アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


開催中の奥村拓郎展の前で

11-558a.jpg 


ギャラリー湯山の「<平面>-明日への挑戦」展は本日スタートで、「作家トークとオープニングパーティがあるけど行けない(=ギャラリーみつけに在館する)」と昨日深夜に書いていた。
それを読まれたのかどうか聞きはしなかったけれど、あるかたがギャラリー湯山で同展を観られた帰路、「(トークの場に来ていなかったから、作品について)私の話が聞きたい」とギャラリーみつけに尋ねてこられた。で、開催中の奥村拓郎展作品の前でしばし「平面」談義。
さて上の画像はそうしたこととまったく関係なく長岡市内の一風景。しかも数日前の撮影。

(2017.4.29 pm23:48)


阿部正広展と佐藤美紀展の同時開催


11-546.jpg


ギャラリーみつけで同時開催です。(佐藤美紀展&阿部正広展)


佐藤美紀展 (展示室1) <油彩>
阿部正広展 (展示室2)
会期:2017年5月13日(土)~5月21日(日)/月曜休館
10:00~22:00(入館受付21:30まで。最終日は15時終了)、入場無料
会場:ギャラリーみつけ/ 見附市昭和町2-4-1 tel. 0258-84-7755
県内外で活動する新潟市在住現代画家の同時個展。エネルギッシュな油彩画の佐藤美紀展に対し、阿部正広展では「脳に生ずるひらめき」をモチーフに作品展開したミクストメディア作品。



佐藤美紀展・連続個展開催決定のお知らせ
上記会期の次の会期(↓)でひきつづき佐藤美紀展(「紙」作品の展示)をおこなうことが急遽決定しました。これまで作家があまり公開してこなかったコラージュやドローイング、版画作品の展観で、油彩シリーズとは趣向を替えての連続個展展示となります。現在、案内ハガキを印刷中です。
佐藤美紀「紙の作品展」
会期:5月23日(火)~5月28日(日)/月曜休館
会場:ギャラリーみつけ 展示室1
10:00~22:00(入館受付21:30まで。最終日は16時終了)

第11回長岡空襲体験画展

11-557.jpg
長岡戦災資料館で「第11回長岡空襲体験画展-廃墟から平和への願い-」を見るため長岡駅近辺に。


明日から<平面>展

ギャラリー湯山で明日29日から「<平面>-明日への挑戦」展が始まる。
初日はギャラリートークとオープニングパーティがあり、作家のトークを聞きたいとぜひ行きたいと思っていて知人からも「一緒に行かないか」と誘われもしたが、ギャラリーみつけの夜間業務がどうにも抜けられずあいにく断念。 翌30日に行く予定にしています。

月刊My-Skip4月号/同展(およびギャラリー湯山)の特集記事
http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-3931.html
11-453b.jpg

4月号の余談と初めて購入した現代美術の本

「最新号という役目を終える4月号」と先日書いていたけれどもその続き。というかその余談である。マイスキップ4月号。

アート日和の連載コラムは前号に引き続き「梱包」芸術だったが、そこ(※ 記した画像)に見えるキーワードは「現代の美術」「斎藤義重」「長岡造形大の卒展」であると挙げていた。不思議な組み合わせである。なぜ斎藤義重氏が出てきたかというと企画特集面の「“大地の芸術祭”から生まれた古民家再生/“ギャラリー湯山”現在の座標」のインタビュー記事に1964年開館「長岡現代美術館」の名前が二度にわたり出てくるからで、その関連で頁間にちょっと関係をつけてみたく、氏の言葉を引用してきたというわけだ。

11-551b.jpg
引用はこちらの本から。40年近く前の発行。名著と思うがさすがに絶版で入手困難、貴重本である。
ちなみに私自身「初めて購入した“現代美術”の本」といえば記憶が鮮明で、大学生時のこの本になる。いまみたいに“現代美術”が街なかにあふれることもなかった時代。一学生がふつうに買うにはとても高価すぎるし、当時現代美術の制作は特にしていなかったから、その購入動機はなんだったんだろう。横浜駅の有隣堂で偶然見つけて長時間立ち読みし、なにか強く感ずるところがあって買い求めたはずだが、どこがどうとかという細かな記憶のほうは鮮明ではない。


現代美術の基礎-70年代現代美術学習ドキュメント 
(編:小林昭夫、発刊:アサヒ書房、昭和55年)

明日からの奥村拓郎展/現在インスタレーション作品の設営中


ギャラリーみつけ、明日26日(水)から奥村拓郎展が始まりますが、今日は(現在は)その展示作業中。「展示室2」(↑)のほうではインスタレーション作品が進行中です。

(2017.4.25 pm15:00)


11-554.jpg


奥村拓郎 彫刻展
会期:2017年4月26日(水)~5月7日(日)/月曜休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで、最終日15:00終了)
会場:ギャラリーみつけ 展示室1&2

エックス展Ⅷ 終了しました


11-550.jpg
エックス展-若きクリエイターたちの自由表現Ⅷ「4人の地平」、昨日無事に終了しました。大勢のかたからご来場いただき、ありがとうございました。

記事index
展覧会案内
展示作品リスト
読売新聞の案内

最新号という役目を終える4月号と長岡小嶋屋の案内

月刊マイスキップ。先週末に次号5月号が校了し印刷に廻った。今週刷り上がってくるものと思われる。
ということで現在配布中の4月号は「最新号という役目」をあと数日で終えることになるわけで、ギャラリーみつけの「酒井実通男展」入口で配布中のものも今日の最終日に全部なくなった。館内のインフォメーションラックにはまだ数部残部があるものの、ちょうどいい頃合いで終わりそうだ。
4月号については異例なほどたくさん記事を書いていて、それらは都度、本blogでも転載や紹介をしていたが、インフォメーション欄に書いた下記の案内記事はそういえば(載せようと思っていて)載せられていなかった。だから最後に下に。長岡小嶋屋での二人展案内である。同展示はちなみに問い合わせも多く入っていて、なかなか好評のようす。
11-516b525_2017042307501965c.jpg
■ My-Skip 4月号(私がたずさわったもの)に関する記事ログ
酒井実通男作品展 作家コメント
・特集面/ ギャラリー湯山 現在の座標
新連載2回目のアート日和
前山忠さんへのインタビュー記事を執筆中
・造形する風/卒展作品紹介・鎌倉駅舎に関する卒業研究

デュシャンの画集と酒井実通男作品展現況





上のデュシャンの画集は2005年横浜美術館での「マルセル・デュシャンと20世紀美術展」で購入したもの。いま個展をしている酒井実通男さんの展示作品に、デュシャンの鳥かご(「ローズ・セラヴィよ、何故くしゃみをしない?」)へのオマージュ作品があることから、来館者などへの説明用に便利かと自宅書棚から持ち出してきた。 余談になるが私のblog第1号記事はたしか同展に関したもので、だからもう12年も前。いま使用するfc2ではなく他社ブログで、webのどこかにまだあるはずだが自分で見直すことはない。

酒井実通男作品展では会期中に展示レイアウトの細部の変更(作品の移動、撤去)が作家のもとで随時おこなわれている。「現実空間から芸術空間へ」とサブタイトルがつくごとく、作家がその「空間」を連日思考するかのようだ。 昨夜は、コレクション作品の「椅子」(ワリシー・チェアー)が搬出され、オブジェのひとつ(↓)が会場中央に置かれた。
11-545.jpg 11-544b.jpg

(酒井実通男作品展4月21日夜撮影)


展覧会は、明日23日(日)、午後3時までの開催です。
隣室で開催中のエックス展-若きクリエイターたちの自由表現Ⅷ「4人の地平」も、同様に明日の午後3時までとなります。

今日の行為/1円の前島密以外は


知人に資料を郵送した。定形外の封筒を使い料金の140円は手持ちの切手を使うことにしたのだけれど、52円切手はハガキ料金の値上げを間近に控えて在庫を減らしたいという思惑で貼っていったら、1円切手以外は奇しくも「動物」になった。1円の前島密も広義で「動物」だといえばそうではあるのだけれど。だから前島密さんは横にして貼っている。と、そんなヘンテコな理由がいちおうはある。

こうした行為をしながら、とある知人版画家が「動物の記念切手」を組み合わせ、ゆうパックで「動物作品」を送ってきたことがあったと思い出した。

 | ホーム |  »

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR