル画 〓開催中〓

次回/12月4日~ 阿部正広

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/河田ゆき 展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/

記録


CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


真夏の運動会

9-527a.jpg

昨日は、とある小学校に運動会の撮影に。
近年は毎年のようにやっていて、また近年は5月でも高温になることも多いが、そのなかでも昨日はダントツの暑さ。ナンバーワンである。午後はそれでも「ふつうの暑さ」に体感気温とすると戻ったものの、午前中はものすごい蒸し暑さ。 さながら真夏の運動会であった。

上の画像は、撮影の合間にグラウンドに自分の影を写したもの。

各情報誌の掲載-エックス展情報

エックス展-若きクリエイターたちの自由表現-」の2015年展。
あと1週間後にと迫ってきました。6月8日(月)からの開催ですが、今週土曜(6日)に作品搬入と展示作業をおこなうことになっています。
■ 展覧会案内↓
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-2991.html


最近発行になった各情報誌でも展覧会が紹介されました。
1週間前に記した月刊Komachiのほか、月刊にいがた6月号には菊池都さんの作品が、月刊マイスキップ6月号には海津千並さんの作品がそれぞれ掲載され、こちらは作品写真と共に案内されています。

築井瞳・野坂衣織展 at ラ・ボントーン

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示、 次回、6月4日からの展示内容です。
9-518.jpg 9-520.jpg

左:築井瞳、右:野坂衣織


今回は二人の作品を飾ります。2009年に長岡造形大学を卒業した築井瞳さん(新潟市在住)の“動物”を描いた絵画2点と、先月art Truthでの拙企画(二人展)に出展された野坂衣織さん(糸魚川市出身、長野県在住)の“人物”を題材に描いた絵画2点です。

築井瞳・野坂衣織 展
会期:2015年6月4日(木)~8月9日(日)/火曜定休。(他、休業日は店カレンダーによる)
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、あるいは徒歩で10分程度。駒形十吉記念美術館前。駐車場有/
営業時間 朝6:00~19:00

  2-209.jpg


パン屋さんの中での展示です。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。作品のお問い合わせはアトリエZenまでお願いします。

アトリエZenへの問い合わせは、こちらのメールフォームにて。
        ↑ 地図・店の電話番号/クリックすると大きくなります


次回展示予定/土屋政志さん(長岡造形大卒、新潟市在住)

時間がかなりタイトななかで

9-521a.jpg 木下黄太氏の強い薦めもあり、読んでみようと最近買った本。上巻だけで600p、4000円もするのに、この手の本としては驚異的に売れているらしく、発行部数がそもそも少ないということもあるが、発売後わずかにしてもはや入手困難の域のよう。
私の場合はいいタイミングでほとんど苦労せずに入手でき、それはよかったのだけども、この分量と内容に読む時間を作ることは相当苦労しそうだ。いま時間がかなりタイトなのである。

チェルノブイリの犯罪<上巻>/
ヴラディーミル・チェルトコフ著、中尾和美・新居朋子・髭郁彦訳、緑風出版

かさはら菓子店のおむすびバウム

9-524.jpg
訪問先への手土産にと「かさはら菓子店」に立ち寄る。
“中花”まんじゅうが美味しいんだよなぁと思いつつ、前に来たときにはなかった隣の(=新商品の) おむすびバウムに目がいった。
9-522.jpg
9-523.jpg

人物画三人展の風景


art Truthで開催中の三人展(丁子紅子、戸井田しづこ、星奈緒)のガラス越し会場風景。ギャラリーのフェイスブックページからの拝借(許可を受けての転載)です。
6月1日(月)まで開催中。

http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20150527.shtml

ギャラリー13代目長兵衛と約10年前の執筆記事

ギャラリー13代目長兵衛は古い蔵を曳家で動かし改装のうえオープンしましたが、ギャラリー自体の完成が2003年、第一回の展覧会開催が翌2004年4月となります。先に制作した「閉館案内(ありがとう!13代目長兵衛)のチラシ」では案内文のなかに2003年開廊と入れていて、厳密には正確さを欠く紛らわしい表現となっておりました。上記のようにお受け取りください。

さて、左は2004年6月号、約10年前のマイスキップ紙面から。
美術評論家の大倉宏さんに蔵を見ていただいたら、これは壊してはいけない、ギャラリーをするのであれば利用すべきだと…」とありますが、これはもちろんこのギャラリー13代目長兵衛、その誕生時の話。私自身が取材して特集記事に書いたものです。同ギャラリーについて調べものをする際に古いファイルから取り出し、実に久々に再読してみたので、ついでに写真におさめてみました。
ちょうどこの年の3月くらいにマイスキップの仕事をするようになり、初めて書いた企画面・長文記事となります。 9-514.jpg

印刷物の出来上がりと脳内スケッチ

編集と制作を頼まれ、春先から取り組んでいた小冊子が出来上がったので、昨日は納品に。喜んでもらえて何よりであるが、今回は作品集とかではなく「自分史」的な、プライベートな領域での編集制作だから、成果物の画像は載せられず。


7月にart Truthでまた展覧会をおこなう、と前にちょっとだけ予告めいたことを書いていたが、そちらの案内ハガキも出来上がり、作家から届けられた。アトリエZenの企画にもよく登場する大橋絵里奈さんの、首都圏初個展である。印刷物のデザイン・制作は作家自身が担っていて、なかなかいい仕上がり。近く詳細案内もアップしますが、とりいそぎ左の帯の「アトリエZen企画案内」欄に記載しました。


BSで日曜夕方に放送されている「久米書店」を最近好んで見ている。本の紹介番組で、著者を招き、久米宏店長と壇蜜店員とでトークを繰り広げるというもの。その“書店”にはなぜか「しまうま」の剥製が置かれていて、記憶の中でうまく浮かびあがらず「しまうま」を描けずにいたから、壇蜜さんではなくその背後の剥製のほうを注視してみた。しめしめと脳内スケッチにはげんだ、となるのだろうか。手を動かすわけでないというのがミソである。
先般描いたキリンを友人画家に写真添付のメールで送ったら、フニャフニャなのに「すごくいいー」と気に入られてしまい、「(次は)しまうまを描いてよ」とリクエストまでされていた。だから少し意識してみたのだが、さて、どうなるか。


本日は、とある新聞社から取材を受けた。午前中の話。午後は(これから)、届いた別件の資料を読み込まなくてはならずそちらに充てる予定。作品の制作にはかかれず。

みんなの地元愛とエックス展


9-512a.jpg
発売になったばかりの「月刊Komachi」から。「今月のイベント」欄に、6月8日からの「エックス展~若きクリエイターたちの自由表現」の案内が掲載されています。
新号の特集テーマは「みんなの地元愛、集めました」。エックス展の今回の出展は新潟県在住か県出身の17名、地元愛という括りにも合うかもしれません。

クレパスでの初めての描画について


小学生のころ、絵が好きだったかどうか。
図画の授業以外でもひたすら描いていた、なんてエピソードでもあればいいがそうしたことがなく、だから好きだったかどうかとダイレクトに聞かれると、ちょっと心許ない。でも描けば必ず賞を貰えていたし、同級生や4年連続で担任だった美術教師が一目置く反応をよく覚えているから、得意ではあったのだと思う。まぁ絵が好きかどうか以前に、画材への好き嫌いのほうは昔からはっきり出していたようだ。大学生のころは「ボールペンでのクロッキーにはこの会社製のこの色しか使わない」と妙なことを公言していたが、小学生のころはクレヨンとかクレパスが嫌いだった。書き味とか触感が気に入らず、小学生がよく使いそうな画材であるのに、まともに使った記憶がはっきり言って無い。絵画賞の副賞で貰ったり、「あの子、絵が上手いのよねぇ」と親戚の叔母さんあたりがくれるのはクレヨンと相場が決まっていたから、身の回りにクレヨンは沢山あったのだけど。

と長い前置きで結局何が言いたかったかというと、“クレパスを使ったことがなかった”という15字だけであった。 最近描いた「キリン」が、幼稚園とかそれ以前のもう記憶に残ってない頃を除けば、初めてとなる。
動物を描こうとなったとき、最初は油絵にしたいと思っていた。が、10年以上油彩から離れていると油絵具も手元になく、そんなときに「にじゅうよいろのクレパス買って、あなたが描いたわたしの似顔絵~」と歌う南こうせつの声が脳裏に流れてきたものだから、仕方なくついクレパスを買ってしまったというわけだ。 偶然の思いつきみたいなものだが、でもそうした無意識に脳裏に浮かんだ「偶然」が面白いところで、小学生のときに使わなかった分、小学生になった気分でたどたどしく色を塗るようにした。作品への反映は意識的である。

上の画像は本文とまったく関係ないが、こちらも思いつきといえば「思いつき」レベルの写真。

 | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
アート作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR