アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

01<< 12345678910111213141516171819202122232425262728 >>03

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


新潟市内三景

新潟市内三景である。カーネルおじさんの顔の看板は、下部が足場とシートで梱包され服を着ているかのよう。そう見えてしまったものだから、西堀のビル街屋根上にになぜか顔を出す巨大立像と組み合わせてみた。一番下は旧大和の建物解体後現場。新潟大和の建物はあいにく撮ってなかったようで、バックナンバー見ても1階のほんの一角のこんなのしか出てこなかった。

12-250a.jpg
12-251b.jpg

別バージョンのビーネンシュティッヒと


ラ・ボントーンの店頭看板。おすすめ新商品として「ビーネンシュティッヒが挙げられていた。 「自家製ラズベリージャム」のバージョンと「カスタードプティング」バージョンの2種類があり、今日は未食だった前者のほうを。こちらも、ということはつまりどちらもということなのだが、美味しい。ドイツの発酵菓子だそうな。

同店の壁面には現在、野田英世さんの新作スケッチ画4点を飾っています。
展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4386.html
展示作品リストhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4407.html
12-259.jpg

野田英世作品(at ボントーン) 展示リスト

12-253b.jpg 12-252.jpg
ベーカリーショップ「ラ・ボントーン」、
現在店内に飾っている野田英世作品の展示リストです。

野田英世/展示作品リスト
    展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4386.html
    作者のコメントhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4404.html
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 
  1
 新潟港佐渡汽船乗り場の舟
 スケッチ画
  2
 中之島れんこん田のポンプ小屋
 スケッチ画
  3
 モダンぼんさい
 スケッチ画
  4
 西蒲区夏井のはさ木
 スケッチ画
 11-501.jpg

ウエブサイト「新潟現代美術」/移転のお知らせとNのアート

当ページにリンクをはっているウェブサイト「新潟現代美術」のページが無事移転となりました。  新URL/  http://nart.nomaki.jp/
アドレスは、Nアートの巻、です。特に確認してませんが、NはニイガタのNでしょうか、それともNewのN?  同サイトは、周辺事情から移設しない(できない)かもしれないと聞いていて、主宰者が記していた文面ややりとりから閉鎖の可能性も感じていたのですが、昨夜無事移設となったようです。21日のblog記事にも追記しました。

外山文彦展から



調べものをしていた際に気付いた、たしかblogには掲載していなかった昨夏の写真。2017年群馬県高崎市・ギャラリー空華での、CANVASシリーズ・外山文彦展から。今更ながらなのであるが、ワンカットとして面白く撮れていると思うのだった。
ちなみに今年2018年の外山展は5月に横浜・art Truthでの開催が控えていて、他、4月9日からは長岡小嶋屋CoCoLo長岡店にて同シリーズ5点を展示することになっています。

梱包された雪

長岡駅東口。
建物が除却された空き地は単管パイプで区画されていた。そこに積雪がすっぽりとあったものだから視覚上で順序が逆転し、まるで雪を区切った(梱包した)ように見えてしまう。

ウェブサイト「新潟現代美術」について

    12-246a.jpg    



新潟県在住の彫刻家・霜鳥健二さんが17年間の長きに渡って運営してきた「新潟現代美術」のウェブサイトが、Web会社(atpage)のサービス終了にともない(現ページを)2月末日で閉じられるとのこと。「今後の運営については現在検討中」とのことですが、とりいそぎお知らせまで。
新潟現代美術http://www22.atpages.jp/g1313/  (2月末日まで)


2月23日pm21:00追記/
周辺事情から移設しない(できない)かもしれないと聞いていて、挨拶文からもそのまま閉鎖の可能性もあると感じていたのですが、いまほど連絡があり下記URLへ移設となりました。
http://nart.nomaki.jp/

雪シリーズを7文字で

雪もここまで降るとそのエネルギーたるやものすごいもので、今年の大雪には自分自身のエネルギーもすっかりそちらに消費されてしまった感がある。でもそんな中でも、いや逆にそんな中だからとささやかに雪の写真を撮ってblogに載せていたら、今月はシリーズのように連日続いた。
実況中継のようなモロなやつではなく、視点をずらしてということさらの意識もなく、日常のささやかな楽しみとして撮っていたものだったが、評判がだいぶいいようだ。雪だからだろうか。先日も某社長が“こないだの落雪注意ってやつあれいいねぇ”とわざわざ言ってきたりした。 だからそうした写真のindexを作ってみることにしたのだが、でもちょっと言葉遊びをしたくなり、タイトルは7文字統一に、かつ体言止めにして新たに仕立てている。カッコ内は原題というか、掲載当時のタイトル。

2018.02.06-02.13 雪の写真/index
2018.02.13 本日の雪だるま  (同左)
2018.02.12 駅舎と雪の表情  (長岡駅と雪のかたち)
2018.02.11 妻有の雪アート  (10年前の今日も雪)  ※番外編
2018.02.10 落雪注意の看板  (注意喚起のはずなのに)
2018.02.10 日の光と雪の形  (長岡造形大学卒業修了研究展-02)
2018.02.09 外部階段の積雪  (長岡造形大学卒業修了研究展)
2018.02.08 雪による再変換  (変換された白いオブジェは)
2018.02.06 上書きされた役  (白いオブジェへの変換)

12-244_20180218092121ca3.jpg

野田英世作品展示風景と作者のコメント (at ラ・ボントーン)

長岡のベーカリーショップ「ラ・ボントーン」の店内です。 飾っている作品を野田英世さんのスケッチ画4点に昨日入れ替えています。また野田さんが自身のフェイスブックにてコメントを今朝書いてられましたので、そちらを抜粋して下に転載しました。

展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4386.html
ビーネンシュティッヒhttp://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4402.html
※本日同店に行ったところ、いわゆる「パン棚」にもビーネンシュティッヒが登場しているのに気付きました。新登場かもしれません。わたしが昨日↑で記したのは冷蔵ショーケース内にあったケーキ風のものを指していて、パンバージョンのほうは未食です。
12-242b.jpg

作者コメント
パン屋さんに絵を飾るにあたり、どんなスケッチを描こうか考えました。パンそのものをスケッチするのは無粋な気がして止めました。
ところで、パン屋さんというのは、トレイやカゴの区画ごとに、同じパンが並んで売られています。 一方、スケッチも、飾られるときは額縁という区画の中です。 だとしたらスケッチも、「同じ種類のものが並んでいる絵」だったら、周囲のパンに調和しつつ、売り場の良いアクセントになるのではないかなと思いました。
(「物と密度シリーズ」と名づけてみました。)
中之島れんこん田のポンプ小屋
西蒲区夏井の「はざ木」
モダン盆栽
新潟港佐渡汽船乗り場の舟
盆栽のスケッチは、ぼんさい王子こと高橋星児さん(ぼんさい屋とき)にご協力いただきました。 理屈をこねましたが、単に、「図鑑みたいでかわいい絵だな」などと感じていただけたら本望です。 ラ・ボントーンさんのとてもおいしいパンを買いに行くついでに、眺めてみてください。売られているパンの種類も多く、見るからに楽しいお店ですよ。

(2018.2.16 NODA,Hideyo)



12-241b.jpg

おすすめはビーネンシュティッヒ


12-238.jpg
ラ・ボントーンで売っていたホールタイプのチーズケーキやティラミスを以前食べて美味しかった。パン屋さんだと思っていても実はケーキ類も置いていたりするのである。
そうしたことを思い出し、季節限定商品なのかいま店頭で見かけないそれらについて、同店店長氏にちょっと聞いてみたら「(ダブルチーズケーキは現在置いてないが)いまのおすすめはビーネンシュティッヒ」とあった。 ビーネンシュティッヒって聞いてもよくわからなかったのだけれど、試しに1個買ってみたらこれが実に美味しく、さすが店長推薦だけあると思った次第。ネットで調べるとドイツの菓子パンということらしいが、パン風ケーキという感じもあるようで。

さて本日は同店の店内作品を吉田勝幸さんの写真作品から野田英世さんのスケッチ画作品にと入れ替えました。野田さんの作品を飾った店内写真については明日のblogに掲載します。

 | ホーム |  »

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR