アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

10th
弥彦・野外アート展2019 -ファイナル・ステージ-

10月6日(日)10:00オープン~10月20日(日)14:00終了/ 弥彦村総合文化会館前階段及び周辺緑地にて
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-5120.html



2019年後半期にアトリエZen主宰がコーディネーターとしてたずさわる展覧会/2019.9.3記


アトリエZen 展覧会案内
infomation





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~2019年1月6日まで: 後藤裕子〓終了しました〓
1月7日~3月10日まで:
信田俊郎〓終了しました〓
3月11日~5月19日まで:
海津千並〓終了しました〓
5月20日~7月21日まで:
安立貴美枝〓終了しました〓
7月22日~9月23日まで:
長谷川恭子〓展示中〓
次回:9月24日~: 高木秀俊

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかに絵を飾っています)
現在の展示外山文彦(ミクストメディア)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


舟見倹二 展示作品リスト(長岡小嶋屋CoCoLo長岡店)

12-236.jpg

長岡小嶋屋CoCoLo長岡店の店内展示“蕎麦×アート”、
現在飾っている舟見倹二さんの展示作品リストです。今回は1990年代制作のシリーズからハガキ大くらいの小品を中心にセレクトし展示しています。作品の販売にも対応していますので、希望されるかたはアトリエZenまでお問い合わせください。

12-237b.jpg

CoCoLo長岡店“蕎麦×アート”vol.49
 舟見倹二 シルクスクリーン版画(小品)/作品リスト
    展示案内: http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4373.html
 展示
 位置
 no.  作 品 タ イ ト ル  素材  制作年
 A  1  the series of space ‘91mc-2  シルクスクリーン版画  1991年
 B  2  the series of space ‘90ma-1  シルクスクリーン版画  1990年
 C  3  the series of space ‘94ma-1  シルクスクリーン版画  1994年
 D  4  the series of space ‘92ma-2  シルクスクリーン版画  1992年
 E  5  the series of space ‘01b-1  シルクスクリーン版画  2001年
 F  6  the series of space ‘98ma-1  シルクスクリーン版画  1998年
 G  7  the series of space ‘95ma-2  シルクスクリーン版画  1995年

10-5868.jpg



蕎麦店の壁面を彩る企画です。アートの織り成す時間と空間を、おいしいお蕎麦などとともにお楽しみください。
作品の販売にも対応。購入のご希望、お問合せはアトリエZenまで。  
アトリエZenへのお問合せ

12-235b.jpg
焦がしそば粉のあんみつ等の甘味、コーヒー、紅茶の用意もあります。喫茶でのご利用もOKです。

野田英世作品展示 at ラ・ボントーン

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」でおこなっている店内ミニ展示の
ご案内です。
12-228.jpg

野田英世 スケッチ作品展示
会期:2018年2月16日(金)~5月5日まで予定/火曜定休。(他、休業日は店カレンダーによります。外部イベントへの出店等の関係で稀に月曜が臨時休業となる場合があります。遠方から来られる際などはご注意をお願いします)   (注) 会期は展示入れ替え作業日の都合で、会期最終日が上記予定から若干前後することがあります。
会場:ラ・ボントーン 
長岡市今朝白3-4-4、長岡駅東口から車約3~4分、あるいは徒歩で10分程度。駒形十吉記念美術館前。駐車場有/営業時間 朝7:00(6:00)~19:00(※2月中までは冬期間のため7時開店、3月から通常の6時開店に変わります)
  2-209.jpg


↑地図:クリックすると大きくなります
※パン屋さんの中での展示です。ご来店の際には、ボントーンの美味しいパンとともにお楽しみいただけたら幸いです。

野田英世/長岡市生まれ、長岡在住の建築士。
建築設計にたずさわる一方、街並みの風物、建物等の魅力をスケッチにおさめている。新潟県内各地および長野県松本市でスケッチ画による個展を開催。現在長岡市在住。
次回展示予定/海津千並 (写真)

本日の雪だるま


12-232a.jpg   

ギャラリーみつけ、喫茶コーナーの一面ガラス窓の外側にある白い石の上をステージに見立て、雪だるまが本日出現。大雪のさなか、駐車場の除雪作業に奮闘していた学芸員Cさんと学生ボランティアで除雪手伝いに来られたKさんとの共同制作のもよう。

平澤熊一と新潟/ギャラリーみつけ 市民講座の開催

展示作業中の光景を先日載せていましたが、いまギャラリーみつけで展示公開中の長岡出身画家・平澤熊一の油彩画「南苑」に関して市民講座を開催します。画家平澤熊一について、および120号の大作「南苑」が見附市に来た経緯など、学芸員による解説です。

市民講座「平澤熊一と新潟について」
日時:2月18日(日)、14:00~15:00
会場:ギャラリーみつけ 展示室2
12-229.jpg
12-230.jpg12-231.jpg
12-222.jpg

長岡駅と雪のかたち

12-220b400.jpg

長岡駅。
これは例によって通りがかりにガラケー携帯電話の付随カメラでの撮影なのだが、ここは矢張り一眼で撮りたかったところ。いま持ち歩いてないからしょうがないのだけれど、雪のかたちが、自然のまま実に面白い表情を見せていたと思う。

さて先週は作品搬入(展示作品の入れ替え)を長岡小嶋屋とボントーンと2件おこなう予定だったけれど、類稀なる大雪のため交通事情等も極端に悪化し、ボントーンのほうは震災以来だという緊急臨時休業(他にもそういう店も多かったよう)にもなったから、同店の展示入れ替えは1週ずらすことにした。今週、野田英世さんの作品と入れ替えます。ボントーンに飾ることを意識して臨んでもらった氏の新作スケッチ、お楽しみに。

10年前の今日も雪

  12-225.jpg

12-226.jpg

昔のことのちょっとした調べものがあり、かつて書いていたアメーバー版のblogを久々にあたることになった。アメブロって使ってたのはもう10年も前になるのかぁと思いながら、10年前の今日は何をしていたかなんてこともつい見てしまう。
連日の大雪でここ数日は雪の写真しか載せていないから、はて10年前はどうだったろうなんて思ったからだったけれど、10年前の今日も「雪」であった。「越後妻有・雪アートプロジェクト」に参加していて、その展示(制作)作業中で、 2月11日はテレビ新潟(TeNY) 夕方のニュース(夕方ワイド新潟一番)でも大きく取り上げられていたのだった。上はそのときの、つまり10年前の作業風景。左下はおそらくテレビ取材でインタビューを受けているところと思われる。
当時のアメブロの仕様だったのかどうか、それはもう覚えてないが、今となってはとにかく画像が粗い。ちなみに左上の画像はその粗さに加え遠方だからさっぱりわからないが、前山忠さんの雪アート作品である。

注意喚起のはずなのに

落雪注意という看板は すでに落雪で埋もれつつ。
12-219.jpg12-218.jpg

(at 長岡市内)  

長岡造形大学 卒業・修了研究展-02

12-215.jpg12-216.jpg
昨日に続けて長岡造形大学卒業・修了研究展(-02)というタイトルをつけたのだけれど、展示されている作品を撮ることはしないのがデフォルトで、さらに機材も昨年までと異なりまともに持参してないから、いきおい建物とか雪景色の写真になるのだった。久しぶりの日の光に雪のかたちが綺麗で、そそられたということもある。
会場にちょうど居た知人学生と話をしていてそういえばと気づいたが、同大が公立化されて今回が初めての卒業生となる。全般的なクォリティも高いと思う。

12-214.jpg   

長岡造形大学 卒業・修了研究展

12-212.jpg12-213.jpg

本日からスタートした「長岡造形大学 卒業・修了研究展」に。会場は例年同様に同大のキャンパス。
画像は第三アトリエ棟から中庭方向を覗いたもので、わたし的には鉄骨外部階段の積雪具合がキーポイントであった。あいかわらず携帯電話付録カメラでの撮影。

変換されたはずの白いオブジェは

一昨日に「看板としての役割を雪で上書きされて失い、白いオブジェと化した」立看板の写真を載せていたが、今日同じところを通ったら連日の大雪で完全に埋まってしまっていて、オブジェに変換されたはずがその存在さえ消え去っていた。いつのまにかさらに変換したということか。
大雪にエネルギーをとられ消耗しまくっているが、こういう光景の偶然の発見が美術視点でとても面白く、せめてもの救い。


12-210.jpg

«  | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR