アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

03<< 123456789101112131415161718192021222324252627282930 >>05

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


4月号の余談と初めて購入した現代美術の本

「最新号という役目を終える4月号」と先日書いていたけれどもその続き。というかその余談である。マイスキップ4月号。

アート日和の連載コラムは前号に引き続き「梱包」芸術だったが、そこ(※ 記した画像)に見えるキーワードは「現代の美術」「斎藤義重」「長岡造形大の卒展」であると挙げていた。不思議な組み合わせである。なぜ斎藤義重氏が出てきたかというと企画特集面の「“大地の芸術祭”から生まれた古民家再生/“ギャラリー湯山”現在の座標」のインタビュー記事に1964年開館「長岡現代美術館」の名前が二度にわたり出てくるからで、その関連で頁間にちょっと関係をつけてみたく、氏の言葉を引用してきたというわけだ。

11-551b.jpg
引用はこちらの本から。40年近く前の発行。名著と思うがさすがに絶版で入手困難、貴重本である。
ちなみに私自身「初めて購入した“現代美術”の本」といえば記憶が鮮明で、大学生時のこの本になる。いまみたいに“現代美術”が街なかにあふれることもなかった時代。一学生がふつうに買うにはとても高価すぎるし、当時現代美術の制作は特にしていなかったから、その購入動機はなんだったんだろう。横浜駅の有隣堂で偶然見つけて長時間立ち読みし、なにか強く感ずるところがあって買い求めたはずだが、どこがどうとかという細かな記憶のほうは鮮明ではない。


現代美術の基礎-70年代現代美術学習ドキュメント 
(編:小林昭夫、発刊:アサヒ書房、昭和55年)

 | ホーム | 

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR