アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

06<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>08

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


東京横浜での秋の5展と、はっきり異なる空間形態

先日のblog記事で「9月にアトリエZen企画を東京でおこなう」と書いているが、この秋は東京・横浜での展覧会企画がたてつづいていて、企画協力するものを含めて8月末から11月の間につごう5展控えている。うち、今年初めて関わるスペースが3箇所で、小さなカフェギャラリーと謎の地下室(?)と建築設計デザイナーが建てたギャラリー。空間形態が全部はっきり異なるが、いずれもスペース的な面白さがある。

面白さがあるとはいっても新規中心に首都圏でこれだけ連続させるのは珍しい。昨年9月に横浜のart Truthでおこなった企画が自分で考えていた以上に好評だったようで、1週間ほど横浜に滞在していたその間、「ぜひ今度」というオファーをいろいろいただいた。それが1年を経て展覧会になるというわけだ。いつも割りとそうだが、特に自分から営業を仕掛けたわけではない。

本当は、昨年のオファーのなかで、今年もうひとつやりたいと魅かれていた展示企画があったが、関東地区のそのギャラリーでの企画は来年度に回させてもらっている。せっかくのお話、満を持してというイメージでいるが、2017年度といってももう1年をきっている。イメージしていた脳内構想もよりすすめなくては、といったところ。



さて下の画像は本文と関係なく、今週のある日の昼食のロースカツ定食。 ギャラリー勤務時はお昼をまともに食べる時間がなかったり、イイカゲンにカロリーメイトなどで済ますことが多いが、この日は珍しく外に出た。ギャラリー近くのトンカツ店。メロンがついてきた。

10-518.jpg

堀田正展とギャラリーcafeでの野田英世アンコール展

ギャラリーみつけ、展示室では「堀田正作品展」を開催中。(24日まで)
10-514b.jpg

↑ 展示室1

10-515b.jpg

↑ 展示室2




また、喫茶コーナーの壁(Orange Wall)の展示が先週から新しくなっています。
10-511.jpg
先月おこないたいへん好評だった「まちかどみつけ 野田英世見附スケッチ作品展」よりアフターミニエキシビジョン(アンコール)として、同展で展示したなかから2作品(本町のスケッチ1点と今町1点)を展示しています。作品販売の対応もひきつづき可能です。

10-510.jpg

小沼智恵利展-定かではない記憶と時間の記憶

10-498_20160712171243973.jpg
Chieri Konuma drawing&painting
私の記憶は定かではありません

会期:7月31日(日)~8月9日(火)/水曜定休
会場:ギャラリーやまぼうし 【新潟市秋葉区】

ギャラリーみつけでいま一緒にギャラリー運営をしている小沼さんの個展。「私の記憶は定かではない」らしい。
ちなみにこの個展は本人の企画であるが、9月に東京でおこなうアトリエZen企画に小沼さんが参加することになっていて、そちらの(※ 二人展です)展タイトルが「時間の記憶」。狙ったわけでもないが、奇しくも「記憶」つながりである。

昨日は

昨日は秋の展覧会企画で作家との調整作業のあと、制作に。
秋は、特に今年は企画するほうも多いが、自分が出展する側なのも多いのである。

またまた癖のように

10-505.jpg
参議院選挙、期日前投票に。
投票所はアオーレ長岡の、「大手スカイデッキ」からの入口の脇にある。だからつい、2年前にも撮ったように、癖のようにこの「大手スカイデッキ」を写真におさめてしまう。

スカイデッキといっても別に空は見えない。
で、またまた癖のように、「名は体を表す」ネーミングにして欲しいよなと、六本木・森タワーにある日本一の高さのオープンエアー展望施設と同名であることなぞを、つい思い起こしてしまう。

3つのケの集合体

見附市役所 フェイスブックページより



上の三こま漫画は、見附在住イラストレーターの村上徹さん制作。
村上さんはギャラリーみつけ通信の制作担当のほか、4月のぼくらの先生展のDM原画制作、ワークショップの講師などなど、ギャラリーみつけにも(開館前から)関わってもらっているが、新潟日報でとりあげられたり、次第にその活動が広く地域にもパワーアップしている感。最近は「見附市役所公式レポーター」に任命されたとかで、そちらの第一号記事が上のマンガというわけだ。

昭和37年制定の「市章」も、それを紹介するマンガも、よくできている。見附生まれのギャラリー同僚に聞いたら、小学校でこの市章の意味(3つのケ)を習ったそうだ。

明日までのエックス展



ギャラリーみつけ2階フロアで開催中の「エックス展Ⅶ-若きクリエイターたちの自由表現」、ロングランの開催でしたが、明日3日(日)午後3時までの開催となります。

3週間というロングランの開催はエックス展としては初めてで、かつ、新潟市外での(中越地区での)開催も初めて。会場も新しく、いわば初めてづくしだったが、あいもかわらずおこなっているのが↑の「出展者自己紹介シートのファイル」。会場内で自由に見てもらえるように、置いています。(恒例)


先日アップした「作品ズームアップ」がえらく好評のようだ。そうした声がいくつか入っている。
16人中8作品をセレクトしたというのも「キリよく半分」というだけで他に意味はなく、もちろん上位8名ということはまったくなく、たまたま撮れた8作品ということであった。でもあまりの好評の声に、残りの8作品も撮って全作品をアップしようかと昨夜思っていた。でもアクリル額装など反射で撮影が難しい作品があると気付いて途中で断念。だから下は1枚だけ。

10-496.jpg


以下、会場風景。
10-490.jpg 10-491.jpg 10-492.jpg 10-494.jpg


エックス展Ⅶ-若きクリエイターたちの自由表現
展示案内 ↓
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3466.html
過去記事
会場風景-01】 【会場風景-02 、新潟日報文化欄
会場風景-03、出品作品リスト


いつもながらの出来事

秋に首都圏で画廊企画の個展をすることになっているので、昨日はDM用の作品写真の撮影。画廊企画だと提出が早いのである。
撮影するにもいつもながら写真で表現するのに難易度の高い作品であり、いつもながらやや難航したが、今回はデザイン制作を画廊側でおこなうので、「いつもながらではない」DMになるだろうとは思われる。

昨日は三条ものつくり学校でおこなわれていた「28歳展」なる二人展に行った。
10-488.jpg

ふたつの高木秀俊展

10-482.jpg
長岡小嶋屋(CoCoLo長岡店)で展示している高木秀俊「短歌と絵画」作品から。作品名(短歌)は、「色彩を覆いつくした冬の朝カナリヤ色の傘(こうもり)が咲く」。

出品作品リスト

10-486.jpg



下はギャラリーみつけ「展示室1」の「髙木秀俊展 SYSTEMATIC DOLL」。テーマを違えたふたつの個展を同時開催中です。
10-477b_2016070108380427c.jpg

10-485.jpg

読売新聞の案内記事



髙木秀俊 短歌と絵画展 (長岡小嶋屋CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.40)
会期:8月14日(日)まで/11:00~21:30(ラストオーダー21:00)
会場:長岡小嶋屋 CoCoLo長岡店 /長岡駅ビルCoCoLo内、1階レストラン街
髙木秀俊展 SYSTEMATIC DOLL
会期:7月3日(日)まで/ 10:00~22:00(入館受付は21:30まで、最終日は15:00まで)
会場:ギャラリーみつけ 展示室1/ 見附市昭和町2-4-1

«  | ホーム | 

カレンダー

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR