アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

11<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>01

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


The Museum of Contemporary Art, Nagaoka と金色で

12-104-a_20171218074148d17.jpg
1968年10月1日長岡現代美術館発行の、同館所蔵作品「図録」である。

昨日の記事に書いた「マイスキップ2018新春号の特集記事-“長岡現代美術館を巡る…”」の原稿に取り組んでいた際、50年前の現物を所有している知人から見せてもらったもの。
The Museum of Contemporary Art, Nagaoka と金色で表紙に記されている。

特集「長岡現代美術館を巡る講演イベント」の執筆と校正

12-109.jpg


マイスキップの新春号に長文原稿を執筆中と、そんなことを書いていたのはちょうど二週間前、今週はその記事ゲラがあがってきた。そこで手元に届いた校正紙を(ごくごく一部分、標題のところだけだけど)上に貼ってみた。 タイトルは「長岡現代美術館を巡る講演イベント」で、タイトル通り、11月25日に長岡商工会議所(旧長岡現代美術館)の2階ホールでおこなわれた「講演&パネルディスカッション」について書いている。もちろんこれは校正紙だからまだ発行されてはなく、校正中で校了も印刷もこれからという段階。要は「予告」である。

編集長から「正月号で取り上げたいから書いてくれ」と言われたとき、正直気が重かった。重かったのは夕べ食べすぎたからではなく明確な理由があるのだけれど、(長岡現代美術館ならばそこそこのネタを持っているし)興味もあるのに気は重いという二律背反さも面白いねと、何か今後依頼原稿のあったときエッセィの種になりそうだから、blogでは記さないでおくことにした。
最初はあっさりと、「こういうことが話し合われました」的に淡々と、簡単な報告記事になるのかなぁなんて思いもあったが、いろいろ考えていたら筆も進み、推敲でだいぶ縮めたものの原稿用紙換算で8枚分にもなった。予定字数をオーバーしたが、編集デザイナーWさんから特にクレームはなく、おさめてもらった感じだ。

下の画像は取材時の撮影で長岡商工会議所の正面玄関エントランスホール、すなわち長岡現代美術館入口付近。こちらはマイスキップ紙面には載らない写真である。

12-107.jpg

喫茶ギャラリーゆうむの閉廊と7年前の壁面インスタレーション

新潟市万代にある「ギャラリーゆうむ」が今月26日で閉店するとのこと。民家を改装し、ギャラリーに喫茶室を加えたスペースである。

同店ではエックス展-若きクリエイターたちの自由表現」の第5回を“hangen-art”なるサブタイトルを新設(会場の木造空間を展趣旨に加味)のうえでおこなっている(2015年)
ほか、純然たるアトリエZen企画としての開催に、2010年の外山文彦展、「和のなかの三人展」と題した女性作家3人展がある。この2展は同年5月-6月の2か月連続企画として計画したもので、3人展のほうの出展は、ごんだいらあやこ(ワイヤーアート/新潟市)、柴山明子〔墨彩画/千葉県)、しぶかわ慶子(イラストレーション/三条市)。「アトリエZen 3colors・3works」シリーズvol.2と銘打っていた。
ちなみに本blog(FC2-blog)は2011年夏の開設でこの2010年時の記載はなく、そんな理由もあって、同展のDMを貼り付けてみた。その下の会場画像はもう一方の外山文彦展のほうから。

12-102.jpg




外山文彦展 series of “CANVAS” 1990-2010 /2010年5月5日~17日
12-096.jpg ギャラリー
12-097.jpg
↑ 併設している喫茶コーナーと和室

12-100.jpg12-099.jpg
12-098.jpg12-101.jpg
この頃はヘルシーランチという週替わりメニューをやっていた、と、いま過去写真見て思い出した。あまり「ヘルシー」というのにそそられなかったその頃、そう食べることもなく、ついカレーあたりを注文していたのだけど。

以上、閉廊ということで、かつアトリエZenの企画もいくつかおこなったからということで(昨年のgt.moo galleryと同様に)ひとつの記憶というか記録として記してみた。会場写真の一番上「ギャラリー部分」の写真は、壁面長が欲しいという要求から壁面パネルで蓋をされる(=見えなくなる)事の多かった“障子窓”を意図的に見せ、壁面インスタレーションに生かした事例。もう7年前にもなるけれど、端正な感があって今もとても気に入っている。

始まったナンドナーレ

代田橋ナンドナーレが始まった。今夜はオープニングパーティだったようだ。そちらには行けなかったが、会期中にはなんとか伺えれるかといったところ。

画像はそれとは全く関係なく、かつ全く意味もなく、本日の長岡市内から。

(2017.12.14 pm23:20)



星野暁展の作品搬出作業中

12-094.jpg

ギャラリーみつけ「星野暁展」が10日(日)に終了し、昨日の11日(月)から作品搬出に向けた作業。圧倒的な物量で作業は今日明日と3日間続く予定。

(2017.12.12 am10:00)


My-Skipイベントガイドと浅野光代写真展とアンティエ・グメルス展



上はいま発行中の月刊マイスキップ12月号、イベントインフォメーション欄。アップするのがうっかり遅くなっていたら、左の堀口大學展(at 中央図書館バージョン)は本日が最終日であった。
長岡在住フォトグラファー・浅野光代写真展の記載も同欄にあるが、22日からのアンティエ・グメルス展とあわせ“ギャラリーみつけ冬の企画展情報”として以下。

12-090.jpg

Morocco 浅野光代写真展
会期:12月16日(土) ~2018年1月14日(日)/12月18日、25日、28日~1月4日、1月9日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで、最終日は15:00終了 )
会場:ギャラリーみつけ 2階フロア
・ギャラリートーク&スライドショー:
12/23(土・祝)と1/13(土) いずれも16:00~17:30


アンティエ・グメルス展
会期:12月22日(金) ~2018年1月21日(日)/12月25日、28日~1月4日、9日、15日は休館
10:00~22:00(入館受付は21:30まで)
会場:ギャラリーみつけ 1階展示室(展示室1&2)
・1月13日(土)14:00~「アンティエ・グメルスの絵を語る」(話し手:大倉宏/無料)

昨年10月の新潟絵屋での個展で発表した新作の “墨絵の、絵日記のような”絵を巡回、あわせて本展では同時に制作された抽象の近作も加えて展示予定。
12-091b.jpg

大光銀行本店の現場

大手通り・大光銀行本店の改築工事現場。フェンスが張られている。
同店については、多田美波のパブリックアートが置かれていたり加えてその歴史だとか、建物にもちょっと思い入れはあるものの工事風景を(いつぞやの駅前スカイデッキ工事のように)定点観測的に撮る気はない。と言いつつ、通りかかるとつい撮ってみるのだけれど。

別に誉めてくれないから

さて本日は宅急便にて作品1点を発送した。「年末にかけてギャラリー企画への小品1点」があると先週書いていたけれど、そちらの作品。15cmほどの正方形ミニ作品で、箱に入れてプチプチに厳重に包んでちょうど宅急便最低サイズ(運送代が最も安い大きさ)の60サイズ。ギリギリ計ったようにちゃっかりおさめるところを(荷物持っていったクロネコヤマトのひとは別に誉めてくれないから)、自画自賛。

短い通路のイルミネーションと今日の作品


ギャラリーみつけ。1階のエントランスから奥のエレベーター側に向かう通路は全面ガラス張りになっていて、その短い通路にギャラリーの若いスタッフがイルミネーションを飾り付けた。そこで撮ってみたのが上。ガラスの反射を使って撮っていて、トリッキーな味も出ていて気に入っている。だからカテゴリーは最初「ギャラリーみつけの日々」にしていたのを差し替え、「今日の作品」である。

ちなみに書いておけば多重露光ではなく、一発撮り。

阿部正広展示作品リスト(長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の店内展示“蕎麦×アート”、
今週頭(4日)に展示入れ替えを施し、新しくなりました。その阿部正広作品の展示リストは以下になります。「煩悩」と題したシリーズ作品。

12-086.jpg



CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.48
 阿部正広作品/展示リスト
    展示案内:http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4293.html
 展示
 位置
 no.  作 品 タ イ ト ル  素材・技法/大きさ
 A  1  煩  悩   2  板・ミクストメディア/直径40cm円型
 B  2  煩  悩   3  板・ミクストメディア/直径40cm円型
 C  3  煩  悩   4  板・ミクストメディア/直径40cm円型
 D  4  煩  悩   6  キャンヴァス・ミクストメディア /33.3×24.2cm
 E  5  煩  悩   7  キャンヴァス・ミクストメディア /33.3×24.2cm
   12-089.jpg


蕎麦店の壁面を彩る企画です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。
作品の販売にも対応可能。購入のご希望、お問合せはアトリエZenまで。  
アトリエZenへのお問合せ


«  | ホーム |  »

カレンダー

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR