アート日和 from Niigata -アトリエZen-

新潟県長岡市で発行している月刊フリーマガジン「マイスキップ」連載の同名コラムのブログ版です。主宰するアトリエの企画展情報をまじえながら…

04<< 12345678910111213141516171819202122232425262728293031 >>06

アトリエZen 展覧会案内
infomation

12-616b.jpg
タカラモノ~海からの手紙   菅野由貴子・さいとうようこ・曽田文子 三人展
10月17日(水)~22日(月)、会場:art Truth(横浜市・中華街)
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-4662.html





長岡小嶋屋“蕎麦×アート” 蕎麦店内壁面をアートで彩ります。
CoCoLo長岡店
~8月19日まで: 鹿島ヤスヒロ
8月20日~10月28日まで: 鶴水亜里沙

銀座ニューメルサ店
(銀座5丁目、ニューメルサ8階)
銀座ニューメルサ店は2014年12月20日をもって閉店となりました。

蕎麦店内の壁面を使っての展示となりますので、来場時にはワンオーダーをお願いします。アートの織り成す時間と空間を、美味しいお蕎麦とともにお楽しみください。
そばがきといった蕎麦店特有の和風スイーツや、コーヒー等の喫茶メニューもあります。 CoCoLo長岡店:ティータイムのデザートセットの例。(コーヒー315円)


ラ・ボントーン(長岡の人気のパン屋さんのなかでのミニ展示です)
現在の展示/海津千並(写真)
展示案内



小冊子「外山文彦・CANVASシリーズ」、発行しました。



■舟見倹二・作品カタログ販売中
封じられた世界から
~舟見倹二BOX ART

メールでご注文ください。
詳しくはこちら↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/212/

舟見倹二・作品資料集「版の軌跡1976-2011」(2011年11月発行)

【作家ファイル】
外山文彦 CANVASシリーズ



エスクィント閉店のお知らせ↓
http://atelierzen.blog.shinobi.jp/
Entry/172/


記録

-Canvas- 外山文彦展
2017年6月10日~7月9日/ギャラリー空華 <記事index>

現代美術展「地下光学」 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html




CANVAS 外山文彦展
2016年10月1日(土)~10月9日(日)/CoZAの間(横浜市港南台) 記事index:
http://atelierzen.blog.fc2.
com/blog-entry-3679.html


弥彦・野外アート展2017
10月29日(日)午後2時迄
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-4133.html



地下光学 index↓
http://atelierzen.blog.
fc2.com/blog-entry
-3742.html



お知らせ

9-272b.jpg

長岡小嶋屋「CoCoLo新潟店」、2015年1月新装オープンにあわせて信田俊郎水彩作品を飾りました。
http://atelierzen.blog.fc2.com
/blog-entry-2886.html




topics-02


■ 2014.1.20
アトリエZenのHPができました
http://atelier-zen.jp/


faces-15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現- 会場風景-04


faces-15人のアーティストによるさまざまな「顔」の表現、ギャラリーみつけで開催中です。ゴールデンウィークの初っ端からロングラン開催していますが、来週23日(水)で会期終了になります。(※ 最終日は15時終了)

12-409.jpg
>12-410.jpg



今回のfaces展には写真家、彫刻家、陶芸作家、版画家、ダンボール造形作家、画家ら15人から出展いただいている。 その出展メンバーには、例えばパステル画の星奈緒さんのように日頃から顔をモチーフに制作を続ける作家がいる一方、ふだんの作風は「face」とは直接結びつかなかったり、あるいは一見対極に位置するような作家もいる。素材や技法もさまざまななか、若手も交えた幅広い年齢層による構成もそうだけれど、それは企画の妙だと(手前味噌ながら)言えるところだ。
よく展覧会の成り立ちについて質問を受ける。また私をよく知るひとは「これはアトリエZenが関わっているよね?」と聞いてくる。そのたびに、かつロングランとなる今回の展示を見続けて来て、展覧会のDMには企画者の名前をもっと大きく記載し(それこそ出展作家名と同じくらいにしてもバチはあたらず)、本来そうすべきかなということを感じていた。客観的にみても…なんて自分で書くのもヘンだけれど、おそらく企画性からすればそうした方向もありで、正しいのだろう。
ちなみに展示室入口のパネルに記した企画者挨拶文には、表現の可能性ということを念頭に置き「それぞれのface、および表現の多様性を楽しんでいただければ幸いだ」と書いている。すごく短文だけれど、こちらはちゃんと署名入り。

外山文彦展2018 (art Truth/横浜) 展示作品リスト

12-406.jpg

art Truthで開催中の外山文彦展から。 展示作品のリストを以下アップします。

展示した20作品の“内訳”について簡単に昨日記していますが、作品名が数字とアルファベットのいわゆる“記号”なのはいつもの通り。 まぁこれだけを一覧にすると、だからいささかマニアックにみえそうですが、しかし記録でもあるので慣例にしたがって。
全作品、希望のかたには販売対応しています。ご希望や問い合わせは直接art Truthまでお願いいたします。


 展覧会案内(& お問合せ先):
http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20180516.shtml


12-404b.jpg

画廊外観 


外山文彦展(art Truth/横浜) 会場風景-01と横浜画廊散歩


art Truth(横浜)外山文彦展。本日スタートです。

昨日の展示作業直後に撮った写真は少ないのですが、そこからまず1枚を。
全20作品を展示しています。うち19点は前回のart Truth(2015)のときと同様「麻布」を使ったシリーズとなりますが、1点は、昨日のblogでもちょっとだけ触れた「和紙を素材にした」作品。麻布を麻布として呈示すると同様、和紙を和紙として表現しています。

本日の初日は、11時の開廊直後(おそらく11時半くらい)から午後2時半くらいまで在廊することにしています。会期は21日(月)まで。



● 展覧会案内(art Truthのサイト):
    http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20180516.shtml




12-400.jpg

横浜画廊散歩という月刊のリーフレット(フリーペーパー)の今月号。art Truthにも置いてあります。外山文彦展の記載もあり、こちらも作品写真入りで載せてもらえました。

12-401.jpg

クールな微笑とランドマーク

昨日からの一泊二日で横浜滞在中。
昨日の暑さは昨日だけのことではないようで、朝6時のテレビニュースに出てきた女性アナウンサーが「(6時なのに)もうこの時間、半袖で大丈夫ですよ~、暑くなりますよ~」とクールに微笑んでいた。まだ5月なのに、ねぇ。
12-395b.jpg
馬車道あたりを歩いているとき、なにやら規模の大きな建設工事現場を見つけた。どうやら横浜市庁舎の建設工事のよう。左側はランドマークタワー。さすがに「目印」になる。

季節外れの猛暑とart Truthでの展示作業と横浜美術館


今日は朝の6時に「これから向かいます」と書いてましたが、そのあと無事に横浜に着き、午前中は横浜美術館のNUDE展見るなどして歩き回ったこともあり季節外れの猛暑にすっかりうだってますけれど、展示作業も無事完了しました。

上の画像は画廊のNさんがSNS広報用に撮影しアップしていたもの。
わたしのほうは作品のレイアウトやら展示作業やらと集中しすぎていて、初っ端のこういう風景が好きなのにあとから「撮ってない」ことに気付いて、拝借した次第。 作品配置について暗号のような当初の計画案を数日前に挙げていましたが、そこから実際に並べてみての感覚でいくつか(※私にしては、だいぶ)修正しています。いい空間になったと思いますのでお近くのかたはどうぞ(遠方のかたもよければ中華街観光兼ねて…)、といったところになるでしょうか。まずは今日のところは。

展覧会は明日16日(水)スタート。展示風景的なものは明日以降アップしていこうとは考えてます。私は明日もart Truthに行き、午後2時すぎくらいまでの短時間となりますが、在廊する予定です。

(2018.5.15 pm18:00 横浜にて)  


 外山文彦展 案内 (art Truthのサイト):
    http://www.yccp.jp/art-truth/exhibition/20180516.shtml



芳名帳を置く台の廻りはこんな感じにまとめました。真ん中に下部だけ覗いている作品は、作者自身今回初登場の「和紙による」作品。けっこういいとは思っています。
12-394.jpg
12-393.jpg
    今日訪問の横浜美術館、入口部分

16日から横浜で外山文彦展(at Gallery art Truth)

明日16日から横浜で外山文彦展がはじまります。展示作業のため今日は朝イチで長岡を出発。作品はすでにクロネコ便で昨夜先着しているので、新幹線でこれから向かいます。
朝、新聞を見たら、先日の神奈川新聞掲載に続き新潟日報にも外山文彦展の案内が載っていました。本日15日付、届いたばかりの朝刊。

(2018.5.15 am6:00)  

10-6114.jpg

  

絵画鑑賞学会第一回会議と締め切りを間違えていた絵手紙作品

19日(土)にfaces展会場で鑑賞会(鑑賞学会)をおこなうことになっている。
昨日の日曜日は、新しく立ち上げるその“絵画鑑賞学会”の首謀者というか言い出しっぺというのか、格好よくいえば“コアメンバー”となるのだろうが、その3人が第一回会議でギャラリーみつけに集まってきた。
私もいつの間にやらそのメンバーで、だから会議に参加したのはいいのだけれど、昨日のギャラリーは見附市の観光バスツアー客の来場がありその説明役を担わなくてはならなかったり、展覧会も賑わっていたからそれらの対応で忙しくて、会議は最初の数分だけでずっと中座になっていた。議論が白熱したらしいホワイトボードも、最後に「撮るだけ」である。
12-391b.jpg

開廊25周年記念の絵手紙を描かなくてはならない、と今月頭に書いていた。不得手感は無いなんて豪語していながら、どうも締め切りの日を間違えて覚えていたようで、それに気付いて今日、急きょ制作した。明日あさってと横浜に出張するから、今日やっておかないとならなかったのである。他に今日はマイスキップの次号原稿を仕上げて編集制作担当に送っている。こちらも締め切りギリギリ。

(2018.5.14 pm21:00)


作品の梱包


昨日クロネコ便でart Truthに送付手続きをとった、16日からの外山文彦展作品の“梱包”。画像は二個口のうちのひとつで、もうひとつのほうはダンボール箱を自作した。

海津千並作品(at ボントーン) 展示リスト

長岡のベーカリーショップ、ラ・ボントーンから。
店内に飾っている作品を先週海津千並さんの写真4作品に入れ替えました。

12-389.jpg Hasu
12-388.jpg    

海津千並/展示作品リスト
    展示案内http://atelierzen.blog.fc2.com/blog-entry-4514.html
 no.
 作 品 タ イ ト ル
 
  1
 Neko
 写  真
  2
 Shidare
 写  真
  3
 Yu-hi
 写  真
  4
 Hasu
 写  真
 11-501.jpg

長岡駅前東口


長岡駅前、東口。
3週間くらい前に「何気なく撮った」とアップしていた場所は、いま解体工事中。ビジネスホテルになるようだ。

«  | ホーム |  »

カレンダー

04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

プロフィール

長岡市在住,アトリエZen主宰。
美術作家。同アトリエをベースにアートイベントの企画・コーディネートにたずさわっています。また、長岡で発行している地域情報誌「マイスキップ」の編集にも関わっています。
【アトリエZenの業務内容】

■連絡はこちら↓
mail:
atelierzen99☆yahoo.co.jp
(☆を@に)
または下記メールフォームにて。(ssl対応です)
メールフォーム

atelier-zen

Author:atelier-zen

カテゴリ

amazone入口


アフィリエイト実施中。アマゾンご利用の際は↑からお入りください。(アトリエZen)

Powered By FC2ブログ

今すぐブログを作ろう!

Powered By FC2ブログ

QRコード

QR